« 罰ゲーム | トップページ | PARADISE THEATRE »

2009/08/23

降臨

広島に負けて6連敗を喫した夜、何もやる気のしなくなった僕はスポーツニュースも見ないでさっさと床についてしまった。

そして、ひさしぶりにあの人と再会した。

 

 
 

「おうひさしぶりじゃな。」
 

「あ、あなたはサッカーの神様。ずいぶん長いことお会いしませんでしたが、お元気でしたか。」
 

「ブログになってからは初登場じゃな。相当初期の頃から読んでる人じゃないとわしのことは知らんだろうて。そなたと最後に会ったのは、まだシコシコとhtmlファイルを書き換えてはアップロードしてサイトを更新してた2003年の秋じゃったかな。 その後株で大損するわメタボ検診で引っかかるわさんざんじゃったがなんとかこうして無事に生きておる。」
 

「はあそれはよござんした。」
 

「いやいやわしのことはどうでもよい。そんな間もそなたが応援しているチームのことはずっと気にして見ておったのじゃが、なかなか頑張っておったようじゃの。」
 

「ありがとうございます。 あのとき神様に優勝するのには足りないと言われたものをみんなで少しずつ積み上げてなんとか優勝することもできましたし、しかもアジアまで制覇してヨーロッパのクラブと公式戦ができるほどになりました。 それもあのとき神様に言われたあのお言葉があってからこそだと思ってます。」
 

「左様か。でもそれは本当か?」
 

「は? 本当かというと・・・。」
 

「足りないものを少しずつ積み上げて優勝したということじゃ。本当に心からそう思っているのかと聞いておる。」
 

「はいもちろん。」
 

「よろしい。 それなら聞くが、その『少しずつ積み上げてきたもの』は今どうなっていると思う?」
 

「えっ・・・ 今は・・・ 今はあんまり残っているとは思えないんですけど・・・」
 

「それはどうしてじゃ。どうしてそう思うのじゃ?」
 

「だって攻守がちぐはぐで選手からはスピードも運動量も感じられないし作戦とか戦術とか選手起用も納得できません。まずもって結果が出ないというところに表れていると思いますけど。」
 

「左様か。確かにわしの目で見てもあんまり残っているとは思えんな。」
 

「でしょ? 神様もやっぱそう思いますよね?」
 

「そう思うというか、わしがそう思ったからこそそなたのチームはそういう状況になっているのじゃよ。2003年のドリンクバーの約束をもう忘れたのか。」
 

「あ、そうか。 あのときはずいぶんお世話になりましたよね。結局ウチはそれを生かせなかったけど。 ということは、去年の途中失速もあなたの意志だった、と。」
 

「もちろん。 あまりにも結果だけに拘泥しているそなたのチームの様子を見て少し試練を与えようと思ったのじゃ。その試練が身になっているかどうかは今年を見て判断しようと思っていた。 けれど今年前半戦から曲がりなりにも結果が出たもんだから去年のことなぞ忘れて浮かれているそなたたちを見て、もう一度テストしてみることにした。 そなたたちの未来はこれからの行動次第じゃ。」
 

「えーそんな。マジっすか。 でも待てよ。 ってことはあなたは我々がこれからどうすればいいかわかってるってことですよね? お願いです。僕らはいったいこれからどうすればいいのか教えてください。」
 

「それはできん。 わしが1サポにアドバイスをするということは、全宇宙サッカー憲章の啓示細則第9項にも禁止事項として定められておる。」
 

「そう言わずに。 そうだ今度はガストでメキシカンピラフ&チーズカレーチキンおごりますよ。」
 

「・・・・いやそんな食べ物に釣られるようなわしではない。」
 

「じゃあしょうがない、かぼちゃの冷たいスープも付けちゃおう。」
 

「う、うむ。しかし。・・・・プレミアムカフェドリンクバーも付けてもらえぬか。」
 

「わかりました。それで手を打ちましょう。それで僕らがどうすればいいのか教えてもらえるんですね。」
 

「・・・うむ。 とは言ってもそのものズバリを教えるわけにはいかんのじゃよ。ここでわしが答えを言ってしまえばそれはそなたらの意志ではなくわしの意志だ。これもまたサッカー憲章の第24条に明記されているが、

自分たちのことは自分たちで考え自分たちで決める

それが大原則なのじゃ。」
 

「わかりました。じゃあしょうがないですね。」
 

「ただ、ひとつだけ考えるヒントをやろう。 さっき『積み上げてきたもの』があったと言っていたが、それはある日突然出来上がったのか、誰かが1人で作ったものなのか、そして、これが一番肝心なのじゃが、

果たしてそなたらにとって何が一番大切なのか、

それらをじっくり考えてみなさい。」
 
 

そう言ってサッカーの神様は高崎線に乗って帰っていった。

 
 

今朝目を覚ましてからも神様の言葉が頭から離れない。

いったい僕たちはどうすればいいのだろう。

|

« 罰ゲーム | トップページ | PARADISE THEATRE »

コメント

降格教団のお話しになるのかと思って、ドキドキしながら読みました。まだ気が早いか(違うといいな)。

投稿: kmaeda | 2009/08/23 20:21

それはワタシじゃなくて師匠のネタですよ。

いまや伝説のネタですな。

投稿: にゃんた2号 | 2009/08/23 20:36

>メキシカンピラフ&チーズカレーチキン&かぼちゃの冷たいスープ&プレミアムカフェドリンクバー
神さま、お腹こわしてませんかね…ww

私もじっくり考えてみます。

投稿: どりかめ | 2009/08/24 12:49

それより、メタボ検診引っかかってんのにそんなに食って大丈夫なのかと思いました。

神様はまたいつかやってきそうな気がします。

投稿: にゃんた2号 | 2009/08/24 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/46005486

この記事へのトラックバック一覧です: 降臨:

« 罰ゲーム | トップページ | PARADISE THEATRE »