« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

個性的

浦和サポータータイーホ逮捕!テレビ局クルー殴る(報知)

わははははー よーしもう何でも来ーい!

とりあえず小竹容疑者は、出入禁止の後、今季最終戦をビジター自由で1人っきりで見るの刑。
 

ということで全然嬉しくないネタは置いといて、文句なしに嬉しいニュースについて書きます。

岡野雅行選手(TSWペガサス)移籍加入のお知らせ(鳥取公式)
 

おお、野人が鳥人に。

鳥取と言ってもピンと来ない人も多いと思いますのでちょっと調べてみました。
 

・チーム名はガイナーレ鳥取。もともと愛称名だった名前(その頃のチーム名はSC鳥取)を2007年に正式にチーム名にした。

・ガイナーレとは地元の方言『がいな』に因む造語。『がいな』とは形容詞で、『でっけー』くらいの意。

・ホームスタジアムは鳥取市のとりぎんバードスタジアム。略称はとりスタ。J1の開催実績もあり球技専用という雛には稀なスタジアム。

・しかし立地は田園地帯のど真ん中で、両ゴール裏からは田んぼがよく見える。

・2007年までは米子市に活動拠点があり、今でも準ホームとして公式戦が行われている。

・そのスタジアムはどらやきドラマチックパーク米子東山陸上競技場、略称どらドラパーク米子東山陸というすさまじい名称である。

・昨季J2昇格のためチームの存亡にかかわるとまで言われた大補強を敢行したがあえなくJFL残留。

・『強小元年』というフレーズで少し規模を縮小して臨んだ今季はここまでのところ昨季並みかそれ以上の成績で来ている。

・監督はタイ人のヴィタヤ・ラオハクル。

・ユニは梨の色(黄緑)で胸スポンサーは大山和牛。

・現在の主な所属選手は、元レッズのトモこと吉野智行、元鳥栖、仙台のシュナ潤ことシュナイダー潤之助ら。

・昨季は小村(元鞠、仙台)がいた。
 

とりあえず豆知識程度でもここまでいろいろと出てくるほど個性的なクラブなので、岡野には合っているんじゃないでしょうか。 ということで、早速JFLの後期日程を調べてみたところ、関東での開催は10月4日(日)流通経済大学戦@龍ヶ崎しかないようです。残念。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/30

No ! Nein !

闘莉王不在で守備崩壊…浦和3失点惨敗(スポニチ)

今季の幸いなところは、ネガティブな気分になりかけたときに、スポーツ新聞がその思いを断ち切ってくれるトコですかね。

もちろん、感動的な記事で我々のやる気を奮い立たせてくれるという意味ではありませんよ。

ケネディの件といいそして今回の記事といい、ワタシにとって『フィンケさん負けるな 永田頑張れ』との思いを強くさせるには十分です。
 

そして、昨日のエントリに対していただいた現地組の方々の前向きなコメントを裏付けるごとく、やはり現地に行かれた方(誰よりもレッズの試合を数多く見ていてその目はサポの中で最も確かだとワタシは思っている)から頂いたメールによれば『名古屋戦より良かった』とのこと。
 

つまりこのエントリを要約すると、『試合も見ずにテメーの脳内で考えたことだけでいいの悪いの言ってんじゃねーよ >俺』ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/29

爪の垢

ネットラジオ聴いてただけだから内容はよくわからんけれども、阿部ちゃん(≠あべゆ)の意外にうまい解説を聞いてた限りでは少なくともこれくらいはわかる。
 

釣男頼みのクソサッカー・リターンズ。
 

初っ端、前半終了間際、後半の半ば。集中が必要な場面でことごとくやられるとは、選手の皆さんは全員精神力の強い釣男さんの爪の垢を煎じて毎食後に摂取してください。

もっとも、失点が多いせいで守備がひどいイメージがありますけど、どっちかと言うと3試合無得点の攻撃の方が問題のような気がします。ホント春先に勝ち点を稼いどいて良かったよ。
 

いずれにしても、現地組の皆様におかれましては大変お疲れ様でございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/07/28

いいじゃん

さて明日はナビスコ清水戦です。
 

ついにリーグ戦連敗。

やっぱり今のサッカーは夏だと厳しいのか。

この酷暑で中3日。

ヨンセンがいるのに闘莉王は戻って来れない。

ポンテさん怪我をおして強行出場?

おまけにここへ来てアレの移籍話?

いろいろネガティブな気分に染まりがちな今日この頃ですが、、、
 

別にいいじゃん。
 

現実から目を背けるのは良くないですが、必要以上に憂うべきでもありません。どう考えたって現実は変えようがないんです。だったら今ある状況で最善を尽くせばいい、ワタシはそう思います。

ということで、少なくとも明日ゲームが終わるまでは勝ち抜くことだけを考えていようと思っています。
 

日本平へ乗り込む漢たちよ、奴らを頼みました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/27

10並び

昨日の結果を受けてJ2がえらいことになってます。

勝ち点差3の中に1~4位がひしめき合い、仙台がついにけさ位(解説・けの部参照)に落ちてしまい、その下の5位に単独でなんと水戸がいるという、いろいろとgdgdな展開になってまいりました。

そんな中、ワタシの個人的なお気に入りはこれ↓
 

カターレ富山 10勝10敗10分で10位
 

しかも勝ち点40、得点30。

惜しむらくは失点が32で得失差が-2というところでしょうか。ここまで10並びだと本当に悔やまれます、四捨五入的な意味で(意味不明)。
 

マジメな話、今季J2に参入した3チームのうち、実質新卒以外の補強をしなかったのは富山だけ。つまりJFLほぼそのままのメンバーで戦っているのです。しかもシーズンイン後も怪我で主力の離脱が相次ぐという厳しい状況ながら、ここまででこの成績というのはものすごく健闘していると言っていいでしょう。

ひとつ上の9位に勝ち点差わずか1で札幌がいて昨季J1とJFLのチームが順位表上で並んでいるというのを見るにつけ、サッカーというのは本当に難しいなぁとの思いを新たにしています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/26

ネタ帳公開

今日ワタシのパソコンを整理していたら、ハードディスクの奥からとあるファイルが出てきました。ネタ書き用に『いろんな物事を例にあげて形容する表現』を思いつくままに書きとめ、そのまま忘れていたようです。

とりあえず今日はあんまりサッカーのことを書く気が起きないので、それでお茶を濁しておこうと思います。
 

関根勤とオリジナル・ラヴの田島貴男を見間違うほど衰えてはいない

ポケット時刻表の微妙な使えなさ

カセットデッキを処分した後に出てきた昔のカセットテープのように施しようがない

クレージーキャッツのメンバーを言う時に必ず忘れている安田伸のような存在

CDとDVDのように見た目は全く同じでも実際はまったく違う

情けは人のためならずの意味を間違えて覚えている人の数ほど多い

あまり自信がないのに事務所の方針で冠番組を持たされてとまどっている若手芸人の心境

広辞苑の無駄な重さ

繰延税金資産の計算方法程度にはややこしい

麻木久仁子が喋ったあとに感じる程度の幻滅

小倉久寛が学習院出であることを知ったときと同じくらいびっくりした

旅サラダの司会から向井亜紀が抜けるくらい致命的

ぶらり途中下車の旅の旅人が高倉健であるようなもの
 

いい歳したオッサンがいつもこういうことばっかり考えているわけです。
 

あ、しまった。 小出しにしておけばよかった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/25

歓待

レッズサポの鑑たる我々は、社長の『アウェイチーム歓待』の理念を体現すべく、勇躍埼スタへ乗り込んで来られた純喫茶師匠ことGontalloさんをしっかり接待させていただきました。
 

その後チームもしっかり社長の理念を体現できたのは何よりです。
 

プレゼントパスの山

シュートを打つときもきちんと枠を外し

スローな攻守の切り替えで守備の陣形が整うのを待つ思いやり

そしてここで打てれたら嫌だなという場面でパス!パス!パス!

イマイチ調子の上がらなかった名古屋さんへ、素晴らしいゲームを演出させていただきました。
 

名古屋グランパスの皆様、喜んでいただけましたか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/24

ご接待

歓迎名古屋グランパス様。

 

よラこそ埼王ス夕ヅマムZOOZへ。

 

ほら原口君。お客様をおもてなししてあげて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/23

野田移籍

野田紘史、ファジアーノ岡山に期限付移籍(オヒサル)

エエエエエエ いくらなんでも早すぎるんじゃ・・・

でもまあ冷静に考えてみれば、同期入団、同ポジションで年下の永田がトップデビューを果たしたうえ、年齢的にも決して余裕のない大卒ですからサテで燻るよりはいいんじゃないでしょうか。

レッズフェスタにも行っていないので未だに生野田を見たことがないのですが、岡山で経験を積んで帰ってくることを祈っています。
 

ところで、怪我人だらけなのにレンタルで何人も出す気前の良さはいったいどういうことなんでしょうか。
 

・・・・・ちょっと下駄箱へダンスシューズ取りに行ってくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/22

効果

生産追いつかない?俊輔ユニホーム大売れ

“逆俊輔効果”地上波からJ中継が消える?

俊輔効果でエスパニョール入場券値上げ

俊輔効果で経済対策に市場厳しい評価

俊輔効果で46年ぶり皆既日食

俊輔効果で麻生首相国会解散

俊輔効果学スモッグ注意報発令

俊輔効果だと思ってやった後悔はしていない

トンネルを抜けるとそこは俊輔効果

緑の中を走り抜けてく俊輔効果

いい俊輔効果が来たので僕は決めるだけでした
 

そこでフィンケさんが一言。

メディアの皆さんは俊輔効果とばかり言いますが、他の効果も頑張っていますよ。
 

リンク先はスポニチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/21

睡蓮

闘莉王、数週間離脱も…腹直筋損傷していた(スポニチ)

今度は釣男さんが離脱。ケネディ、ヨンセンを相手に戦う3連戦なのに痛すぎ。今季出場のある180cm超えがキーパーとルーキーとエジタカだけとか・・・。

そういや昔こういう時に颯爽と現れてピンチを救いそしていつの間にかまた去っていく人がいたなぁ。そうしみじみと昔を懐かしんでいたところ、たまたま昨日見てたクイズ番組でこんなのが・・・
 

「名画『睡蓮』を描いた人は?」
 

「ネネ。」
 

せつなくてちょっと涙出た(嘘)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/20

イメチェン

埼スタは怖くない!浦和がイメチェン作戦(スポニチ)

観客動員が減ったことに対する対策ならアウェイサポは関係ないでしょうに。というか埼スタのアウェイ度が減って喜ぶ人間はアウェイサポにもあんまりいないんじゃないの?

と一瞬思いましたが、実はこれは綿密に練られた作戦なんです。
 

・浦和美園駅に『ようこそ埼玉スタジアム2○○2へ』の歓待ボードを出します。でもよく見ると『よラこそ埼王ス夕ヅマムZOOZへ』になってます。

・スタジアムまではアウェイサポ専用の通路を用意します。122号の車道の脇にロープ張りますのでそこを通ってください。クルマには充分気をつけてください。

・ビジター自由席の安全を確保するために前から計画してた通りアクリル板で囲みます。ちゃんとその上にも透明な板でフタをするからとても安全です。なので少し暑いのはガマンしてください。

・ビジターエリアにはバラエティに富んだ売店を出店します。不動産屋と金物屋と文房具屋と魚屋です。

・大型ビジョンにはアウェイチームのハイライト映像も流します。失点シーンばっかですけど。

・今までアウェイチームの選手紹介があまりにも素っ気なかったので、これからは田中角栄のモノマネで行います。

・同様にアウェイチーム得点時のアナウンスは滝口順平のモノマネで行います。

・負けるとアクリル板の中に小麦粉が投入されます。
 

ということで岩澤君はしっかりモノマネの練習をするように。
 

(21:30追記)

師匠のところから来られた名古屋な皆さん@週末はよろしくへ解説

岩澤君 → 10年以上埼スタでDJやってるベテラン 特技はモノマネ(嘘)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009/07/19

タリーさんのこと

[オーレ!オレ、オレ、俺]浦和DF・山田暢久(33)(報知)

>>計13人の監督の下でプレーし、どの監督にも寵愛(ちょうあい)された。

『但し1人除く』が抜けてますよ。
 

それにしてもタリーさん公式戦600試合ですか。あんまり全公式戦の記録って表に出てこないからこれが史上何位なのかわかりませんが、もの凄い記録であることは間違いないと思います。

よくタリーさんは『夏場はパフォーマンスが落ちる』と言われますが、冷静に考えればそれって普通は33歳に対する形容ではないですよね。
 

というか、40歳になってもまだ『夏場はパフォーマンスが落ちる』と言われてるような気がしますけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/18

ここですよの会結成

ほらワタシらも勝てなかった頃があったじゃないですか。

だから勝てないことの苦しさはよくわかってます。

トリニータサポが涙を流して喜んでるのをテレビで見て救われましたよ。
 

ははははははははははははははははは・・・
 

てかフィンケさんでさえ乗り越えられないこの芸風っていったい・・・。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/07/17

苦手

さて明日は大分戦です。
 

この猛暑しかも多客期をものともせず遠く大分へ遠征される漢の方々に是非知っておいていただきたいことがあります。
 

1999年
1-0 ● ナビスコ@大分市陸 石崎
3-1 ○ ナビスコ@駒場 石崎

2000年
2-1 ○ リーグ@駒場 石崎
1-1 △ リーグ@大分市陸 石崎
4-1 ○ リーグ@駒場 石崎
2-0 ○ リーグ@大分市陸 石崎

2003年
2-1 ○ リーグ@駒場 小林
1-3 ○ リーグ@ビッグアイ 小林

2004年
4-1 ○ リーグ@駒場 ベルガー
1-4 ○ リーグ@ビッグアイ ベルガー
2-3 ● ナビスコ@駒場 ベルガー
0-3 ○ ナビスコ@ビッグアイ ベルガー

2005年
1-0 ● リーグ@ビッグアイ 皇甫+西村氏ね
1-2 ● リーグ@埼スタ シャムスカ

2006年
1-0 ○ リーグ@駒場 シャムスカ
2-1 ● リーグ@九石 シャムスカ

2007年
2-2 △ リーグ@九石 シャムスカ
2-1 ○ リーグ@駒場 シャムスカ

2008年
2-0 ● リーグ@九石 シャムスカ
0-0 △ リーグ@埼スタ シャムスカ

2009年
1-0 ○ リーグ@埼スタ シャムスカ
1-1 △ ナビスコ@九石 シャムスカ
 

シャムスカ就任前 9勝3敗1分(アウェイ4勝2敗1分)
シャムスカ就任後 3勝3敗2分(アウェイ2敗2分)

つまり何が言いたいのかというと、
 

ウチが苦手だったのはあくまでもシャムスカですからね。
 

苦手なのは九石ドームでも、ましてや大分トリニータでもないのです。

シャムスカという一流の魔法使いにちょっとばかりてこずらされていただけなのです。師匠のいなくなった魔法使いの弟子など恐るるに足りません。

それに、一流の魔法使いなら今は我が方にもいるわけだし。
 

ということで、どうか中2日という日程上の不利を皆様の声で埋めていただけますよう、よろしく頼みました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/16

趣味はサッカー観戦

昨日の朝会社でお茶をいれていると通りがかった上司(ワタシがレッズサポだと知っている)がこう言うんです。

『あ、今度来る新入社員だけど、確か趣味がサッカー観戦って書いてたなぁ。なんかスタジアムにもよく行ってるんだって。』

ワタシの会社は埼玉にあります。レッズサポも多く、ワタシの知り合いだけでも5人はいます。会社の駐車場ではレッズ関連のステッカーを貼ってあるクルマを結構見かけます。まあ『よく行ける』スタジアムもそうたくさんはないわけであって・・・。

なので、仲間である可能性は高いのですが、そう思う前に何故かふっと頭に浮かんだのが・・・
 

みか(ry
 

もしそうだったらどうしよう。
 

その答えは来週わかります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/15

幸せの味ふたたび

埼スタソフトは幸せの味。
 

Soft
 

どうして今年のホームのナビスコの試合はこんなに幸せに感じるんでしょうか。
 

なお念のために言っときますけど、あくまでナビスコは
 

2試合合計で勝ち点の多い方が勝ち抜け
 

ですからね。よーく覚えておきましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/14

大活躍

さて明日はナビスコ準々決勝清水戦です。
 

聞くところによるとチケットがあまり売れていないとのこと。

平日ナイトゲームだと寸前まで行けるかどうか決められない人も多いでしょうから一概に不入りだとは言い切れませんが、予選の埼スタ2試合の動員数を考えれば満員というわけにもいかないんでしょうねぇ。

もちろん人それぞれに意見も都合も事情も違うので来ない人を批判できるような筋合いの話ではありませんが、ワタシ自身はせっかくウチの2枚看板の一方である山岸が見られるのに行かないのはもったいないという気持ちが強いです。
 

ギシの大活躍が見られるのに。
 

ってそんなに攻められるのかよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/13

監督コメント

皆さんこんばんは。

本日の埼玉は卒倒するほど暑いです。

ウチのぬこはバテて伸びてます。

これであさって試合あるとか信じられないです。

フィンケさんにもこの暑さに関してコメントをいただきたいくらいです。

------------------

09.07.13

今年の最高気温更新後 フィンケ監督 

私が日本に来て以来この暑さというのを初めて迎えたわけですけれど、率直に言ってすべての面においてヨーロッパにおけるそれを上回っていると言うことができます。この暑さを前にすると私は汗をかかずにはいられません。
しかし同時に、必ずしもそのことがエアコンのスイッチを入れる理由にはならないとも思っています。あまりそのことに関して長くお話をするつもりはありませんが、生理学的に言うと、身体を冷やすことが健康に対し良くない影響を及ぼすというのが証明されているからです。
私は、埼玉に住む人たちをほめ称えたいと思います。なぜかというと、彼らがどのような形で今、この暑さの中を一生懸命生活しているのかということを、本当に肌で感じることができるからです。

------------------

暑さでネタもめちゃくちゃですが、どうかカンベンしてくだされ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/12

居座り

清水戦の敗因説明しろや!G大阪のサポーター2000人居座り(スポニチ)

当然水ふうせ(ry

それはともかく、なんだか1年前にどこかで見た風景だなと一瞬思ったんですが、よく考えると去年のウチでさえ1巡めが終わるまではそこそこ勝ててたんでした。それからすると少しばかり早いっちゃ早いですね。 

いずれにしても言えることは、
 

世界3位の呪いオソロシス
 

ということでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/11

経験は大事

・ポンテさん100試合出場

・しかし坪井アップ時に負傷

・見事なゴールで先制される

・前半終了時にブーイング起こる

・後半の修正が奏功しエジタカコンビで同点

・しかし直後のPKをエジミウソンが外す

・焦りが支配する埼スタ
 

ここまで揃えばもはやそれは必然でした。
 

BS劇場炸裂。(主演 エジミウソン)
 

それにしても広島のコンビネーションは見事でした。誰かがボールを持った時点で次にすべき約束事が決まっていて、それがきちんと実行されていました。それに比べればウチのサッカーは全然未完成です。まだまだ足元にも及ばないなと率直に感じました。

ただ、『○○頼みのクソサッカー』についてはウチの方が遥かに長い経験がありますのでねぇ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/10

旅の途中の道標

さて明日は広島戦です。
 

日程君=ネ申 とはもはやJサポーターの間では定説ですが、明日リーグ戦の折り返しを迎えるに当たってあらためてその思いを強くしています。

どういうことかと言うと、
 

開幕戦 鹿島

1巡目の最後 広島 ←今ココ

最終戦 鹿島
 

コンビネーションサッカーの先輩格相手に、今どこまで来たかをはかることのできる道標のような日程だから。
 

フィンケさんとの旅の途中で現れた最初の道標、ここまで来たのかと感慨にふけるのか、ここまで来たのにと悲嘆にくれるのか、いずれにしてもしっかりと踏みしめて通りすぎたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/09

仕事きっちり

ワンタッチパスについて(Jリーグ公式)

もうすっかり忘れかけてたけど、ウチはシーチケをこっちにしたので確か『マイページ』とかいうwebサービスを受けられるはずだったんだよな。 追加機能ならばともかくすでにアナウンス済みなのにシーズン半分経っても使えないとか・・・。

チームによって受けられるサービスの種類が違うのかもしれないので一律には難しいのかもしれないけど、こんなテンプレお詫び文なんかより、せめてその『提供できていないサービス』が現在どういう状況なのか、いつになったら提供できるのかを説明すべきだと思いますが。 たとえ『メドが立たない』という内容であってもね。
 

一応上部組織であり各クラブの経営状況にまで口を出すからには、自分たちの仕事くらいきっちりやってもらいたいですね。 曲がりなりにも客がいる仕事を何の報告もなしに半年近く延ばすなんてことが許されるならこんなに苦労しない、たいていの社会人ならばそう思うはずです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/08

改名

Jチームは2回戦から登場…天皇杯(報知)

趣旨はわからんでもないけど・・・。
 

片方でリーグが契約できる人数を減らそうとしてるのに協会は試合数は増やすんですね。

しかも、まーたベストメンバーか!
 

会長は犬飼最昭(もっともあき)とでも改名したらいかがでしょう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/07

JOMO CUP 2009

昨日もちょこっと話題に出したJOMO CUPの出場選手が決まりました(J'sゴル)

首位を独走する鹿島から6人も選ばれたのはとても妥当だと思います。ファビョオリベイラもさすがに今年は 油断してるらしい 勝ちに行くようです。

ただ浦和からも、怪我がちの 釣男、直輝や 疲労の溜まっている 阿部を選ぶあたりは 抜け 目の なさ 確かさを感じますね。
 

今年こそKリーグに勝て。頑張れJリーグ選抜。(棒読み)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/06

プレゼント その後

例の、オウンゴル選手が決めた水戸のチーム400ゴールのプレゼントの続報です。
 

水戸公式ニュースヘッドライン(2009.6.28のところ)

>>オウンゴールの正解該当者がありませんでしたので、この度本企画にご応募頂きました全ての皆様の中から抽選で1名様に、6月28日第24節セレッソ大阪戦水戸ホーリーホックスターティングメンバーサイン入り公式球をプレゼントさせて頂きます!

妥当なところに落ち着いた模様です。ツマンネ

まあこれで、今後『アニバーサリーゴールを決めるのは誰だ系クイズ』でオウンゴル選手に投票する人が、JOMO CUP日韓オールスターサッカーを心から楽しみにしている人の数くらいには増えるんじゃないでしょうか。(←あんまいない)
 

それはともかく、今節も高崎がPKながら得点しついにゴール数を2ケタの大台に乗せました。

ついでに祐也も・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/05

タカの細道

今日の昼飯はもちろん寿司。

Sushi
 

ところで、これ結構すごいです。

完全復活だ!浦和・高原、434日ぶり2発(スポニチ)

>>『岩に染みいる蝉の声』もかき消すような大音量だった。

そもそも山寺にそんな大音声が響き渡ってたら蝉の声は岩に染みいらないと思いますが・・・。
 

>>奥の細道をゆく芭蕉は『夏草や兵どもが夢の跡』と詠んだが、緑のピッチに立つ背番号19は夢の途中だ。

もしかしたら『夏草』を『緑のピッチ』に準えてるの?
 

と、スポーツ新聞にこんなに頑張られたら我々のような個人ブロガーには到底勝ち目はありません。なんせこの人はお金もらってこの文章書いてるんだもの。

ということで浅井記者に敬意を表し、一応タイトルは『奥の細道』と『高原』を絡めてみました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/04

心の底から

いろいろと言いたいことはありますが、何はさておき・・・
 

高原直泰選手
 

本当にすいませんでした。
 

心の底からおわび申し上げます。
 

でも、この日がやってきてホント良かったよ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/03

基礎知識

さて明日は山形戦です。
 

遠征するけど山形のことを何も知らないという方のためのモンテディオ山形の基礎知識。
 

・リーグ戦での対戦成績は2勝2敗とまったくの五分です

・カップ戦でも完敗を喫したことがあり決して相性のいい相手とはいえません

・でもウチ以上に相性最悪のチームもありますので気にすることはありません

・ただ、スタから見える風景がものすごく雄大でついついのんびりとした気分になってしまうので油断しないように気をつけてください(マジ)

・ときどき呼ばれたような気がするかもしれませんが、山形秋雄さんや山縣昭夫さんや山方章男さんは決して気にしないでください

・またときどき念仏が聞こえるかもしれませんがオカルティックでスピリチュアルな意味合いはまったくありませんのでこれも気にしないようにお願いします

・そしてこれは過去ここで何度も口をすっぱくして訴え続けてきたことなのですが、、、
 

スタのある山形県総合運動公園の通称『べスパ』『べ』はひらがななので絶対に間違えないように注意してください!
 

タクシーに乗って『ベスパまで』とカタカナで言うとキックオフに間に合うように着かないかもしれませんよ。
 

それでは皆様、遠征お気をつけて。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009/07/02

昨日ACL組のリーグ戦を見てて気になったこと。
 

川崎のユニの袖にある『エアコン』の文字。
 

もう夏ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/01

赤星移籍

赤星貴文、モンテディオ山形に期限付移籍(オヒサル)

信藤さんのコメントによれば、複数チームのオファーの中から赤星自身が山形を選んだとのことですが、その複数チームとは、

・赤星のプレイを間近で見ている→去年J2にいた

・中盤の層が薄いあるいは怪我人が多い

・過去にある程度レッズとのコネがある

こういう要素から考えると、山形、水戸、草津、愛媛あたりでしょうか。

で、本人としては自分はまだJ1で実績を残していないという思いが当然あるでしょうから山形に落ち着いた、と。 あくまで想像ですが。

やはり信藤さんコメントによれば週末の出場はさすがになさそうなので、次会うとすれば埼スタでしょうかねぇ。埼スタで『アカホシ!』コールしたかったなぁ。 だけどそういうわけにはいかなくなっちゃったなぁ・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »