« おめでとう | トップページ | 苦しき早野乙 »

2008/12/02

ありがとう漢たち 2

あれは確か98年、いやもしかしたら99年のことだったかもしれませんが、とにかく今のJリーグ規格を満たすスタジアムが熊谷に出来る前の話です。熊谷の街の西外れにある、運動場に毛が生えた程度の陸上競技場へサテライトの試合を見に行きました。

一応レッズのホームゲームで、対戦相手はベルマーレ平塚。ワタシたちはピッチの外側に張られたロープで区切られた、客席というのもおこがましいようなほぼピッチと同じ目線の地面に座って見ていました。

正直今では誰が出場していたのかもよく覚えていないのですが、そのうちの2人だけは覚えています。

そのうちの1人は田畑昭宏。

福永ヤスとレッズ歴代『怪我さえしなければ王』を争う選手であり、実はこの試合でも怪我で途中交代し、結局その怪我(骨折)が元でレッズでは出場機会を失い移籍したので、妙に鮮明に覚えています。

で、あともう1人の選手なのですが・・・

 
その選手はサテの中でも非常に印象の薄い選手でした。少なくともワタシはそう感じていました。

トップの試合にも多少出てはいましたが、少なくともそのシーズンでは殆ど出番がなく、ああきっとこの選手は今年限りなんだろうな、とまで勝手に思っていたのです。

その選手は、左サイドを賢明に走り回っていましたが、スポーツ選手とは思えないその華奢な身体のせいか、妙な痛々しさすら漂わせていました。

それがワタシが内舘秀樹に対する印象を決めた最初の試合でした。

ですから、2002年オフトにより中盤の底のレギュラーとして固定された最初の頃は懐疑的で、しばしば大きなミスをやらかすこともあり『なぜたいしてうまくもないサイド専門の選手をそういう重要なポジションに置くのか』くらいに思っていました。

しかし、毎試合自らの役割をしっかり理解しそれをきちんと果たそうとする姿勢を見るにつけ、いつしかその気持ちは薄れていきました。

そして2003年ナビスコ準々決勝、同点で迎えたアウェイ味スタでの第2戦。
若干押され気味ながら何とか耐えて0-0で迎えた後半15分、彼がふわりと出したラストパスを受けたエメがそれをゴールに叩き込んだとき、彼に対するネガティブな印象は完全に払拭されたのでした。

そして、その年のナビスコで初戴冠を果たし彼がレッズ史上初のカップを掲げたキャプテンとなったとき、ワタシにはそれが必然だったようにすら思えました。
 

やっぱり人間何事も姿勢が大事。

マジメに、そして一生懸命やれば何とかなることも多い。
 

オフトが去った後出場機会は減ったものの、ギドによってクローザー的な役目を負わされたり欠場者のバックアックを務めたりしても、淡々と自分の役割をこなしチームを支えましたが、今考えるとこれって誰でも出来そうでいて実はとても難しいことなんじゃないかと思うのです。
 

ところで、今年のレッズはいろいろな面で悪い状況を迎えました。もちろん『内舘を使っていればこの状況を避けられた』とは言いません。

ただ、ひとつだけ漠然と考えるのは、たとえ2003年頃の彼であったとしても今年のレッズでは出番がなかったのではないか、つまり、今の個人技頼みのサッカーでは彼のようなタイプは絶対に使われないんじゃないか、ということです。

彼のプレイスタイルに、今のレッズの問題点を打開するヒントがあるような気がしてならないのですが。
 

今ワタシにはひとつの願望があります。

福田が引退するとき次の9番を誰が背負うのかが話題になりましたが、

来季阿部勇樹に背番号19を背負ってもらいたい。

異論はありましょうが、与えられた役割を忠実に果たそうとする姿勢が彼と重なって見えるからです。そして今のレッズにはそういう普通のことをきちんと出来る、しようとする選手が最も必要だと考えるからです。
 

はからずも最後はチームの話になってしまいましたが、とにかく移籍するにしろ引退するにしろ内舘秀樹の今後に幸多きことを願って止みません。
 

ありがとう無職様。君がいなければ今のレッズはたぶんなかった。

|

« おめでとう | トップページ | 苦しき早野乙 »

コメント

確かに、レッズがタイトルを獲れるクラブにまでなったのは、彼の力が大きかったのでしょうね。

今更言っても仕方ないことですが、ぜひ、CWCでマンUとガチで勝負して、あのミドルをもう一度見たかったな、と思います。

私は19番は今度ユースから上がってくる濱田君に付けてもらいたいです。本来はCBですが今年はボランチにも入ってチームを安定させています。若い人には重い数字かもしれませんが、期待を込めて、ということで。

投稿: sat | 2008/12/02 20:13

なるほど。噂に聞く濱田君もユーティリティでしたね。今後の期待を込めて彼に着けてもらってもいいかもしれません。というか、それって案外本命なのかも。

投稿: にゃんた2号 | 2008/12/02 22:04

読んでて目から汗が・・・・・

19番の後継者の項、
にゃんた2号さんの案もsatさんの案も、ともにいい感じです。

ずっと浦和って点では濱田君、いいかも・・・・

投稿: えりぴょん | 2008/12/02 22:24

私のうっちーの思い出は
いつの試合だったか失念しましたが、
エムボバのシュートをまともにあの華奢な体で受けてた場面。

(骨折れたんじゃないか!くらいにおもいました)

子供抱いて浦和のヨーカドーにいても、誰も気がつかないだろうなぁっていうとこがまた魅力でしたねw
なんでうっちーを泣かせるようなチームになっちゃったんだろう。

新たな道を進んでほしいですね。

投稿: えれ | 2008/12/02 23:17

では、私も・・・
うっちーの最初の思い出は、96年厚別での福岡戦(オジェックが前節退席処分で欠場した伝説の試合です)。これがデビューだったような気がします。
でも最初に私の心を惹いたのが、次節・三ツ沢での横浜M戦。確かギドのPKで勝利した試合だったと思いますが、その時うっちーが左WBで大奮戦していた姿を、今でも覚えています。なんと献身的な漢なのだと心に焼き付いておりました。

「one for all」を体現した、まさに当時の浦和らしいひたむきな選手でした。来季の浦和再生の手本としたい選手です。

投稿: nigoe | 2008/12/03 00:41

たびたびのコメント、失礼します。
昨晩、家のHDDレコーダーの中を整理していたんですが・・・ついつい見てしまいました。

2006年最終戦。

DFとして先発して走り回り、時には前に出てきてミドルを打つ。

まだ、ほんの2年前の話。

まだまだできると思うんですよね・・・

投稿: sat | 2008/12/03 07:57

皆様、やはり彼には結構な思い入れがあるようで。

岡野は止めろと言われても現役を続けそうですが、彼はこのまま引退するような気がしています。でもsatさんのおっしゃる通り、ワタシも彼はまだできると思います。戦い方が安定しない若いチームにはこういう選手がいるとずいぶん落ち着くような気がしますがねぇ。どっか獲らないかなぁ。

投稿: にゃんた2号 | 2008/12/03 08:43

【大宮、岡野と内舘、酒井獲得へ】って記事を心待ちにしてるんですが?
ダービーが盛り上がりそうですし。

いつも残留争いをしてる大宮には必要な選手だと思います。

投稿: 赤TD | 2008/12/03 11:28

ワタシは逆にみかかだけはヤダなぁ。あと瓦斯と鹿。
もっともさすがにそこいらへんで出れるとは思えませんが。

投稿: にゃんた2号 | 2008/12/03 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/43276142

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう漢たち 2:

« おめでとう | トップページ | 苦しき早野乙 »