« 検証 | トップページ | 大掃除 »

2008/12/27

続 検証

昨日の続きです。

縦横ナナメ、いろいろひっくり返してみた結果、ようやくあの文章をこの時期にオフィシャルに載せたクラブの真意を解明することができました。

ちょっと長くなりますが全文を引用しつつ、サポの皆さんにわかりやすくご覧頂こうと思います。

 
2008シーズンの検証について、お知らせ致します。

今シーズンは1月22日に初めて2008シーズンの方針を公表し、
シーズンに臨みました。
「強くて魅力あるサッカーをさらに追求し、特にホームゲームではよりアグレッシブに闘う」ことなどを方針としました。「前シーズンの実績と経験を土台にさらに発展させ、とりわけ攻撃面に関しては、より速く、そして想像力あふれるものにする」ことを掲げました。
J リーグ第2節終了後、監督がホルガー・オジェック氏からゲルト・エンゲルスコーチに代わりました。エンゲルス監督のもとで、充実した対話を通じた信頼を基 盤に「攻撃的で情熱的なサッカー」を求めることになりました。チーム状況は回復し、首位に躍り出る時期もありました。しかし、その後は勢いを失い、最終的 にはリーグ7位という結果に終わりました。

開幕にあたっては、
ームづくりのベースとなる、一体となって闘う姿勢がチームに作られませんでした。チーム内コミュニーションが不足し、プレーの連動性も高まる兆しはありませんでした。そのような展望が開けない状況での監督交代はクラブにとっても苦渋の決断でした。

エ ンゲルス監督は、「挑戦」を掲げて、調子の良い若手選手を登用するなど、開幕直後の緊急就任の中で、チームを反転させました。ただ、夏場前後
ら攻守にわ たりしっかりとしたチームの形を構築することができず、安定した闘いができませんでした。全体として、攻撃的で情熱的なサッカーを十分にお見せすることは できませんでした。

一方、選手育成では、ようやくたくましい芽が出始めました。2002シーズンから本格的な選手育成をスタートさせてい ましたが、ユースは高円宮杯全日本ユース選手権において、全員が連動して動き続けるサッカーを披露して優勝。メンバーのうち4人は来季トップチームに昇格 することになっています。レッズで育った選手が、トップチームで挑戦することが、ようやく自然のことになるところまで来ています。この芽を大切に育てるた めの、あらゆる面での環境整備が求められる段階となっています。

クラブとしても、結果だけでなく内容も充実させようとする目標を、チームとともに実現できませんでした。エンゲルス監督となった後、シーズン途中で少しずつずれていった目標とのギャップをクラブ全体として修正することはできませんでした。

ま た、スタジアム運営においても、クラブ運営の見直しを迫る問題が発生しました。ただちにクラブ内の危機管理機能の整備に着手するなど対応を進めました。ク ラブ内・チーム内のコミュニケーションを十分には図れず、また前年にアジアを制し、その後に掲げるべき理念や長期ビジョンの構築が遅れた面もあります。
ホー ムゲームの勝率が過去3番目に低かったことを見れば、厳しく苦しいシーズンであったことは明らかです。ヤマザキナビスコカップでは予選敗退し、天皇杯も5 回戦で敗退しました。AFCチャンピオンズリーグはクウェートのアルカディシアを下してベスト4に進出したものの、連覇はなりませんでした。内容・結果と もに皆様のご期待に応
ることができなかったことをお詫びいたします。

クラブは2009シーズンに向け、本当の意味で強くて魅力あるチー ムをつくり、地域やファン・サポーターの皆様に愛されるクラブとするための「変革」に着手しています。レッズが長期的に目指すべきサッカーを示す「哲学 (レッズスタイル)」を構築し、それを土台にして、組織づくりや指導者の選定を進めています。レッズスタイル(本当の意味で強くて魅力あるチーム。人も ボールも動き夢のあるフットボール)を追求するため、チームとクラブが連携を深めながらこの「共同作業」を進めます。詳しい方針については、来年1月中に お知らせする予定です。

|

« 検証 | トップページ | 大掃除 »

コメント

そのシーチケが当たらなかったっちゅうねん。
家内と一緒に猛烈に腐っております。。。

投稿: 突っ込み一号 | 2008/12/27 21:49

それはどうもご愁傷様です。もしホントに欲しい人に当らずゲッターに当ったりしてると腹立ちますよね。
まあ今季、シーチケ持ちは負け組みたいなもんでしたから・・・(←慰めになってない)。

投稿: にゃんた2号 | 2008/12/27 23:48

えっと
シーチケ今年1年だったら私の使っていただいてもいいですけど。ただし1席しかないんですが・・・・

投稿: えれ | 2008/12/28 00:12

ドロズニンの「聖書の暗号」を連想しましたw

ご存じない方のために、比較的まともな書評を。
http://homepage3.nifty.com/saikyo-shingakusya/text/b-code.html

私も時間があったら、岡野の移籍先とか来シーズンの各選手の背番号とか「予言」してみたいのですが、年末であたふたしているので、今回は見合わせます。

投稿: sat@負け組新規参入 | 2008/12/28 00:21

>えれさん
えー但し通貨はルーブルでお願いします>突っ込み一号さん(←いつの時代じゃ)

>satさん
そうそうドロズニンドロズニン。それですよワタシがこのネタをインスパイアされたのは(大嘘)

投稿: にゃんた2号 | 2008/12/28 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/43541494

この記事へのトラックバック一覧です: 続 検証:

« 検証 | トップページ | 大掃除 »