« FUSO再び | トップページ | YANMARも参戦 »

2008/11/27

ありがとう漢たち 1

レッズのことはしばらく書かないなどと拗ねてはみましたが、このことについては書かずにはいられません。

岡野雅行、内舘秀樹との契約について(オヒサル)

正直覚悟はしていましたが、いざ正式に発表されるとやはり寂しいです。なんと言っても苦しい時を一緒に闘ってきた2人ですからねぇ・・・。

で、まずは岡野に関しては、いろいろ書くよりも昔のとある企画用のネタを再掲します。そのほうが、岡野がどういう存在だったかわかりやすいと思いますので。
 

 
――――――――――――――――――――――――――

平成12年11月19日 vsサガン鳥栖戦

初冬の乾いた風が頬に冷たい11月19日。2年続けて最終節にもつれ込んでしまった。ここまで、予想を大幅に上回る厳しく苦しい戦いを強いられてきた。それも今日で終わりにしたい。終わりにしたいが、しかし・・・・。

対戦相手はサガン鳥栖。勝てる相手と思いたいところだが、鳥栖スタジアムで2-0の敗戦を経験しているレッズだ。 一抹の不安をかかえつつ、我々はゆるゆるとバックスタンド2Fのホーム寄りSB指定席に陣取った。

後半開始早々、アジエルのゴールで先制。これで行けると思ったのも束の間、あっという間に追いつかれてしまうのがレッズである。そもそも先制点を守りきれるくらいなら、こんなに厳しいJ2シーズンにはならなかったであろう。・・・いやいや、そんな後ろ向きなことではいけない。気を取り直して戦況を見守る。
 

後半19分、室井にレッドカード。PK献上!

この瞬間、レッズよりも打たれ弱い我々は翌年もJ2を覚悟した。今度こそ、主力選手だってごっそり抜けるかもしれない。整備の行き届かない荒れたピッチで怪我人続出、技術の低い審判のもと、引いて守られる戦術を打開できずに苦しむ40試合。そんな苦行のようなシーズンをまた繰り返すのか。へたれな試合ばかりだったら、もう見に行ってやらないからな!

PKが蹴られるまでのわずかな時間、半泣きになりながらこれだけのことを考えた。

GK西部がボールの軌道とはまるで反対の方向に飛んだにもかかわらず、幸いにもルシアノのPKは外れた。ゲームは1-1のまま延長戦に突入。このとき、昇格を争う大分は既に90分勝ちを決めていた。それでも昨年とわずかに違うのは、延長Vゴールでも勝ちさえすればレッズが昇格できるという点である。
 

だが、スタジアムは重苦しい空気で覆われていた。こちらは1人少ないのだ。ここ一番に弱いレッズがこの逆境を乗り越えることは至難の業だ。どうやら諦めがよいのは我々だけではなかったようで、周囲にも悲壮な空気が満ちていた。

そのとき、一人の男がバックスタンドに向かって走り込んできた。

延長戦、ピクンに代わって登場した岡野雅行である。

岡野は客席に向かって拳を振り上げ、サポーターを奮起させた。

沈んでいたスタジアムが息を吹き返した瞬間は、今でも鮮やかに蘇る。

本当なら我々が選手を奮起させなければならなかったのに・・・。そうだ、レッズはこれ以上この舞台に留まっていてはいけないのだ。

・・・・サポーターの思いを乗せた正樹のVゴールが決まったのは、その5分後である。

――――――――――――――――――――――――――
 
 

さらば野人。

でもいつかきっと戻ってきてくれるよね。

|

« FUSO再び | トップページ | YANMARも参戦 »

コメント

23日の試合終了後、知人に連れられ、メインスタンド裏のデッキに行きました。
中央の駐車場付近を見ていた人たちが急に「おかのおおおお~」と叫び始めました。
彼らの視線の先には駐車場に向かって走るスーツ姿の岡野がいました。


たくさんの、花束を手にしていました。


彼の前途に幸あれ。

投稿: sat | 2008/11/27 21:19

なんだかんだ言っても岡野がいなくなるのはやっぱ寂しいっすねー。

そういや今日は11月27日だった・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2008/11/27 22:06

南、カニ、友ちゃんも戦力外だそうですorz

投稿: 赤TD | 2008/11/27 22:54

セツナイ季節ですよね。。。。

どの選手、サポーターにとっても避けられないとはいえ、
やっぱりつらいものがあります。

出来る場所、選手として必要とされる場所はきっとあるので、
またいつか、浦和で一緒できる日まで、、、、
良い場所が見つかりますように・・・・

投稿: えりぴょん | 2008/11/28 00:12

私は、今でもルシアノに御歳暮を贈りたいww

岡野・ウッチーに関しては、今季の出番も少なかったこともあり、ある程度の覚悟はしていたものの、やはり寂しいですね。ひとつの時代の終焉という意味でも。。。

上記2名に対する告知は、どこよりも先んじてオヒサルで正式にされたことに温情を感じましたが、肝心の指揮官は、漏れ漏れのリークで堀を埋め、幅寄せしての解任劇でした・・・変な陰険さを感じます。
こんなフロントについて行けるかなぁ>アタシ

投稿: nigoe | 2008/11/28 01:06

指揮官で言えば、お隣(でもないのか?)の
黄色いチームの契約満了が、同じニュース(一般ニュースですよね)の中で報じられてました。

こちらも、既に北の方でリストアップ、とかありましたが、
この件に関しては、ウチのフロントのダメダメっぷりが遺憾なく発揮されてますね。
もっとウマいやり方、ってか、普通に常識的な行動がなぜ出来ないのか・・・・

監督の引き受けてが居なくなって、
選手も居なくなる、って事態だけは避けたいです。

投稿: えりぴょん | 2008/11/28 01:24

>赤TDさん
そのニュースも漏れ聞きました。彼らにも幸運が巡ればいいなぁ。

>えりぴょんさん
今回の騒動で初めて知りましたが、なんだかウチの監督人事は社長の独断事項だそうで・・・。あの社長じゃダメだぁ・・・そう感じたのはワタシだけではありますまい。
まあ手順としてはそうおかしなものじゃないですけど、その情報がダダ洩れってのがいかにもまずい。

>nigoeさん
>>こんなフロントについて行けるかなぁ
なにをおっしゃるやら。それこそルシアノにお歳暮贈り始めた頃のフロントに戻っただけじゃないですかw
どうせ次の株主総会で社長交代でしょうから新しい体制に少しでも期待しましょうよ。

投稿: にゃんた2号 | 2008/11/28 08:53

>ダダ洩れってのがいかにもまずい。

これ気になってます。レッズは毎度ある幹部とやらがマスゴミにべらべら話す。
内部にスパイがいるんではどうしようもないです。

社長はACL出場を逃した時じゃないと辞めないらしいですよ。来年誰が監督なろうと体質は変わらないような…

投稿: 赤TD | 2008/11/28 09:14

ただ、いい社長ってのがなかなかいないですし、いい社長でも長期政権だとその弊害も出てくるし、難しいもんです。
今の社長は論外だとしても、こういう時期は犬飼タンみたいなのよりその前任の塚本さんみたいな手堅い人がいいのかも、なんて妄想しています。

投稿: にゃんた2号 | 2008/11/28 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/43236932

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう漢たち 1:

« FUSO再び | トップページ | YANMARも参戦 »