« 下衆の勘繰り | トップページ | 今年も媛ちゃんが相手 »

2008/10/11

楽しみをありがとう

ユース、高円宮杯、結果(オヒサル)

恥ずかしながらワタシはユースの試合を一度も見たことがないので何も語れないのですが、知り合いやネット上から得た情報の限りでは、すごくいいサッカーをしてるそうですね。

いずれにしろ、追いつかれても延長で突き放すというしぶとさは素晴らしい。ここまで来たからには是非優勝してほしいもんです。
 

Jリーグのない週末にひとつ楽しみができました。赤き若者たちよありがとう。
 

この方もさぞや嬉しかろう。

|

« 下衆の勘繰り | トップページ | 今年も媛ちゃんが相手 »

コメント

準々決勝(西が丘)、準決勝(国立)と2試合観戦しましたが、

・中盤をダイヤモンドにしての4-4-2は、4バック変更を主張する方々の理想をかなえたかのようなシステム。

・しかも、組織力が高く、めまぐるしいポジションチェンジがイレブンを有機的な存在にする。

・序盤からとばすため試合開始から30分ぐらいは圧倒的なゲーム支配。しかし、体力の限界から次第に足が止まり、岡山作陽に支配される時間が長く続く。ユースの課題はここか。

・2トップの一角をなす左サイドの原口は別格。原口にボールが渡ると何かが起こる。ディフェンダーが3人ぐらいならたぶん突破してシュートする。シュートできなければキラーパスを出す。心底、この人がうちのユースでよかったと思わせる。

・1ボランチの浜田は空中戦に絶対の存在感を持つポスト闘莉王。運動量も多くトップ昇格後の細貝とのダブルボランチが今から楽しみ。

・トップ登録している高橋、山田の二名の能力も高く、数年後にはトップのレギュラーとして君臨している可能性が高い。

・観客席には赤い人が多かったが、コールは延長戦に入ってから。それまではコールなし。近くの人に聞くとそれがユースの流儀だというが、決勝でもそうなのかは不明。

ちなみに、去年の決勝はうちのマンションにタダ券が配られてましたが、今年はそれがないようです。

投稿: とくなぎ | 2008/10/11 21:09

ご存じの方も多いと思いますが、こんなエピソードも。
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000140810070001

清尾さんが記事にする前にある方から聞いていたのですが、そのときも、記事を見たときも、なんか、目から汗が止まらないんですよね(ノ_≦)。。。

投稿: sat | 2008/10/11 23:41

>とくなぎさん
詳しく書いて頂きありがとうございます。やはり相当な才能が在籍しているようで読んでいるだけでwktkします。あとは彼らの才能を潰さないようなトップの体制ですかね。

>satさん
彼ら(池田君)の思いも含めてなんとか明後日は勝たせてあげたいですね。

投稿: にゃんた2号 | 2008/10/12 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/42754390

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しみをありがとう:

« 下衆の勘繰り | トップページ | 今年も媛ちゃんが相手 »