« お疲れさまでした | トップページ | ワタシ的備忘 »

2008/07/28

坪井とつボイ

まあ鹿島戦についてはさまざまな評価があるでしょうが、試合そのものについては書きません。ただ、ひとつとても嬉しいことがあったのでそのことについてのみ書いておこうと思います。
 

祝 坪井復活

川崎戦で感じた復調の兆しは気のせいではなかったんですね。
 

正直今季に入ってから精細を欠くプレイばかりで堤が使われるのもやむなしと思う一方で、坪井がこのまま終わってしまうなんて嫌だ、いや絶対坪井がつボイのままで終わるはずがないとずっと心に信じ続けてきました。

昨日のゲームではスカパー解説のヒロミが「好調時の坪井ならファールなしで止めてた」と言ったシーンが何度かあり、確かにその通りなのかもしれませんが、今季はファールで止めるどころか止められずにブチ抜かれることが多かったことからすれば格段の進歩だと思います。

つか、案外これは坪井が一皮剥ける転機なのかもしれませんよ。つまり、クリーンなだけでなく状況次第では危ない橋も渡ることのできる『つボイver2』の始まりなのです。

|

« お疲れさまでした | トップページ | ワタシ的備忘 »

コメント

そう思います。
イエローをもらわないクリーンなのが坪井のうりでしたが、逆にいえば激しくいかなかったということ。

>ヒロミが「好調時の坪井ならファールなしで止めてた」
鹿戦ではファールしてでも厳しくいって前を向かせなかったり、ユニ引張ったりとダークな坪井が見れて自分はうれしかったです。

『つボイver2』は堀之内よりもみてて安心します。

投稿: 赤TD | 2008/07/28 21:39

そうそう。特にカードもらった場面は結構ケロっとしてて新しい坪井を垣間見たように思ったので、今日のエントリになりました。

投稿: にゃんた2号 | 2008/07/28 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/41993691

この記事へのトラックバック一覧です: 坪井とつボイ:

« お疲れさまでした | トップページ | ワタシ的備忘 »