« 勝訴 | トップページ | 影の主役 »

2008/05/29

股旅

宇都宮徹壱氏の『股旅フットボール』という本を読みました。

J1、J2、JFLの下のカテゴリーである地域リーグで奮闘するいくつかのクラブを取材した内容で、去年優勝を逃した翌日に地元のスタジアムへ地域リーグ決勝大会を見に行ったのですが、そのときの様子がこの本の最後を飾っています。

別に宇都宮氏の知り合いでも何でもないですけど、非常に面白いです。

自分がいつも接しているのは日本サッカーのほんの一部分にしか過ぎないということをあらためて感じさせてくれます。
 

著者・宇都宮徹壱氏インタビュー(スポーツナビ)

|

« 勝訴 | トップページ | 影の主役 »

コメント

私も、この本読んで、とても面白いと思いました。

筆者同様に、日本のサッカーの現状を一番よく表しているのが今の地域リーグ(と、その決勝大会)だと思います。
サッカーに関心のある人に是非読んでもらいたいですね。

投稿: sat | 2008/05/29 20:05

おおワタシ以外にも読者がいらっしゃった。
まったくおっしゃる通りだと思います。前にも書きましたけど、宇都宮さんはとても良識ある(≒まともな)サッカーライターですよね。すべての人の文を読んだわけではないから「数少ない」とは言いませんけど。

投稿: にゃんた2号 | 2008/05/29 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/41360666

この記事へのトラックバック一覧です: 股旅:

« 勝訴 | トップページ | 影の主役 »