« 年末のご挨拶 | トップページ | 捲土重来の年 »

2008/01/01

謹賀新年2008

Akeome
 

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

|

« 年末のご挨拶 | トップページ | 捲土重来の年 »

コメント

 あけましておめでとうございます。
旧年はいろいろ荒らしてしまいました。
 本年もよろしくお願いします。

 今日はなぜかチケット持っていたので(涙)千駄ヶ谷へ向かいました。
 が、正月早々縁起が良い!
 入れなくて困っているジャパニーズ・カシマのフォーリナーに身振り手振りの末3000円で譲渡に成功!

 笹川良一宜しく一日一善したついでと言っては罰当たりですが、明治神宮で参拝して帰ってきました。ふぅ~。

  

投稿: 名無しの権兵衛 | 2008/01/01 21:08

あけましておめでとうございます。
すみません、天皇杯のない年末は旅に出ておりました、、、出遅れてしまいました(^^;
旧年中は、大変お世話になりました。
脱線コメントの多さでは、他のコメンテーターの皆さまの群を抜いていたと自負しておりますが、、、自慢してどないすんねん(爆)
この芸風でご迷惑様ですが、今年もお許しいただければということで、レス書かせていただきました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

追伸:今日のエントリ題名が同じなので、びっくりしました(笑)

投稿: nigoe@賀正 | 2008/01/02 00:10

>名無しの権兵衛さん
こちらこそ本年もよろしくお願いします。
>>ジャパニーズ・カシマのフォーリナーに身振り手振りの末
わははワロス
最近すっかり鹿国=外国呼ばわりが定着してきましたね。何かJのホームタウンで外国っぽさでは札幌以上な気がする。

>nigoeさん
こちらこそ本年もよろしくお願いします。
芸風に関しては全然問題ないっす、つかむしろ脱線コメント大歓迎だし。記事もそれを誘うような書き方してるしw
そちらのエントリから読み取れるアクティブな新春生活とは正反対な寝正月を送っているワタシです。

投稿: にゃんた2号 | 2008/01/02 00:27

旧年中は色々とお騒がせしました。
本年もどうぞよろしくお願いします。

元日から"なんちゃって"を全うしたワタクシ、
疲れておりますが、今年も頑張ります。

PS
「闘将 拉麺男」本日も、本人、ゲーフラとも頑張っておりました。
モトは点をとる役目のはずの闘将、上がってても得点の期待感がこれほどもてないのは何のトラウマでしょうか・・・・

投稿: えりぴょん | 2008/01/02 00:35

こちらこそ本年もよろしくお願いします。
なんちゃって乙&とはいえ残念でした。
モリツァは今までにないくらい(←ヲイ)応援してたのになぁ。も少し早めにパワープレイに入ればもうちょっと見所も作れたろうにと思いました。

投稿: にゃんた2号 | 2008/01/02 00:43

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は新年早々、国立であまり見たくないものも見てしまいました。
今年こそ、国内・海外タイトルすべて獲りに行きましょう!もちろんネタの方も豊富に(ry

投稿: えれ | 2008/01/02 01:54

新年明けたみたいですね。
何かあったらよろ。

で、エジあげたんだから誰かください。
ハピタンなら死ぬほど喰えるくらいは用意できますよ。

投稿: あおちん | 2008/01/02 02:34

あけましておめでとうございます。
寝正月しようとしたら滅茶苦茶な時間に目が覚めました。
規則正しい生活をするにはレッズが不可欠であることがよく分かりましたw
本年もよろしくお願いします。

投稿: sat | 2008/01/02 05:33

こちらこそ本年もよろしくお願いします。>みなさま

>えれさん
あれを生で見るのはキツい。我が家では試合終了の笛がなった瞬間チャンネル変えました、テレ玉に。

>あおちんさん
エジミウソンありがとうございます。大事にしますんで。ハピタン好きですけど、ウチのために頑張ってくれる選手の方が好きなのでダメw

>satさん
寝正月といいつつレッズ関連のイベント(番組とか)がないとひたすら怠惰一方になるのはワタシもわかりました。去年みたいに忙しすぎるのもちょっとですけど。

投稿: にゃんた2号 | 2008/01/02 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/17544160

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年2008:

« 年末のご挨拶 | トップページ | 捲土重来の年 »