« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/30

伝家の宝刀

さて明日はリーグ最終戦、対横浜FCです。

まあ昨日まではネガっていたわけですが、今さらこれ以上ネガってみてもどうなるわけでもないので、あえて精一杯ポジティブなネタでも拾ってみる。

浦和驚き!阿部“宝刀”が抜かれた(スポニチ)

『伝家の宝刀』を辞書で調べたら「家に代々伝わる大切な刀。転じて、いよいよという場合にのみ使用するもの。切り札。」とありました。今のウチの状況を鑑みると、これほど的確な表現はないでしょう。オジェックがシトンとポンテさんを一緒にやらせたのはきっと「おまいら、よく見とけよ。わかるよな。」ってことなんでしょうね。

何となくこれだけでいけそうな気になってきました。たとえ単純だと言われようと、サポが勝利を信じなくてどうすんですか。
 

ということで、ワタシは例によってお茶の間(←死語)で勝利の女神の行方を見守りますので、あとはよろしくお願いいたします。
 

頼むぞおまいら。
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/11/29

日本の原風景

唄は世につれ世は唄につれ、などと言いますが、日本にはいつの世も変わらずに普遍的な輝きを放つ唄があります。 唱歌。それは日本人の誰もが持つ原風景を鮮やかに描いてくれる風景画と言って過言ではないでしょう。

昨日そんな昔懐かしい風景を目にし、思わずこの唄を口ずさんでしまったのでした。
 

この道

北原赤秋作詞 山田タリ筰作曲

この道はいつか来た道
ああ そうだよ
バカ試合に腹がたってる

あの岡はいつか見た岡
ああ そうだよ
ほら ひどいスコアレスだよ

この道はいつか来た道
ああ そうだよ
ダメなさまを馬鹿と言ったよ

あの雲もいつか見た雲
ああ そうだよ
サポーターの頭
(こうべ)(た)れてる

 
やはり心に染みますねぇ。なお、原曲はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/28

寝正月決定

今年の正月はゆっくり過ごせるなぁ。

選手の皆さんも休みが長くなって良かったですね。

今年これだけの試合数をこなしてるんだから、皆さんいつJ2へ行っても大丈夫ですよ、ええ。 充分通用すると思います。
 

ただ、10位より下のチームで、だけどな。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007/11/27

混乱

さて明日は天皇杯愛媛戦です。

実際この時期にずれ込んだのはACLで優勝したからであって、それはそれで大変喜ばしく晴れがましいことではあるんだけど、肝心のリーグ戦の方が決まりそうで決まらない現状で全然気が休まらないうえに、12月半ばまでずっと公式戦の日程がめちゃくちゃ過密なので、天皇杯はもう捨ててもいいんじゃないかというふうに思おうとしたところで、やっぱり負けるのは絶対嫌だからそんな簡単には割り切れず、もうこうなったら全部獲るつもりで明日もベストメンバーしかないなと思っても、万が一延長まで行ったらどうしようとか弱気の虫が顔を出したので、なんとかポジティブになろうととりあえず去年の天皇杯決勝と今年の開幕戦のDVDを見ることを決意したワタシです。

と、ワタシ以外にもレッズサポが同じように混乱しているであろう陰で・・・

続きを読む "混乱"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/11/26

どこへ行く

すいません、またあのチームのネタ、それも今回のは結構深刻です。興味のない方は読み飛ばしてください。
 

続きを読む "どこへ行く"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/11/25

容赦ない

京都、劇的弾で3位以内確定…J2第51節(報知)

盟友の夢を打ち砕くロスタイム同点弾を決めたのはなんと、どちらかといえば守備が得意なあの男、元レッズにしてしかも元仙台の石井俊也でした。

調べたらJ1ではレッズ時代の2得点だけ、J2に至ってはなんとノーゴール。そんな男のJ2初ゴールがこんな因縁だらけのゲームで決まるなんてサッカーの神様はホント容赦ありませんな。
 

容赦ないといえば、札幌が今節ずっと守ってきた首位から滑り落ち、最悪入れ替え戦に回る可能性まで出てきてしまいました。

1位 東京V 勝ち点88 得失差33
2位 札幌  勝ち点88 得失差20
3位 京都  勝ち点85 得失差21
 

勝てば全然問題ないけど負けると結構ヤバい?

コンササポよ、落ち着け。勝てばいいんだよ。
 

他人のこと言ってる場合じゃないけどな・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

起きた

おはようございます。

やっぱり土スペは面白かった。さすがテレ東、旅番組に関しては他局を遥かに凌いでますねぇ。ごく一部で人気沸騰中の倉石秀子さんも出てたし。見て良かった。

それはともかく。
 

一晩寝てゆっくり考えたんですが、昨日の試合を総括するといろいろなプレイ以外の部分も含めて鹿島の気迫の方がウチのそれを少し上回っていたのかな、と。
もちろんウチの選手やサポに気迫がなかったというわけではありません。ただ、勝つしかない鹿島、負けても自力優勝の目が残るウチ、置かれた状況を考えればどちらが気合を入れ易いかは明白なわけで、鹿島がその気合をうまく活かせたのに対し、ウチはその余裕をうまく活かせなかった、まあそういうことだと思います。

自戒を込めて言うと、

あと1つまで来たからって優勝した気になっちゃいけませんわな。

相手が10人になったからって勝った気になっちゃいけませんわな。

同じように、J2降格の決まっているチームが最終戦の相手だからって今から勝った気になってちゃいけません。試合終了の笛が鳴るまでは何も決まりゃしないのですから。

いずれにしろ最後の1週間、切り替えてまいりましょう。
 

それはそうと、船山のは気迫でもなんでもないからな。
いいから早く生徒指導室まで来い。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/11/24

寝る

とりあえず今日のところは、

土曜スペシャル『秋の絶景を訪ねて 紅葉・名湯自慢の宿』

を見て寝ます。
 

あ、忘れないうちにひとつだけ言っておく。

船山とかいう者はあとで生徒指導室まで来るように。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/11/23

ただひたすら勝利のために

さて明日は鹿島戦です。

この決戦を前にいろいろ考えてみました。

リーグの直近3試合、やれ誰が出場停止だの、相手のモチベーションがどうだの、誰かの怪我の状況がこうだからいつまでに間に合うだの、ガンバがどうだ鹿島がどうだなどと、少しばかり雑念が多かったんじゃないのかな、と。

翻って、ACL準決勝、決勝はどうだったか。

相手の情報が乏しい中、レッズの選手の足が一歩でも先に出るよう、相手に少しでもプレッシャーを与えられるよう必死で声を出し、相手のシュートが失敗するように、そしてオウンゴールであろうがPKであろうが何でもいいからレッズが得点を挙げられるように祈りました。ただひたすら純粋にレッズの勝利だけを願い続けた120分であり90分でした。

もちろんこれはワタシ個人の問題であり、いや俺は全然そんなことはなかったよとおっしゃる方も多いでしょう。

しかし少なくとも言えるのは、明日の試合に必要なサポートは恐らくは後者であろうということです。相手がどこであろうが目の前の試合に全力で臨む、これっていつも選手が言っている言葉ではないですか!

つまり、

明日は『鹿島を見返すための試合』ではありません。

『勝ってリーグ連覇を決めるための試合』なのです。

ただひたすらレッズの勝利だけのために皆で戦い、闘莉王の言う『もうひとつの星』を絶対に勝ち獲りましょう。
 

では皆さん、明日埼スタでお会いしましょう。

Act_banner_black

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/22

和み

決戦の日が近づきレッズサポの皆様におかれましては徐々にテンパりつつある今日この頃だと存じますがいかがお過ごしでしょうか。こういう時こそ、和み映像でも見てリラックスしましょう。

本田征治 (゚Д゚)ゴルァ!! (YouTube) 特に2点目に注目

J2前々節、湘南vs草津戦でのちょっとしたひとコマでした。

一応本田選手の名誉のためフォローすると、今のところ今季リーグ戦は全試合にフルタイム出場し草津不動の守護神に君臨しています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/11/21

オリンピック最終予選 サウジ戦

まずは予選突破おめ。

で、贔屓目が入るのは当然とは思うけどそれにしても、

萌、素晴らしかった。

無失点は青山敏とともにボランチの頑張りがあってこそだと思います。灯台元は暗いと言いますが、身近にこんないい選手がいるということをあらためて実感しました。

来季はオリンピック代表とチーム、両方のレギュラーを獲れるよう頑張れはじめちゃん!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

わかりにくいたとえ話

啓太 エリカ様になっちゃった?(スポニチ)

このたとえ話がワタシには全然わかんないんですけど・・・。

つまり、ワタシにもわかるように言い換えると、この人みたいだってことでよろしいか?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/11/20

再出発

オジェック氏が次期日本代表監督に内定(日刊)

オジェックならナショナルチームの監督経験もあるし、日本と世界の両方を知っているし、割合冷静だし、状況に応じた対応ができるし(除ゲーム中)、ベストとは言わないけど、無難な選択ではあると思います。

ウチの後任に関しても、影の監督、俺たちのゲルト・エンゲルスがいるから大きな問題はないわけだし、さほど大きな障害はありませんよ、ええ。 チームとしては再出発になるけど、いいんじゃないでしょうか。

続きを読む "再出発"

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2007/11/19

大刷新

東京大刷新 土肥&福西戦力外(トーチュウ)

あらら、今シーズン当初には「阿部より即効性ある」とまで言ってた選手を早くも戦力外ですか。

まあいいや。どっちにしろ福西は年齢的にもまだできるでしょうからどっかが獲るでしょう。個人的には愛媛(出身地)へ行ったりすると結構見直すんですが、現実問題、年俸の問題があるから落ち着くところへ落ち着くんでしょうけどね。

ということで名古屋と大宮はがんばれ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/11/18

何かにつけて

優勝の条件は他のところでさんざガイシュツだと思いますので皆さんもうおわかりですよね? マジック対象チームが複数あるとわかりにくいので、わかりやすくしてくれた多摩方面にあらためてお礼申し上げます。とりあえずルーカスのことは今後師匠とは呼びません。

それにしても、ホーム最終戦、勝てば優勝、相手が鹿島、とは、なんでいちいち何かにつけてドラマチックな状況ばっかりを用意してくれるんですかね、このチームは!

名古屋戦、川崎戦、そして今日。3試合連続でコツコツ積み上げた勝ち点1、そのどれか1つでもなかったらこの状況にはなってないんです。やっぱり負けないことは重要ですね。
 

ひさびさの1週間のインターバルです。とりあえず、各自この時間を有効に使うように(←偉そう)。

選手はコンディションをMAXに。

怪我人は治療に集中。

ヴィジュアルの中の人は案をじっくり。

そしてサポは喉の調子をMAXに。
 

のど飴6万人分
 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/11/17

約束は守ろう

さて明日は清水戦です。

もうすっかり忘れてる方も多いと思いますが、明日はこれを実践しなければならない重要なゲームなのです。一度クラブがオフィシャルに表明した以上、絶対に守らねばならない約束です。埼スタにいらっしゃる清水サポーターの安全と快適を最優先で考えなければなりません。

ということで、
 

浦和美園駅から埼スタまでの通路(約1.2km)の段階でホーム、ビジターの区分けを行い、ビジターサポーター専用の通路を設けます。

周りには湿地が多いけどな。
 

お約束通りスタジアムコンコースにビジターサポーター専用エリアを設定致します。

トイレはないけどな。
 

ビジターエリアで快適に過ごしていただくため埼スタカレーを安価で販売致します。

皿とスプーンは別売、1食分3000円だけどな。
 

ということで清水サポーターの皆様におかれましてはどうぞ安心して埼スタへおいでください。浦和レッズ一同、心よりお待ち申し上げております。

続きを読む "約束は守ろう"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/11/16

秀樹

先日、日本四大秀樹のうちの1人に接近遭遇しました。

Maeda


まったく気取りがなく要するにただのオッサンなんですが、そこは日本有数の秀樹だけに経歴が凄い。現役時代は国際Aマッチ65試合11得点を数える日本代表キャプテンだったうえ、指導者としても日本代表の中心にして先日アジアチャンピオンにもなった選手を2人育てているそうです。

日本サッカーを語るうえでは欠かせない代表的な秀樹の1人と言って過言ではありません。
 

あ、他の3人は覚えてますよね? 忘れた方のために復習

| | コメント (8) | トラックバック (0)

がんばれ

オシム監督 急性脳こうそくで倒れる(スポニチ)

おじいちゃんがんばれ。

11/18 AM9:00記
UGさんから回復祈念バナーを頂き左サイドバーへ置きました。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2007/11/15

道のり

昨日、試合終了の笛が鳴ったとき、永井、岡野、内舘がピッチ上にいて、しかもそのうちの永井がMVPを獲り、表彰式には山田と伸二も歓喜の輪の中に加わりました。彼らはすべて低迷期を共にJ2を戦った選手たちです。

そして優勝トロフィを掲げた啓太もまた、2000年にレッズに入団した選手なのでした。

1999年11月27日。ちょっとカッコつけて言うと、あの日の駒場がワタシのサポとしての原点だと思っています。ワタシにとって浦和レッズが特別な存在になったのはあの日からだと言って過言ではありません。

あれから8年。長いような短いような道のりでしたけど、とにかく少しずつ昇ってなんとかこの場所までたどり着きました。たとえこの場所に来たいと思ったとしてもそう簡単には来れない場所ですから、きっとワタシはとても幸運で幸福なのでしょう。



マリッチが残したあの言葉。

「目標や夢は願い続けていれば必ずかなう。」

幸せなことにそれを実証することができました。ちょっと尊大に聞こえたら申し訳ないのですが、たとえ今はいろいろチームに対し不満や不安があったとしてもいつか報われる日が必ずやってくる、昨日の結果によってそういう希望を少しでも他チームのサポの皆様に持って頂けたのならそれは大変嬉しいことです。

え、そんな単純なわけないじゃないかですって?

そうかもしれません。でもワタシだって8年前はそう思っていましたよ。



あと、この優勝はワタシたち浦和レッズ単独の力では到底成し遂げられなかった、そのことに間違いはありません。

よって最後に、アジアでの戦いに道筋をつけてくれたジュビロ磐田、横浜Fマリノスを始めとする偉大なる先人たち、ACLのスカウティングにご協力頂いたガンバ大阪、川崎フロンターレの皆さん、様々なサポートを頂いた協会・Jリーグ各位、そして、ワタシたち浦和レッズにご声援を頂いたすべての人たちへ・・・

本当にありがとう。



ということで明日からはまた通常モード(←って何だよ)に戻ります。

優勝したらセパハンを応援していた一部の人たちのことをネタにしようと思ってたけど、いざそうなってみるとそういう小さいことは本当にどうでもよく思えてきたので書きません。ご期待(?)されてた方もいるかもしれませんが悪しからずご了承ください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

またまた新聞に埋もれる朝

朝起きて昨日優勝したのはアジアチャンピオンリーグではなくて本当はアジアチャンポンリーグで優勝したのは実は浦和紅宝石飯店だったらどうしようと思ったけどTVとか見てあらためてそうじゃないのを確認してちょっとほっとしているにゃんた2号です皆さんごきげんよう(←朝から浮かれぎみ)。

もちろん今朝は通勤途中にコンビニへ寄ってきました。

Acl_newspaper

勢い余って、トーチュウとデイリーまで買っちゃいましたが、前にここに宣言した通りちゃんと日刊氏ねは買いませんでしたよ。

でもレッズサポの皆さん、今日はちゃんと仕事しましょうね(←おめーのことだ)。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/11/14

夢、かなう

我らは勝ち取ったり
 

アジアチャンピオン!
 

いろいろな想いはありますが、とりあえず今日のところは喜びにゆっくり浸りたいと思います。

なお喜びやお祝いの記帳は↓こちら(コメント欄)にお願い致します。他サポの方もお気軽にどうぞ。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007/11/13

さて明日はACL決勝第2戦セパハン戦です。

いよいよここまで来ました。泣いても笑っても明日で決まります。

もちろん、ここが終わりではありません。明日の結果がどうであろうと浦和レッズはこれからも変わらず続いていくし、なんだかんだ言いながらサポはずっと応援を続けるだろうし、そしてワタシも相変わらずバカなネタをここに書き続けることでしょう。

でも、少なくとも言えるのは、明日は必ずワタシたち浦和レッズの歴史に残る日になるということです。どうせ歴史に残るならばこの上なく素晴らしい日にしましょうよ・・・。
 

戦おう。

Maric

絶対に諦めなければ必ずかなうはずの夢を勝ち取るために。

なおコメントはこちらへお願いします → 理由
 

(11月14日15:00追記)
ココログメンテ終わりましたのでコメント入れられます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/11/12

富山発 結論

JFL新チームは「カターレ富山」(スポニチ)

マジっすか?

ほぼこのセンスのまんまじゃん。まさか本当にそうなるとは、さすが富山はあなどれん・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

赤いチームが来た

ロッソ熊本のJ2昇格がほぼ決まったようです(リーグ承認前提)。

ご当人たちがこんなトコを見てるかは甚だ怪しいけど、一応ご挨拶。

チーム関係者及びサポーターの皆さん、おめでとうございます。そしてよろしくお願いします。同じJチームにかかわる仲間として一緒にJリーグを盛り上げていきましょう。

をチーム名に謳うクラブの前途に幸多かれ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/11

ポジティブシンキング再び

まあ最低限の結果は手にしたし、置かれた状況を勘案すれば選手たちはよく頑張ったと思うし、よろしいんじゃないでしょうか。勝ち点が取れたことをポジティブに捉えるべきです。

あれが良くない。あれがヤバい。こうなったらどうしよう。こういう可能性もあるな。

勝てなかったとネガティブに捉えついつい弱気の虫が首をもたげがちですが、いろいろ考えてもしょうがありません。すべての物事はなるようにしかならないのだから。

ここまで来たらもう腹をくくるしかないのです。

運を天に任せしっかりとした気持ちでホーム3連戦に臨みましょう。
 

などとちょい宗教じみた話だけで2日連続オチなしで終わるのも、ウチの芸風に合わないので・・・。

続きを読む "ポジティブシンキング再び"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/11/10

タフ

さて明日は川崎戦です。

優勝争いをするってのはこういうもんか。

あらためてそう感じ入ってしまうほどいろいろな雑音が耳に入ってきますが、そういうことをいちいち気にするのはすべて追う立場の人たちに任せてワタシたちは目の前の戦いに集中してまいりましょう。

この3連戦はレッズ史上最も重要で、そして恐らく最もタフな1週間になるでしょうから。

申し訳ありませんがオチはありません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

はしれ〜は〜し〜れ〜

はしれ〜は〜し〜れ〜

のどかな雰囲気のスタジアム。でも雨降ってきた。
 

22時30分追記

リアル大将が決勝ゴールを決め、初めて生で水戸の勝ち試合を見ることができました。試合後選手や前田監督に接近遭遇することができましたが、それはまたの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/09

生中継

浦和のACL決勝第2戦地上波で生中継(日刊)

チケットが取れずBSデジタルも見れない人が相当いると思われるし、記事内の編成部長のコメントも至極真っ当で、レギュラー番組を変更してまで地上波生中継を決断したテレ朝に対しありがとうと言うにやぶさかではないのだけれど、イマイチ素直にそう言えない気持ちの自分がいる・・・。

もしかしたらこれはアレですか。

実況◆澤というオチの壮大なネタですか?
 

もちろんセノレジオ、木公木のダブル解説でね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007/11/08

俺たちの誇り

“弾丸サポーター”の帰国遅れる (スポニチ)

ありゃりゃ、トラブルなしというわけにはいかなかったみたいですね。

でもこの程度で良かったとも言えるわけで、いずれにしろ来週埼スタに帰るまでが決勝戦ですから、残りの行程も無事に帰ってきてください。

皆さんもまた『俺たちの誇り』なのですから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/07

埼スタへ

実は見れてないんですけど、内容的には相当ヤバいゲームだったようですね。でも終わってみれば、ほ~ら今回もやっぱり負けてない(しかもアウェイゴール付き)。

相手はきっと「勝てた試合だった。」そう思っていることでしょうが、たぶん今シーズン対戦した相手のほとんどがそう思ったはず。つまり、今回のゲームは実は典型的なウチのペースだった、ということでよろしいですね?

で、結局埼スタで雌雄を決することになったわけですが・・・
 

まかせなさい。
 

あと、現地組の皆様お疲れ様でした。どうか何事もなくお帰りください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/11/06

苦しいときの

さて明日はACL決勝第1戦セパハン戦です。

望みはただひとつ。とにかく少しでもいい状況で埼スタへ帰ってきてください。あと前にも書いたけど、現地組の皆様がトラブルに巻き込まれませんよう。

あまり普段は信心深くないワタシですが祈らずにはいられません。どうか守り神よ、ワタシたち浦和レッズをお守りください

(-人-)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

詭弁

胸の「白岳」は消えるのか(朝日新聞)

このコラムは、つい先日大反響を呼んだ『そんな12番目の選手なら』を書いた原田記者によるものです。あっちはいろいろ考えさせられる点もありましたが、今回のは大変共感を持って読みました。

決まりだからダメだよ、ということ自体に異論はありません。『悪法も法』と言いますから。ただ、ちょっと変だなと思うのは、このコラムにもある通り、昔とあるビールの銘柄名を胸に出していたチームがありましたからねぇ。

それに試合のTV中継に映ってまずいとか言ってますけど、すべてのJの試合で最も頻繁に映るバック側の広告看板に、自粛業種であるはずの『遊技場』関連の企業名がデカデカと出てますけど。

そもそも日本代表の最大のスポンサー企業、あそこを『清涼飲料水の会社だ』というのは詭弁にしか聞こえないんですが。

こういう茶番は、(広告効果という見返りはあるにしろ)Jの理念に共感してくれる企業に対し失礼だと感じます。地元の特産品のメーカーなんて地域密着を謳うJチームにうってつけのスポンサーだと思うけどなぁ。

ということで高橋酒造様にご提案。

広告代理店をDとかHとかに変えればいいじゃないかな?

もちろんそんな会社に無駄金を払うくらいならロッソへの支援に回して頂いた方がずっと有意義だとは思いますけれど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/11/05

救世主

準備は順調のようです。

ところで、この記事を見てふと気付いたことがあります。

>>終了間際には主力組がネネのゴールで1-0の勝利を飾った。

怪我が多いくせに、苦しくなったときに必ず現れ飄々としたプレイでチームの窮地を救う。
事実、今まで所属した外国籍選手のうち在籍期間中に獲ったタイトルの数が一番多い。
シトン、ポンテら個性の強い同僚も一目置くほどの存在。

もしかしたらネネたんってすごい選手?

根拠はないが、なんか水曜のゲームで大活躍しそうな気がする。そして闘莉王が復帰するとまた怪我で離脱するような気がする。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/11/04

面白い

やはりサッカーは、選手が必死であればあるほど見てて面白いですね。例えば昨日のナビスコ決勝とか先日のACL準決勝とか、選手の必死な気持ちが顔に出ていてとてもいい試合だと思いました。

そして今日TVで見た試合もとっても面白かったですよ。なんせ選手の顔がものすごーく必死なんですもん、清水の選手の顔が・・・。
 

清水 3-3 明治大学
   (PK5-4)

2年連続で面白い試合が見れて日本平スタジアムに集まった人たちがうらやましいです。ワタシも今朝まで同じ静岡県内にいたんですが、見に行けば良かったなぁ。
 

あと、千葉の選手は2年連続で自費観戦乙。でも今年は相手がJ1で良かっ(ry

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/11/03

プライオリティ

アウェイ舟で行くんならそろそろ出発しないと。

なんてふざけたネタを考えてたら、おなじみのTさんからメールが届きました。

それによると、共通の知り合いのサポ仲間が4人ほどイランへ渡るとのこと。で、そのうちの1人が明日出発らしいので、今日あった他のイベントは一切無視してあえて今日書いておくことにしました。
 

つ魂

どうか奴らをよろしく頼みます。
 

ただ、ひとつだけ言っておきますけど、最優先すべきは皆さんの身の安全で、その次が勝ち点ですよ。それだけは忘れずにお気をつけて帰ってきてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

お約束

Gamba_nabi

ガンバ大阪、ナビスコカップ優勝おめでとう(棒読み)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/11/02

ヴァン君

結構かわいいじゃねーか。

でもヴァン君の本名が名古屋章であることは当ブログの中だけの秘密ね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/11/01

こっちも準備万端

最近すっかりネタの傾向を読まれている拙ブログでありますが、そんな中あえて皆様の予想通り今日のネタはこれ。

スッキリ勝つ!浦和おまる持参遠征(スポニチ)

殊勝負の世界においては、ウンも実力のうちと言いますからねぇ。
 

大変失礼しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »