« 新しいスポーツ | トップページ | 克己 »

2007/09/28

サッカーをする機械

またメガネのおじさんが何か言ってる。

川崎F関塚監督が「犬飼発言」に反論(日刊氏ね)

でも今回ばかりはメガネ、いや関塚監督や川崎関係者に同情を禁じ得ません。彼らは理由もなしに今回のことを行ったわけではないし、ましてやその理由が充分納得できるほど尋常でないスケジュールなのですから。

確かに協会としては、スポンサーの手前、メンバー落ちを見過ごすことができないのかもしれません。でも、協会の言い分には重要な何かが欠落しているような気がしてならないのです。

選手は機械ではありません。人間です。

「金を出したからには目一杯稼働してもらう」という態度は協会のエゴにしか感じません。選手に無理をさせて選手生命を脅かす方が、よほど『サポーターを裏切る』行為だと思いますが。

|

« 新しいスポーツ | トップページ | 克己 »

コメント

なかなか解釈が難しい問題ではありますね。

・決して安価でないチャーター便費用を出した側の言い分もわかる。
・過密日程を切り抜けるための苦肉の策を講じた側の言い分もわかる。
・Jの計らいを受けるなら、柏戦での惨敗は避けるべきだった。ハナから試合を捨てた態度も問題。応援に行ったサポの心情を汲むべし。
・過密日程が慢性化している欧州の選手は、どのようにこんな事態を切り抜けているのか。
・オールスターや代表等の(花)試合日程の組み方にも問題あり

などなど、多くの問題点が浮かび上がります。
が、私が一番知りたいのは、

・犬飼さんの言ったセリフ全文

ですね。前後の脈絡無く抜粋している記事が非常に誘導的に見えます。
あとは、川崎も少しは大人になったほうがいいと思います。こういう事態を切り抜けるためのクラブづくりを構築すべきかと。成長するいいきっかけになると思いますが。

たまには、マジレスいいでつか?(笑)

投稿: nigoe | 2007/09/28 23:56

>>たまには、マジレスいいでつか?
もちろんw

ワタシが最も歯がゆく感じてるのは5番目の日程の面なんです。スポンサー様の顔を立てる必要性はもちろんわかりますし、諸々の制約を前提に日程を組む苦労もわかる。でも、結果としてエブリバディハッピーな日程には絶対にならないわけです。

それであれば協会側も片目をつぶって見て見ぬふりをする、あるいは型通りの注意に留めるとかの
オトナの対応をすればクラブだって空気を読むと思うのですよ。

なのに今回はそうではなかった、というか、もしかしたら協会はそうするつもりだったのかもしれませんが結果そうはならなかった。いずれにしろ火のないところに煙を立てようとするマスコミにこういう報道をされてしまったのは協会側が少し迂闊な気がします。

それから、
>>過密日程が慢性化している欧州の選手は、どのようにこんな事態を切り抜けているのか。
これについて最近読んだ本の請け売りで言うと、どうやらチャンピオンズリーグに毎年出るようなビッグクラブはいわゆるターンオーバー制を前提にチームを編成するようです。簡単に言えば、2チーム分+αの戦力を予め確保しておくということですね。
そういう意味ではウチが国内では最も『ビッククラブ』に近く、そして川崎は、もっと大人になったほうがいいと言うよりは、もっと金持ちになったほうがいいと言うべきかもしれません。

投稿: にゃんた2号 | 2007/09/29 00:26

Jリーグの価値という面から言って、犬飼氏は言わなければならなかったんだろうと思います。あれがJリーグの優勝争いで直接対決でも同じことやってたんかな、と俺でも疑問に思いますし。

おっしゃるように発言全部を聞かないと真意を慮ることも出来ませんけれど。

投稿: kmaeda | 2007/09/29 01:03

犬飼発言の全文、、、確かに興味がありますね。
なんでも、セパハン戦の前の等々力に乗り込んで、
大学蹴球部の後輩である川崎の社長を怒鳴りつけた、
となっていますが・・・・

日立台の川崎、
決してACLでやけっぱちになってゲームを捨てている、
ようにはワタシには見えませんでしたが・・・・
前半は何とか耐え抜いてましたし、
まぁ、普段トップのゲームに出てない選手では、
90分は持ちこたえられなかった、という面はもちろんあろうかと存じますが・・・

イスファハンにまで行き、もちろん日立台にも参戦されたフロンタサポ、
あの日のコンディションの中で少しでも動ける選手を起用したことに対して、
どなたも文句を言っておられないようですよ。

この件をきっかけに、世紀のくそルール、
"ベストメンバー規定"の見直しを呼びかける署名をするか?
という話があるやに聞きます。
この件だったら、喜んで協力するなぁ。。。。

投稿: えりぴょん | 2007/09/29 01:22

>>世紀のくそルール、"ベストメンバー規定"の見直し
そうそう、そうですよ!
これがある限り、レッズだってターンオーバー制は不可能ですから。ナビ杯での新人発掘の妨げにもなってますし。

>>ACLでやけっぱちになってゲームを捨てている、
すみません、ちょっと言葉不足でした。
「(川崎が)ハナから試合を捨てた態度」という印象を最も受けたのが、たぶん柏の選手でしょうね。主力をベンチにすら置かなかったことも印象を悪くしたのかも知れません(レッズはまだそこまで大胆にしてませんし)。
しかし、結果は覚悟していても、無様な負け試合を目の前で見せられるというのは、サポとしては何とも複雑な心境(=わかっているけど腹が立つ)になるのは正直なところでしょうね。

>>もっと金持ちになったほうがいいと言うべき
うちのPC、十年以上も川崎親会社製を買ってるんですが・・・プロバイダも言わずもがなでして(^^;
このくらいじゃ儲かりませんかね?(爆)。

投稿: nigoe | 2007/09/29 01:56

他のブログを見ていても、犬飼発言がかなり否定的に受け取られているようですが、私はそうは思いません。

皆さん基本的にシーズンを通して観戦されることを当然の前提にしてますが、あの川崎vs柏戦を初めて見に行った観客は同じように考えるでしょうか。

「地球滅亡?」などのフレーズに興味を持って初めてJを観戦しに行ったら、ワンサイドゲームの結果。もう一度観戦したい、と思うでしょうか(御神輿のおかげで思うかもしれませんがw)。川崎の出場選手も懸命に頑張っていた、とおっしゃるかもしれませんが、もし、ベストメンバーで試合をしていたら、より多くの人を今後も引きつけることができたのではないでしょうか。

川崎サポーターのブログでは「サポーターは誰も不満には思わない」との発言もあるようです。しかし、フルシーズン観戦する人たちが不満に思わなかったとしてそれで良いのでしょうか。
酷な言い方であることを承知で言いますが、もし、川崎が多くの観客を集め、収入の豊かなクラブであれば、もっと多くの戦力を確保できて、このような事態にはならなかったわけでしょうが、クラブやサポーターはACL出場に向けて、そういった基礎的な部分で、これまでどのような対策を立ててきたのでしょうか。

日本のプロスポーツ界においては「黒い霧事件」という、ぬぐい去ることのできない汚点が存在します。そんななかで、わずかでも「敗退行為」と取られかねない行為(当事者にその意図があるか否かとは別です。他者が見てそういう印象を抱きかねない行為のことです。)について、問題視することは、むしろ当然だと思うのですが。

私は犬飼氏の言動を支持しますし、ベストメンバー規定についても、今の日本のJの現状からは必要であると思います。

柄にもないコメントを上げてしまいました。
表現に適切でない部分があるかもしれません。
もし、そうお考えの方が多ければ、ぜひ削除してください。

投稿: sat | 2007/09/29 06:59

もちろん私は「選手が機械」だなどと微塵も思っていませんし、それは犬飼氏も同じだと思います。

投稿: sat | 2007/09/29 07:59

アンチどもは犬飼だからレッズに勝たせたんだろ?っとわけワケメちゃん的なことを言ってるみたいですね。

犬飼さんも川淵のブラックホールに飲み飲まれちゃったんですかね?

投稿: 赤TD | 2007/09/29 11:39

おおウチの芸風に似合わぬマジレスが並んでワタシびっくりw

satさんのコメント中にある『黒い霧事件』。確かにすべてをなあなあにしてしまえば究極の到達点がそういう所になるわけで、いろいろ考えさせられるものがありますねぇ。
失意のまま亡くなった(名誉回復されたのは亡くなる直前だったかも)池永氏のような人を二度と出してはなりません。

ということで、各自のご意見には(ワタシのも含めて)合致するところ対立するところが多々あるようです。でも皆さんのコメントが、少なくともリーグ全体の隆盛が根底にあるのは間違いありませんね。ウチをご覧頂いているのがそういう方ばかりで何だか誇らしい気分になりました。


と、たまにはブログ主らしくまとめてみるw


とは言ってもこれで終了~ってわけじゃないので、この下↓もコメントどうぞ。

投稿: にゃんた2号 | 2007/09/29 12:02

ここで関塚が開き直って
残りの試合を全て柏戦のメンバーで乗り切ったら
たいしたもんだと思うがなにせ川崎だから・・・

投稿: あおちん | 2007/09/29 12:51

あおちんさん、ナ~イス!!!!
リーグ戦ほぼ柏戦メンバー、
カップ戦(奴らにはナビスコある)ほぼACLメンバー、
ってどうなんですかね?いや、それ見てみたいわ。


水曜日の川崎のゲームをちら見しましたが、
あのメンバー(≒イスファハンのセパハン戦メンバー、1本目マイナス3日分)で柏とやってたら、、、
結果もっと点差がついてた可能性もあるんでは。

satさんのおっしゃるように、楽しそうな日立台にACLも闘う川崎を見に行く、
という新し目のサポの方にとっては、がっかりするメンバーだったかも知れません。

それって、欧州組のビッグネームがいないので、代表のチケットが売れなくて人入んね、
って問題視してる代表戦と同じ、と言ったら言いすぎですか?

各クラブは魅力的なコンテンツを提供して、お客さんを集める努力をしなきゃならないので、
代表の胴元、JFA&電通と一緒にしたらいけませんかね。


・・・これを適用したら、レッズは常に小野伸二をスタメンで使い続けろ、って話になりかねません・・・・・

あの日程を闘う選手を見てその日のコンディションでメンバーを決めたんだ、とのたまう関塚監督を"好き嫌いは別にして"信じるしかない、って思うことにしておきます。

投稿: えりぴょん | 2007/09/29 14:50

いつも楽しく拝見させていただいております。

我が家の対岸の川崎Fの資金や準備が不足しているとの掲載がありましたが、
準備不足の川崎FにACL参加をさせてしまったのは、最終戦で2位のBIGクラブを破ってしまったチームの責任では?
この場合、無理な課題を与えてしまった浦和は、川崎を援護すべきでは?(今回に限ってですが)

川崎Fは良いチームですよ。ホーム開催時、ホーム自由の席でアウェーチームを応援しても、喜んで迎え入れて、場所まで用意してくれるので。

雑文ですみません。

投稿: 赤等々 | 2007/09/29 22:57

>あおちんさん
うんそれやったら関塚ちょっと見直すな。あ、そんなことより明日はヨロ。

>えりぴょんさん
>>各クラブは魅力的なコンテンツを提供して、お客さんを集める努力をしなきゃならない
やっぱそれが真理だと思いますよ。結局何事もオウンリスクで。協会とかリーグとの軋轢も含めてねw

>赤等々さん
コメントありがとうございます。
まあそこらへんは強豪チームの宿命ってことで。因みに咋シーズンブンデスで優勝したシュトゥットガルトは、ターンオーバーできる戦力を用意できなくてチャンピオンズリーグとブンデスの共倒れが危惧されているそうです(これも本の請け売り)。
そういうことを繰り返してビッグクラブへの道を着々と昇っていくんでしょう。

投稿: にゃんた2号 | 2007/09/29 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/16598082

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーをする機械:

» 威信を掛けた戦いなんだよ! [うわの空で書いてみる]
ACL準決勝進出にホット胸をなでおろした後に読んだこの記事 川崎Fが準決想定の中東視察情報を浦和へ そう、やっぱり多かれ少なかれ?国の威信を背負ってるのだと、ちょっと胸が熱くなります。 その一方で、この記事 川崎F関塚監督が「犬飼発言」に反論 ...... [続きを読む]

受信: 2007/09/29 02:14

« 新しいスポーツ | トップページ | 克己 »