« 完敗に乾杯 | トップページ | 亜細亜カップ 越南戦 »

2007/07/15

そんな「12番目」の選手なら

先日このような記事を目にして、いろいろ考えさせられるような気がしていましたが、師匠がオモシロそうなことをやっているのを見て、難しいことは考えないでワタシもやってみることにしました。
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■そんな「4匹目のレツゴー3匹」なら

仮にあなたが、無類の映画ファンだとする。地元の映画館で「話題作」と言われる作品を勇んで見に行ったが、全くの期待はずれだったとしよう。

「あれは観ない方がいい」とあなたは友人にぼやくかもしれないし、酷評をブログにつづる手もある。その監督の作品を、今後は敬遠するかもしれない。

この程度の「批判」や「反抗」なら、よくある話だ。けれど、映画の場合、「原作者出てこい」とか「あの監督、俳優は業界から去れ」、「金返せ」などという“いいがかり”のレベルにまで、反抗がエスカレートすることはまずない。

大人1枚1800円のチケット代を払った作品が、たとえつまらなかったとしても、見たいと思ったのはあなた自身だ。懲りたなら、もう劇場に足を運ばなければいい。

映画を芸人に置き換えてみる。お金を払って見に行く、という商売と割り切れば、私は芸人も同じだと思う。

目と耳をこらして見た芸人のコントや漫才が、ひどい内容でつまらなくて腹が立っても、それは予想しうる結果だ。芸の質や笑いの内容はともあれ、それをあなたは好んで見に行ったのだ。

しかし近頃、小屋の客席で目にするのは、一部の度を過ぎたファンの言動や行動だ。

コントや漫才がつまらないと、平気で客席に1時間でも2時間でも居座る。「責任者出てこい」(by人生幸朗)「訴えてやる」(byダチョウ倶楽部)などと怒鳴り散らす。

クルマを取り囲み、帰るのを妨害したファンも、これまで担当してきた複数の小屋で見てきた。

言わずもがなだが、客席の強烈な笑い声は、芸人に力を与える。遠方の小屋にも自費を投じて夜行バスで出かける熱心なファンには本当に頭が下がる。

しかし、芸人の「つるし上げ」を生き甲斐にしているような、はき違えたファンも実際にはいる。頭を下げさせ、「どうだ、オレが言ってやった」とばかり、いい気になっている。

それは、芸人への「愛の裏返し」とは、とうてい思えず、模範的な笑いを繰り広げたファンの質も下げる。

開演中に客席でおもしろいと誉めるも、つまらないと怒るのも勝手だ。しかし、最後の「ええがげんにしなさ~い」を聞いた時点で、払った小屋の代金の対価は本来、完結し、精算されるべきだ。

私が今季、担当する漫才コンビ「横山海地獄・山地獄」は7月8日、同市内で約300人を集めたファンへのカンファレンスを開いた。

6月30日、新しいギャグですべった後、怒って居残った約1000人のファンにマネジャーが「改めて、ギャグの方針を説明する」と約束して実現した。上半期を爆笑オンエアバトルのオンエア率1.7%で終えた彼らは今、リーダーの山地獄いわく、「最大の危機」にある。

「どうやってこれから大爆笑を誘うのか?」「ギャグの方針は?」

カンファレンスでは、素朴な質問も事務所にぶつけられたが、「責任の所在をはっきりしろ 責任者出てこ~い」(byふたたび人生幸朗)と語気を強めたファンもいた。

立場をはき違えたファンの「ガス抜き」の場にもなったのは予想通りだった。

キダタローや横山やすしならまだしも、ファンが直接、芸人やマネジャーに向けた声としては、度が過ぎている。まして、まだ若手コンビだ。

私が芸人ならば、「なんでアンタにそんなこと言われなきゃいけないんだ」と思わずキレそうなところだ。

しかし、芸人、マネジャーは深々と頭を下げた。どんなファンでも無碍に扱えない事情があるからだ。「海地獄・山地獄」のコンビの昨年の収入は、約5憶2000万円。他の芸人の平均約6憶9000万円を大きく下回る。収入は、次の年の仕事に直結する。

「大きな責任を感じています。ですが、皆さん見捨てずに笑っていただければと思います」とマネジャーは声を絞り出した。

ギャグもトークもどん底にある地元芸人を、ますます窮地に追い込むいいがかりで自己満足する。そんな「4匹目のレツゴー3匹」ならいらない。

さもなくば、ぜひ心を入れ替えてもらいたい。(破裸田厭き尾)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


「どうでしょうクラシック」を見ながら1時間のやっつけ仕事ゆえ、詰めの甘さはご容赦を・・・。

負けた翌日なのになにバカなことやってんだというツッコミはなしの方向で。

|

« 完敗に乾杯 | トップページ | 亜細亜カップ 越南戦 »

コメント

ネタにマジレスするのも失礼かもしれませんが…。
最近のすぐに「○○イラネ」とする風潮に
嫌気がさしてました。
「イラネ」ならアンタの方が他所のサポになっとくれと
思いもしました。
たとえ、ギャグがすべっても、
その晩から深夜の公園でネタ合わせをして
次の時はそれ以上のネタを練ってきてくれると信じています。
たとえ、甘いと言われようが
「何度でも」を鼻唄でくちづさみながら信じて待ってます。

投稿: どりかめ | 2007/07/15 21:40

ちょwwwwこれはwwwwもはやわけわかめwwww

最近ゴール裏で応援する事が多いのですが、
浦和ゴール裏の皆さんは試合中に前向きな発言
(野次?)が多く、改めて感心した次第です。
選手が多少失敗しても「次だ、次」や「よし」
とか、とにかく内容が暖かいというか。
だって、いつものメイン指定席辺りだと敵にも
味方にも口汚い野次が多く聞こえてきていた
もので。(俺の場所がたまたまかもしれませんが)
昨日は少々感情的になっておりましたが、俺など
所詮はヌルい一サポーターですから好きなチームを
前向きに応援する位しかないです。

投稿: もかみ@隣席が野次らー | 2007/07/15 21:48

・゚・(つД`)・゚・ ええ話や。

でも頼むから必死でネタ合わせはしてね。

投稿: にゃんた2号 | 2007/07/15 21:52

あ、かぶった。↑はどりかめさんへのレスね。

>もかみさん
ゴル裏では試合中ネガらないのが掟だと思いますよ。ワタシもご承知の通りここでネガるときも多いですがさすがにゴル裏では前向きな声援しかできませんし。
まあ結局無私の行為ですから報われなくても文句を言いながらついていく、それがサポのカッコ悪いけど正しい道なのではないかと。

あ、ワタシもマジレスすいません。
ということで↓これ以降マジレス禁止ねw

投稿: にゃんた2号 | 2007/07/15 22:00

当然の事ながら,もうどなたかが「新聞」でやっているんでしょうね。

で,この朝日新聞の御仁は映画の動向も知らんのですね

>映画の場合、「原作者出てこい」とか「あの監督、俳優は業界から去れ」、「金返せ」などという“いいがかり”のレベルにまで、反抗がエスカレートすることはまずない。

つ「実写版デビルマン」
しかも,この作品への非難はどう考えてもまっとうなものでいいがかりのレベルに非ず。

投稿: sat | 2007/07/16 01:32

株主や広告スポンサーならまだしも、読者が直接、記者や編集部長に向けた声としては、度が過ぎている
まして、うちは朝日新聞だ
私が記者ならば、「なんで読者にそんなこと言われなきゃいけないんだ」と思わずキレそうなところだ

投稿: さふ | 2007/07/16 14:43

>satさん
ワタシ映画方面には疎いのですが、タイトルだけ見ても見たいとは思えないです(当然デビルマンは知ってる、つかリアルタイムで見てたけど)。
ググッたら最初の方に「満足度平均ランキング1902位/(全登録映画数1905)」て出てきましたよ。

>さふさん
んまい。実際朝日ならそれくらいのこと言いそうだし。

投稿: にゃんた2号 | 2007/07/16 16:56

大分のサポの居残りの件、、、
テレビのワイドショーみたいな番組でも取り上げられたらしいですね。

今シーズン、居残りなら千葉だって神戸だってやってるのに、
何で大分だけ話題になるんだろう、、、、

わたしゃ、それが不思議でございます。

あ、すんません、ちょっとマジレス?????

投稿: えりぴょん | 2007/07/16 20:03

「4匹目のレツゴー3匹」
↑このタイトルを付けた時点でこの文章は99%成功が約束されたと思います。素晴らしい!

投稿: Gontallo | 2007/07/16 22:02

>えりぴょんさん
それはたぶん大分サポが比較的おとなしくてそういうことはやらないと思われてたからじゃないでしょうか。例えば仙台とかバス囲みが趣味とか言われてるとまで言われてますからねぇ。
あと、朝日の記者がちゃねらーで、自社の記事を使った壮大な釣りとか。

>Gontalloさん
これはこれは師匠じきじきのお越しありがとうございます。
実はこれタイトルを先に思いついて無理やりこじつけました。でも実はこちら関東ではレツゴー3匹がさほどメジャーじゃないみたいで(ワタシは関西人)そこに突っ込んでくれたのは師匠が最初です。

投稿: にゃんた2号 | 2007/07/16 22:30

純喫茶様も寝て覚め様もにゃんた様も、滋味深き文章でございました。
相手の失敗にことさらクレームをつける御仁は、よほど普段仕事して無くて相手の苦労を知らん人だと思います。自分は動かずにいろんな人のお世話になって楽して生きているという意味では、逆にウラヤマシイですね、まさに『無責任男』シリーズ(笑)。
ああなつかし・・・レッズゴー3匹のモノマネ、子供の頃よくやってましたよ。
「ミナミハルオでございます~」(^o^)/

投稿: nigoe | 2007/07/17 11:07

これもまたんまい>レッズゴー3匹

ここでトリビア
レツゴー3匹のじゅんと長作(の芸名)にはちゃんとした苗字がある。

へぇへぇへぇへぇへぇ(←古い)

投稿: にゃんた2号 | 2007/07/17 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/15765303

この記事へのトラックバック一覧です: そんな「12番目」の選手なら:

« 完敗に乾杯 | トップページ | 亜細亜カップ 越南戦 »