« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

鉄人ダービー

連日似たようなタイトルのネタですいませんが・・・。

さて明日は広島戦です。

先日から『鉄人』という言葉を何度か使っていてふと気付いたんですが、ウチにも広島にも『鉄人』という形容がふさわしい選手が結構いるんですね。
 

脱臼を10日で治した男。鋼の肉体を持つ鉄人、山田暢久。

走る距離と体力は比例する。驚異のスタミナを誇る鉄人、鈴木啓太。

どこでもいつでも誰とでも。多才な能力を持つ控えめな鉄人、阿部勇樹。
 

リーグ戦連続フルタイム出場を継続中。鉄人の中の鉄人、服部公太。

幾多の試練を乗り越えた男。強い肉体と精神を併せ持つ鉄人、駒野友一。

こいつに賭ける情熱は半端じゃないぜ。ラーメンの鉄人、盛田剛平。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/30

リアル鉄人

ビューンと飛んでく鉄人13号と22号

「早く試合がしたい。」(啓太)

「試合に出るために1日早く帰ってきた。」(阿部)

この人たちの体力はやっぱ異常。特に啓太なんか最後の試合が一番動いてた気がする。やっぱクスリかなんか(ry

その心意気はとても嬉しいけどその反面絶対に無理はしないでほしいなとも思います。君たちの分は休養十分のこの男いつもより余計に(by染太郎)頑張ってくれるでしょうから。
 

最後に、スポニチの中の人にお願い。

たまには坪井のことも思い出してあげてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

聖域

オシム監督大リストラ!メンバー大幅入れ替え(呆痴報知)

>>韓国戦では9日の初戦カタール戦に続く不発の山岸、2度の決定機とPKを外した羽生というオシムチルドレンのみならず、負傷と疲労蓄積のMF鈴木、加地、駒野の両SBは個の力を示せなかった。「中村(俊輔)や高原のような1人で試合を決められる選手がいるが、それだけでは足りない!」老将が欧州コンビ以外の聖域なき改革を打ち出した。

 
せんせー、次は俊輔君11人でやればいいと思いますー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/29

亜細亜カップ 決勝戦

決勝戦にふさわしい、素晴らしいゲームでした。

イラクもアジアチャンピオンの名に恥じない素晴らしいチームだと思います。いろいろストレスの多い大会でしたが、爽やかなフィナーレに救われました。

やっぱシジクレイが2人もいれば守備も堅いよなぁ。

何はともあれ、イラクおめ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

亜細亜カップ外伝 オシムの秘密

大変なことだ・・・。

実は今回アジアカップについてネタを書いていてイビチャ・オシム代表監督についてもいろいろ調べていたんですが、大変な事実を発見してしまいました、ワタシ。

このことを明らかにすれば、もしかしたら皆んなのオシムを見る目が180度変わってしまうかもしれません。ヤバいです。ワタシの胸の中にしまっておこうか、そうも思いました。

でも、いつもご覧頂いてる皆様には特別にお教えすることにします。絶対他の人には言わないでくださいね。

実は、オシムは・・・

続きを読む "亜細亜カップ外伝 オシムの秘密"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

亜細亜カップ 韓国戦

稀に見るクソ試合。

何の役にも立たずひたすら守備の負担をかけ続ける中盤の皆さん、致命的なミスやクソクロスを連発して余計な仕事まで作りやがるサイドバック(特に右)、そして選手の疲労をまったく考えない耄碌じいさん、キミたち全員

啓太に土下座して謝れ。

 
ということで本日一番良かったのは...

続きを読む "亜細亜カップ 韓国戦"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/28

漢祭り2007開催決定

いろいろと開催に関する不確定情報が飛び交っていましたが、本日ついに正式に発表されました。

『正式に発表』って何を大げさなことを、とお思いかもしれませんが、そういう言い方でいいんです。

だって、ほら。

 
去年の模様はこちらから。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/07/27

REAL OSAKA

先日のエントリで書いたJ2第30節は結局あっちこっちのゲームをチャンネルを変えつつ見ました。その中の西が丘の東京VvsC大阪でのこと。

ひらりひらりと軽快なステップで相手選手の間をすり抜け際どいシュートを放つ中盤の若い選手がいました。U22ワールドカップにも出場したセレッソの香川です。

森島康、小松と並んで期待の若手らしく、ちらりと映ったゴル裏にもたくさんのダンマクが。

『26 香川』

『香川真司』

『ドカベン香川』

 
え?

セレッソの香川  ドカベンの香川
 

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

 
ゴル裏に出してる『REAL OSAKA』のダンマクは伊達じゃないな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/26

イケメン移籍

酒井友之、ヴィッセル神戸に完全移籍(オヒサル)

最終的にレギュラーの座を手にすることはできませんでしたが、たまに登場して渋い活躍をしてくれたので悪い印象はまったくありません。とりわけ、2004年セカンドステージ優勝間近の埼スタ清水戦。0-1でリードされゲーム終盤、スタジアム全体が焦りかけたまさにその時、すべての憂いを吹き飛ばす鮮やかな同点ミドルを決めてくれたことは絶対に忘れないでしょう。

どうぞお元気で。

新天地の神戸でがんばりますよ、と    カタカタカタ...

| | コメント (7) | トラックバック (0)

報道の自由

アジアカップの敗退はまあしょうがない。レッズが負けた時の方がよほどショックが大きいしな。阿部の怪我が酷くなければいいんだけど。それより今日のネタは笑えるのにしよう。こういうときはできるだけバカバカしいのがいいな。

そう思いながら結構サバサバした気分でいたんですが、今朝スポーツ新聞のサイトを開いて眺めていたらだんだん怒りがこみ上げてきました。よって今日バカバカしいネタを書くのは止めにします。

以下、各紙の見出しです。

報知

FW4人でシュート1本
中沢頭も阿部ボレーも空砲
悔しさ押し殺す川口「最後まで全力でやりたい」
責任感じる中沢「悔しい」
3失点!日本敗れる

スポニチ

3連覇夢散…オシム監督負け惜しみ
阿部&中沢2発台なしの3失点
「気迫で負けた」川口アジア杯初●
クロス精度低く…駒野攻守でミスミス
俊輔→高原ホットライン機能せず
羽生惜しい!強烈ミドルもバー直撃
2トップで3発!サウジ「最高」

ニッカン

「油断があったかも…」と川口
鈴木「負けるべくして負けた」
「すべてが後手後手」と高原
日本の3連覇は消滅!

なんかこの見出しだけ読むと、負けたのはまるで高原、中沢、阿部、駒野のせいみたいですね。

阿部のことは当然贔屓目が入るから置いとくとしても、中沢はいろんな意味で今大会のチームの柱だったし、駒野は他の誰よりも前に後ろに必死で走ってたぞ。高原だって確かにこのゲームでは精細を欠いていたけど、ここまで勝ち残れたのは彼がいたからこそってのは誰だって判るはず。

そもそもあれだけ毎日嫌というほど目にした名前が、負けたときに限ってほとんど見当らないのは何故だ?
 

報道の自由は絶対に保障されなければなりません。ワタシはいつもそう思っています。誰が何と言おうと絶対にそう思っています。

続きを読む "報道の自由"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

亜細亜カップ サウジアラビア戦

こんばんは、アフターゲームショーの間に風呂入ったにゃんた2号ですみなさんごきげんよう。
 

まあ何だ。

前と後ろがいくら頑張っても真ん中がダメだとやっぱダメだっつーことで。

誰かが『シュート打つ』とか『ミドル狙う』とか言ってたような気がするのはきっと幻聴でしょう。
 

ということで、3位決定戦は今まで出てない人を出せばいいんじゃない。

阿部、啓太、乙。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/07/25

スケジュール

今日の夜の予定。

PM7:00~9:10頃 J2第30節@スカパー

PM9:20~10:20 Jリーグアフターゲームショー@スカパー

PM10:20~12:20 アジアカップサウジ戦

まるでサカーの神様が組んだような奇跡のスケジュールですね。さあJ2はどの試合を見よう。

ところで、

風呂はいつ入ればいいんだ?

ヒント:年寄りは寝るのが早い

| | コメント (9) | トラックバック (0)

相も変わらず

ココログが昨日の夜からメンテに入っていたようです(もう終わってます)。

ココログの中の人から告知メールもらってましたけどここに書いとくの忘れました。コメントを書いてくれたのに登録できなかった方もいるみたいで大変失礼致しました。

でも、書き忘れたのはワタシのせいですが、前回まではコメント欄に「メンテ中なので入れられない」旨の表示がされてたのに今回はなし。管理画面を開こうとしても『サーバーが見つかりません』だし。

喉元過ぎたからって熱さ忘れたらダメだろ>ココログ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/24

地味ながら

この人実はただ者じゃなかったんですね。

移籍したオサレ宮本のキャラを引き継ぐとすればこの人以外いないような気がしますが、今のところあまり露出が多くないのは、やはりオッサン顔のせ(ry

でも地味ながら今のガンバを支えているのは案外この人じゃないかと思っています。アジアカップで遠藤がガンバでの彼ほど光り輝いていないのはこの人が出ていないせいもあるんでは?

ということで啓太を休ま(結局そこへ行くのかよ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/23

鉄人

すいません、またいちいち突っかかります。

俊輔鉄人、アジア杯から無休でセルティック合流(報知)

ほう、それはなかなか大変ですねぇ(棒読み)

阿部、啓太、そして駒野なんか、今回の遠征の前日まで試合やってて、しかも帰ってきてすぐ8/1に試合がありますが何か? 別にこの人を鉄人と呼んでも全然構わないけど、それなら彼ら3人のことはいったい何て呼べばいいのかな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/07/22

ふとした疑問

今TVでアジアカップのイランvs韓国を見ています。

ふと思ったんですが、

なんでイランの選手はみんな眉毛がつながってるんですか?
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/21

亜細亜カップ 豪州戦

最近テソ川口が結構好きになってきた。

試合前君が代をマジ熱唱する彼の笑顔をTVで見ながらそう話をしていたら、最後の最後で大活躍。さすが国際試合になると神が降臨しますね。

Jの、特にウチの試合のときの彼とはたぶん中の人が別人なんだろうな、うん。
 

それにしても中盤にずらりと並んだ『日の丸鉄砲隊』の皆さんは、立ち止まってしっかり狙って撃つのはうまいけど、それ以外はあんまり役に立ってなかったですね。どっちかといえば今の中盤には、突撃しながら乱射したり、いざとなったら鉄砲で相手を殴り倒すくらいの選手が必要だと思いますが。
 

ということで明日のスポーツ新聞の見出しを予想してみる。

『魅せた! 同点ゴールのお膳立て』

『1番手でも貫禄 鮮やかにPK決める』

はぁ・・・。これで次の週末まで啓太、阿部の超過勤務は決定か・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/07/20

復讐するは我にあり

今日の朝日新聞朝刊より

Tsuboi

記事を要約すると、ドイツワールドカップ出場など堂々たる実績がありながら控えに甘んじているが、それでも腐らないで笑顔を絶やさず控え組を引っ張っている坪井は地味だけどえらい、てな内容でした。

中澤や高原、俊輔ばかりが『オーストラリアにリベンジ』とか言われてますけど、実は坪井だってあの試合先発で出てますから。しかも、負傷で無念の途中交代したうえその後に逆転されてますから。

つまり、坪井は途中交代の悔しさと敗戦の悔しさの両方を味わっているわけです。

ねぇおじいちゃん。ここはひとつ、啓太に無理をさせずに、坪井の静かな闘志に賭けてみてはどう?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/07/19

今年ももう半分

タイトルの通り、早くも今シーズンの半分が終わっちまいましたよ。ということで、

『なんとかしろ椅子男 2007年シーズン前半の総括』

まとめました。(左サイドバー『疑惑のメニュー』からも行けます)

今回はちょっとだけインターナショナルな香りがするかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/18

災いを被る

思わぬ被害を受けた人がいました。

でも高速(しかも柏崎付近)を走行中だったってことはもっと危険な状況に陥った可能性も大いにあったわけで、迂回くらいで済んで良かったと言うべきなのかもしれません。

ということで、中越沖地震の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。またアルビレックス新潟サポーター及び関係者の皆さん全員のご無事をお祈り申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/17

さいたま市杯 マンU戦

21時からテレ玉の録画放送でさいたまシティカップを見ようと思っている方々へ。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、

前半は真剣に見た方がいいですよ。
 

ということでテレ玉前半終了後追記↓

続きを読む "さいたま市杯 マンU戦"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

はてなアンテナご利用の皆様へお知らせ

はてなアンテナに拙ブログをご登録頂いている皆様へ。

シーズン開始直前の今年の2月にデザインを小変更して以降、更新を検知しなくなる現象が発生していたようです。

つい先日ひょんなことからそれに気付きましたので、はてなに問い合わせてみたところ、『更新チェック範囲に不適切な指定があり更新チェックが行われておりませんでした。』との回答を頂きました。この言い方だとココログ、はてな、どちらに問題があったのかわからないのですが、その後に続く『こちらをはてなにて削除させていただきましたので、今後は正常に更新がチェックされるかと思います。』との記述から察するに、ココログ側のソースにはてながプログラム上想定していなかったものがあったためではないかと考えられます。

とりあえずここ数日のアクセス解析を見る限り、はてなからおいでの方が増えているようなので正常に検知されるようになったみたいですが、万が一まだダメという方がいらっしゃったら、一旦削除のうえ再登録されることをおすすめします。

ということで今後ともご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

ブログ主軽薄敬白

追記
内容的に最も近い『ココログ被害者の会』にカテゴライズしましたけど今回ばかりはココログは悪くないようなので念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

亜細亜カップ 越南戦

啓太代表初ゴールおめでとう。

と、まずはお約束の自虐ネタをひとつかましておいて・・・と。

正直たとえ自分が認めたくないものであろうと良いときはケチをつけずに褒める、健全な社会人たるものそういう素直で潔い姿勢はとても大切だと思います。

そういう観点から、巻と俊輔のゴールは大変貴重だったと認めざるを得ません。ホントは言いたくないけどよくやった、そう言わざるを得ません。

ちなみに、今回のゲームの日本メンバーのうち最も良くなかったのはやはりNHK実況の野地アナでしょうね。羽生を阿部と間違えたのを筆頭に、ことごとく日本の選手を見誤っていました。

中でも得点者をFKの遠藤以外すべて間違えていた(巻→高原×2回、俊輔→憲剛)のには快哉辟易しました。気持ちとか希望はわかるけどきっとそういう固定観念があったんだろう、猛省してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/15

そんな「12番目」の選手なら

先日このような記事を目にして、いろいろ考えさせられるような気がしていましたが、師匠がオモシロそうなことをやっているのを見て、難しいことは考えないでワタシもやってみることにしました。
 

続きを読む "そんな「12番目」の選手なら"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007/07/14

完敗に乾杯

タイトルは単なる早野乙です。

いやあ、やっぱガンバは強かったですね。

今回は誰が悪いとかダメだとかいう以前の問題でした。強いて言えば全員が悪いというところでしょうか。そういえば、久しぶりに髭野濃造さん(31)にもお会いしてしまった気がします。

ま、昨日のエントリじゃないけれど、要は考え方次第。今回の結果を糧に今後のゲームに活かしてもらえればいいのかな。とりあえず8月15日まではそう思うことにしましょう。

でも念のために言っておきますが、現地組の皆さんが全員無事帰るまでが運動会アウェイゲームですから。どうぞお気をつけてお帰りください。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

亜細亜カップ UAE戦

とにかく啓太が無事でさえいてくれたら別に予選敗退でもいいです、ワタシ。

ラフプレイ連発のUAEは氏ね。

 
(7/14朝追記)
なんとか大丈夫そうだ。少し安心しました。
でも次戦は絶対に無理すんな。啓太不在でダメなら所詮その程度のチームだってこと。

あと、欧州組の貫禄見せたのは高原だと思う。予想はしてたけどやっぱ各紙とも絶対にこの人が主語の記事を欠かさないですな(毒)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/07/13

要は考え方次第

さて明日はナビスコ準々決勝#2、ガンバ戦です。

#1の翌日、2chでネ申の書き込みを見つけ大変な勇気をもらいました。たぶんご覧になった方も多いかと思いますが紹介させて頂きます。
 

770 名前:U-名無しさん[] 投稿日:2007/07/08(日) XX:XX:XX ID:0000000

レッズ勝利→レッズ勝ち上がり
ガンバ勝利→ガンバ勝ち上がり

0-0 ガンバ勝ち上がり
1-1 30分延長突入→PK戦
2-2 レッズ勝ちあがり
3-3 レッズ勝ちあがり
4-4 レッズ勝ちあがり
5-5 レッズ勝ちあがり
6-6 レッズ勝ちあがり
7-7 レッズ勝ちあがり
8-8 レッズ勝ちあがり
9-9 レッズ勝ちあがり

すごく有利な気がしてきた

 
どうです、絶対勝ち上がれるような気がしてきませんか? アウェイゴールなんか屁でもないような気になりませんか? 要は世の中考え方次第でどうにでもなるもんです。


で、結局明日やるの?

どうやらガンバの中の人は今日中に結論を出さないようです(7/14台風における開催情報について )。

2年前同じ状況で(しかも3連休の初日まで同じ)名古屋の中の人はちゃんと全ての段取りを前日に決定して混乱を最小限に抑えました。さて今回はどうなりますことやら。

今回はアジアカップ(16日)やらウチのマンう戦(17日)とかの日程もあって判断が難しいのはわかりますが、もしワタシらの仲間を混乱させるようなら、『うんこ』の称号は謹んでおたくの運営にお返ししますんで。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/07/12

元気な便り

彼も元気そうで何よりです。

普通に開幕戦スタメン&フル出場とはさすがアレ。どうやらまだしばらくは帰って来そうにないけれど、相馬が期待通り頑張ってくれているのでこっちの心配はしなくて大丈夫ですよ。それより、UEFAチャンピオンズリーグでは少しでも上にいけるよう頑張ってくださいね。

同じヨーロッパでも某国の誰かさんほど情報はたくさん伝わって来ないけれど、我々レッズサポはずっと君のことを気にかけていますよ。頑張れアレ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/11

NON STOP J2!

J’sGoalではこんなイラストでアジアカップ中にも開催されるJ2リーグ戦を盛り上げようとしています。とりあえず自力でオフィシャルの選手写真を頼りに誰が誰だか推理してみました。

左から

フッキ(東京V)
羽地(徳島)
田中佑昌(福岡)
松浦(草津)
徳重(京都)
藤田(鳥栖)
中山(札幌)
香川(C大阪)
萬代(仙台)
田中俊也(愛媛)
原(湘南)
岩舘(水戸)
林(山形)

どうでしょう、当ってるんでしょうか? 答えが書かれてないので正解はわかりませんが。

愛媛FCお抱え絵師の方には大変申し訳ないですが正直全然わかんないです。アビスパとサンガとベルマーレの人は飛び出しぼうやみたいだし、セレッソの真中がいるし。札幌の西谷が愛媛のユニ着てるのは何故なんでしょう? 萬代ってこんなに太ってましたっけ?
もっとも、我らが巨匠が他チームの選手の似顔絵を描いても同じことでしょうけどね。

何はともあれ、J2はいよいよ今日から佳境の第3クールに入ります。

さて来年埼スタで会えるのはどのチームでしょうか。

(↑一応勝ち点30超えたからこう言ってもいいよね)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/07/10

Txiki!

今朝眠い目をこすりながら新聞を眺めていたら、今度来日するバルセロナの記事が目にとまりました。その中にこんな写真が。

Txiki

 
なぜ宮澤ミシェルがバルサの記事に!?

 
↓ついでに、とてもタイムリーなおまけ

続きを読む "Txiki!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/07/09

亜細亜カップ カタール戦

とても見慣れた展開でした。

そういう同じような光景を何度も何度も繰り返し見てきた肥えた目での感想を言わせてもらうと、

追加点を獲れなかったのがすべて。

高原はさすがだと思いますが、啓太1人に中盤の守備を押し付けていながらPAに入ってもパスゲームばっかり繰り返す他のMFたちは猛省してください。暑くて走れないってんだったら別に無理して出なくてもいいんだよ。

ったく今日の収穫は中東風のクイーンが聴けたことくらいか。

 
あ、そうだ忘れてた。

続きを読む "亜細亜カップ カタール戦"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

元横浜FCのアレモンさんが交通事故死(日刊)

アレモン選手のご冥福を心からお祈り致します。俺たちも日本サッカーのために遠い異国で頑張ってくれた君の活躍がもう一度見たかったよ。

こういう悲しい出来事が二度と起こりませんように。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/07/08

パクりパクられ

サポートのコールやチャントが他チームと被っているケースなんてよくあること。結局海外のチームがやってるのを真似たのが多い訳ですから、どこがパクっただのパクられただのって目くじらを立てるのは所詮ナンセンスな話なのかもしれません。

例えば、現在レッズの代表的なチャントになった通称POUだって、日本でやり始めたのは水戸の方が早いわけですし。

だから昨日は各チームの代表的なチャントをたくさん聴けて得した、そう考えるのが正しい捉え方なのです。
 

レッドリバー(柏)

Forza Jubilo Oh IWata(磐田)

ロール3(鹿島)

NA・GO・YA ALLEZ(名古屋)

フォルツァビオラ(京都) リンク先PDF

 
とりあえずワタシが確認できたのは以上です。(タイトルはリンク先で使われているものを記載しました)

 
あ、ゴメン。もひとつ忘れてた。

続きを読む "パクりパクられ"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/07/07

萌えたぜ

ま~た引き分けかよ。

そう思うより先に、物凄く清々しい気分になっているワタシがいる・・・。

勝ってれば間違いなくワタシ的今年のベストゲームだったですね。
 

ギシのPKセーブに萌え、

堤の落ち着いたプレイと正確なフィードに萌え、

ホリの献身的なカバーリングに萌え、

無職様の怒涛のパスカットとキャノン砲に萌え、

相馬の空回り突進と暢久の無敵ヘッドに萌え、

長谷部のパスさばきとポンテのひらめきに萌え、

いつになく張り切っていた伸二のセンスに改めて萌え、

そして細貝萌に大萌え。

 
いやー素晴らしい。萌ちゃんサイコー。

欲を言えば、ピッチ上で躍動するもう1人のベテランも見たかったぞ。

 
等々のもろもろを踏まえ、あえてポジティブシンキング。

今年アウェイで点獲れなかったゲームってありましたっけ?

そもそもアウェイで何回負けてましたっけ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/06

ムードメーカー

さて明日はナビスコ準々決勝#1、ガンバ戦です。

坪井、啓太、阿部、闘利王、ワシントン、とりあえずこの5人は欠場確定で、それに加え伸二と達也は怪我で微妙。ネネ、平川の復帰が間に合うという報はついに無く、事実上ポンテさんにピッチ上の全権を委任するしかないな。そう思っていたところ、こんな記事が目に止まりました。

おお、この男の存在を忘れてた!

最低でもあと10年はやってもらわないと困りますから、そろそろこのへんで存在感を見せつけてもらいたいですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/07/05

釣れますか

変な顔の人が変なこと言ってる。

そんなエサで俺様が釣られると思ってんクマ――!!

続きを読む "釣れますか"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/04

楽しみができた

ちょっと先の話ですけど、気が付いたんであえて書いちゃいます。(もう気が付いてた人がいたらごめんなさい)

昨日スカパで新潟vs広島の再放送を見てたら森崎(和)と戸田が警告を受けました。2人とも累積4枚目なのでリーグの次節は出場停止です。因みに、この試合の広島のDFの先発は森崎(和)、戸田、盛田の3バックでした。

次節、彼らの対戦相手はどこでしたっけ?

 
そう、8月1日はディフェンスラインを統率する盛田を見られるかもしれません。

これはある意味A3=ネ申。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/07/03

飛び出せ青春

U―20“悪ガキイレブン”調子乗る(スポニチ)

賛否はあろうと思いますが、ワタシ的には世界を相手にするにはこれぐらい元気な方がいいと思いました。みんながみんな優等生である必要なんかないんだ、レッツビギン!と村野武範先生も言ってたじゃないですか。

ただ、写真を拡大してよく見ると、後ろのえなり君が1人だけピンクレディの振りまねをしてるのが気になりますが。

(影の声)
もう少し歳を重ねるといろいろ大人の事情が絡むしがらみが増えてきて奔放に振舞いにくくなるだろうしな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

敬称

ごめん、あんまり笑うべき記事じゃないけど笑ってしまいました。

因みに同じ一般人でも、テルは敬称略で、ヒデは敬称が『氏』。報知の中の人はイメージだけで敬称決めてないか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/07/02

サカー脳

この記事を見て一瞬ドキッとしたけどそれはワタシだけではあるまいと思っているにゃんた2号です皆さんごきげんよう。

かように、ついつい物事を自分が興味あるものに無理やり結びつけてしまうことって、日常生活ではままあるものです。

先日、ワタシの職場でふるまいのお菓子が配られました。まあどこの職場でもありがちなよくある出来事だと思います。しかしそのお菓子の袋を受け取った瞬間、ワタシは即座にあるモノを連想してしまいました。そして自分がつくづくサカー脳になっていることを思い知ってしまいました。

皆さんはどうですか?

↓実はこんなもんなんですけどね・・・。

続きを読む "サカー脳"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/07/01

ただいま修行中

カニ、カコイイよ、カニ。

山形の樋口監督、試合終了時に感極まって必死で顔をおさえてました。

今日の草津vs愛媛では大山が1アシスト、近藤も粘り強い守備で完封に貢献しました。

おまいら、『大きくなって帰ってこい』なんて言わない。むしろレンタル先から『戻るな』と言われるくらいの選手になれ。頑張れ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »