« 必死vs全力 | トップページ | 頑張った人たち »

2007/05/03

鈴木啓太カワイソス

見事な股抜きからのアシスト、怒涛のパスカット、タックルをかわされてもすぐ起き上がってリトライに行く。あの酷暑の中、獅子奮迅を地でいくその姿に感動すら覚えました。

そして試合終了の笛を聞いたとき啓太の無念を思って涙がチョチョぎれ(←死語)ました。

以下、観戦記。

『精神論だけでは勝てない』

よく聞く言葉ですが、まったくその通りだと思います。そうじゃないと今ごろラモスはJ1で優勝争いしてなきゃいけませんからね。

でも精神に緩みがあってもやっぱ勝てないよね。

相手の退場後わずか4分で追いつかれたり、10人相手に40分以上攻めながら決め切れなかったり、ここぞというときに集中を保てないようじゃ勝てるわけがありません。

あえて言うならば、長谷部があれを決めてさえいればまったく違った展開になったと思われますが、それも所詮結果論ですね。

選手がダメなのか、はたまた・・・。
 

試合終了後スタジアムから出たところで聞こえてきた大ブーイング(それも数回)に、少しだけ救われた気持ちがしました。

次は勝て。絶対勝て。

|

« 必死vs全力 | トップページ | 頑張った人たち »

コメント

前半,1点取ってから,少しおかしかったように見えました。
都築のファインセーブがなかったら,簡単に同点にされていたような。

で,後半早々に退場者が出て(イエモッツぐっじょぶ),
「さあ,後はセットプレーにさえ注意すれば・・・」と言いかけたところで・・・・
その後のパワープレーって昨年の同じ日に蘇我で見たような。
ミドルシュートにトライしているのは進歩かもしれませんが。

昨日の家本,後半に少し回線がショートしてましたが,「彼にしては」まともだったようにも見えましたが,


投稿: sat | 2007/05/04 05:26

すいません,コメントの最後,「,」と「。」と打ち間違えました。
まだ動揺しているようですw

投稿: sat | 2007/05/04 05:28

得点経過としては最悪のパターンでした。あそこで我慢できていれば向こうも上がらずを得ず逆にスペースも出来てたのかな、と。

家本は、異議への黄紙以外はなかなかの出来だったと思いますが、向こうが退場者出してるだけに声高に言えないw

投稿: にゃんた2号 | 2007/05/04 09:02

俺はブーイングに違和感を激しくかんじたけどな。
確かにJEFの得点シーンのDFの突っ立ちっぷりには緩みを感じなくもない。けれど、それ以外のどのシーンに具体的に緩みを感じた?それよりも相手を崩す攻撃の形の上積みの方がよっぽど感じたけどな。
あーあとはショートコーナーで平川のチャンス潰しっぷりくらいか?
挨拶に来た選手に水ぶっかけたり、ポンテにブラジル帰れと怒鳴ったり、阿部にJEFに戻れって言葉を浴びせたりするような試合だったか?

投稿: JOE | 2007/05/04 16:25

>>JEFの得点シーンのDFの突っ立ちっぷりには緩みを感じなくもない。
まさしくそれ。

>>挨拶に来た選手に水ぶっかけたり、ポンテにブラジル帰れと怒鳴ったり、阿部にJEFに戻れって言葉を浴びせたりするような試合だったか?
ブーイングはともかくこれにはワタシも激しく違和感を感じます。あと卵はどうなの?

投稿: にゃんた2号 | 2007/05/04 16:51

卵の件、オヒサルで知りました。
スタジアムで何か料理でもするならともかく(笑)、明らかに試合前から故意が働いていたわけですね、しかも南側で。
水かける人も、ロビーや阿部に罵声を浴びせる人も、試合前からそういう心の準備があったと思われます。
常日頃から、活躍する選手たちに敬意を持って入れば、そう言う行為自体が考えられませんが(ちなみに209ゲートゴール真裏にいましたが、気付きませんでした)。

投稿: nigoe | 2007/05/04 21:57

いやたぶんたまたまペットの鶏をつれてた人がいてちょうど卵を産んだんでしょうw
なおワタシらも南寄りSBですが、本文に書いた通りブーイングを聞いたのすらスタの外だったので一連の行為は帰宅後ネットを見るまでまったく知りませんでしたよ。

投稿: にゃんた2号 | 2007/05/04 22:45

啓太寝不足で試合にでだけど大丈夫でしたか今日また練習あるけど疲れてるかながんばてね 愛してるけいた。

投稿: 政江 | 2007/09/16 05:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/14939843

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木啓太カワイソス:

« 必死vs全力 | トップページ | 頑張った人たち »