« 空耳ふたたび | トップページ | 他山の石みたび »

2006/11/11

無節操の極み

さすが霞ヶ浦は日本第2の湖だけのことはある。

水郷といえばやはり潮来。

ジーコは世界最高のサッカー選手。

さすが首都、大都会東京。

調布は武蔵野の風情を残す叙情的な街。

やはり世界を知るFWは違う。

我々埼玉県民も茨城県、東京都と県境を接していることを誇りに思います。

我々も味スタでネタ試合をしないよう気をつけよう。

以下、TV観戦記。

後半35分以降は生きた心地がしなかったよ。頼むから普通にクリアしてくれ。後半の最初に何度かあった決定的なチャンスをひとつでも決めていれば楽な試合だったじゃん。

とか言いつつも

今回は勝利が、勝ち点3がすべて。

そういう観点から見ればこの上ない最高のゲームだったと感じています。

何度もここに書きましたが、今日あらためて実感したのでまた書きます。

今の暢久がいれば大丈夫。

元々サッカーに関しては何でも高いレベルでこなせる(というかワタシ個人的には日本人最高レベルだと思っている)彼が、高いモチベーションを維持しているわけですから凄くないわけがありません。まさしく鬼に金棒とは今の暢久のことを表す言葉でしょう。
普段なら高い確率でふかすシュートをよく決めた!

消えている時間の長かった永井、ポンテも、あの絶妙のパス2本だけで存在感を見せつけるあたりはさすがでしたね。

また守備面では、やはり闘莉王の存在が不可欠なのを再確認したのは当然ですが、自分の役目を忠実にこなし最後まで集中を切らさなかった内舘、ネネのことも称えたいです。

正直ゲーム前は不安に思っていたし、実際ゲーム中も目を覆うシーンがゼロだとは言えなかったけど、彼らの気力がなかったら今日の勝ちはなかったと思うから。

で、冒頭ではネタに走りましたが、まあ冷静に言えば、単に前々節の関係に戻ったに過ぎません。というか、やはり優勝争いは厳しいんだということですよ。今日のガンバ、川崎の結果は他山の石です。

浮かれず騒がずに1試合1試合全力で臨みましょう。

|

« 空耳ふたたび | トップページ | 他山の石みたび »

コメント

今日からメイン北よりの席なのですが、
後半、南のゴール前が全然見えない。。。。。

心臓に悪いゲームでした。

味スタで、手をこまねいて待っている、日本でいちばん空気の読めないオトコ、今野のネタにならないよう、
まず名古屋、甲府、、、、できたら落ち着いて味スタに観戦にいきたいものです。

投稿: えりぴょん | 2006/11/11 19:51

去年の最終節C大阪の優勝の夢を砕くロスタイムゴール
今年のG大阪の追撃ののろしを上げるゴール
そして今日の決勝点
ことごとく今野ですもんね。

とりあえず名古屋、甲府に全力。

投稿: にゃんた2号 | 2006/11/11 21:26

ずっと東京ガスを使っている俺が来ましたよ。

個人的には、ガ大阪よりも川崎が怖かったので
今節の結果は良かったと思います。
しかし、内容はまだわかりませんが、川崎は
退場者二人でロスタイム6分ですか・・・。
これは、何か様御光臨で関塚(ry

私事ですが、我家にもやっとインターネットが
やってきました。これで、毎日貴サイトを拝見
させて頂けます。どうぞこれからもよろしく
お願い申し上げます。

投稿: もかみ | 2006/11/12 09:56

川崎は次節出場停止4人(箕輪+外国人3人)
ウチ箕輪とマルコンは2試合停止。
もう終わったな。
ネタ試合云々言う以前に。

ところで巻ってどこがいいんでしょうか?
私にはよくわかりません。
というかバレーもマザコン平山も
ただデカイだけで全然怖くないんだが・・・

投稿: パベル | 2006/11/12 11:17

>もかみさん
川崎系ブログを見ていると(悪趣味)どうやらワタシらとのことを忘れてくれそうな勢いで怒ってましたw

>>私事ですが、我家にもやっとインターネットがやってきました。
へ?今まではいったいどうやって?いずれにしろ今後ともヨロシクです。

>パベルさん
巻は確かにどこが良いのかさっぱりわかりませんが、何故かこの人にはやたら点獲られてるんだな、ウチ。これはQBKに関しても言えることなのでウチ的には巻は同じ道を歩むのではないかと思っとります。
ただバレーは怖いっす。あ、新潟は甲府がカモか。

投稿: にゃんた2号 | 2006/11/12 18:03

(どうでも良さそうですが回答をば)
今までは漫画喫茶及び会社(私的利用)から
拝見しておりました。

投稿: もかみ@俺も悪趣味 | 2006/11/13 03:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/12645045

この記事へのトラックバック一覧です: 無節操の極み:

» 浦和対マリノス戦 [〜ローナクリンゾのTime after time〜愛と幻想の狭間にて]
何度叫んだ「We are REDS!!」のコール。これが俺たちが10数年間思い続けていた栄冠を取るということを…。時は来た。さあみんなで行こう。俺たちは信じているのだから。 [続きを読む]

受信: 2006/11/12 02:02

« 空耳ふたたび | トップページ | 他山の石みたび »