« 盛夏に詠む | トップページ | 代表トリニダードトバゴ戦 »

2006/08/08

サッカーのある日常

すーっかり忘れていたと思いますが、1ヶ月ほど前に熊谷スポーツ文化公園で行われた草津vs仙台の観戦記を後日書く、そして『量産型ロペス』の解説をすると言いつつずっと放置していました。

結局観戦記じゃない内容になってしまったけど、一応書きましたので『もういいよ』とか言わないでどうかご覧ください。

Kumagaya

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場。

2004年の彩の国国体のために作られたスタジアムである。キャパは約15,400人(何故か3万人超という情報が流布しているがそれは間違い)、ナイター設備も備えJ2どころかJ1規格も満たしている。

大宮サッカー場の改修中の受け皿にうってつけなのに、つか別にこっちにホームを移転してもたいして支障がないと思われるのに、なんで彼らはいちいちウチと張り合おうとするのかと思わないでもないが、とにかくフリーのスタジアムなのである。

とはいえときどきJの試合がやってくる。

レッズ的には2004、2005と行われたさいしんカップの影響でPSMのイメージが強いと思うが、実は去年大宮がホームゲームを3試合開催しているのだ。正直大宮の試合を積極的に見たいとは思わないが、やはり我が街でJの試合が行われるのは何となく気分がいい。『サッカーのある日常』、ほらどことなくいい響きではないか。

そんな我が街に、先日お世話になった仙台の人々がやって来るという。対戦相手はザスパ草津。彼らのホームゲーム仙台戦がここで開催されるのだ。群馬のチームがホームゲームを開催するのは変だと思うかもしれないが、実は熊谷市は群馬県に隣接しているのだった。ザスパがJFL時代に開催した、熊谷の対岸にある群馬県太田市で行われたホームゲームも見に行ったことがある。

仙台の人々はいいスタジアムに慣れている。
ユアテックスタジアム仙台という素晴らしいサッカー専用スタジアムがあるからだ。そんな彼らに、このスタジアムがどう映るか興味があった。陸上競技場ゆえネガティブな評価は免れないところだろうか。それとも荒れた芝を嘆くだろうか。

開場とともに仙台の人々に交じってアウェイ側ゴール裏に入る。

思ったより、というか、客観的に見てもかなり綺麗な芝が目に入る。オープン当初の酷い状態を脱し、いつの間にか状況が好転していたらしい。

そして仙台の人々の声も耳に入ってくる。
「おお、案外見やすいじゃん。」

意外だった。

あらためて見渡してみると、陸上トラックはあるもののサイドスタンドとの間隔をあまり取っていないこともありゴール裏からは案外ピッチが近い。また、1層ながらある程度スタンドに高さがあるので全体を見渡す感じが悪くない。最上段の通路に陣取って見ていると、熊谷らしからぬ涼しい風が吹きぬけ実に快適であった。我が街のスタジアムを少し見直したひとときであった。(もっとも雨だったら評価は全然違っただろうが サイド~バックには屋根がまったくない)

試合は仙台がロペスの2ゴールで快勝。
様々な外的要因も幸いし、我が街は恐らくは仙台の人々に好印象を抱いてもらったに違いない。

来年は是非大宮戦(キャパの関係でウチはやらないと思うので)に来てね>仙台ひとびとα

ということで『量産型ロペス』の解説。

この人がロペス。当然ながら1人だけ。

Lopez_1

で、これが量産型ロペス。大量生産可能。

Lopez_ryosan

ロペス2ゴールで歓喜のロペスダンスを踊るひとびと

Dance

|

« 盛夏に詠む | トップページ | 代表トリニダードトバゴ戦 »

コメント

えーっと、ワタシの記憶が確かならば、昔からよくラグビーをやっていた場所、、、、とは違う?
アレをバージョンアップした?
(少なくとも、そのまま、はありえないな。。。。)

投稿: えりぴょん | 2006/08/08 22:16

ブブー
あれの近辺を整備してスポーツ文化公園という名前にし、屋内競技場(熊谷ドームと称する)と陸上競技場を新しく作ったんですよ。したがって、ラグビー場もそのままあります。県営だか市営だか知らないけどサカーの試合やってくれると税金も払った甲斐があると言うものです。

投稿: にゃんた2号 | 2006/08/08 22:37

・・・知らなかった。。。。。
てことは、ラグビーは引き続きあの、シャビーなところでやってるわけですね。
ラグビー場は県営だった、かと。

投稿: えりぴょん | 2006/08/08 23:01

調布にいても「サッカーのある日常」という感じはしませんねぇ。レッズの試合にしげしげ通っているので、そもそもサッカーしているときには調布にいないせいかもw

投稿: kmaeda | 2006/08/09 00:01

ラグビー場は相変わらずバックスタンドの裏に田んぼが広がる(道路はできたけどね)風景の中やってます。

どっちかって言うと、熊谷の場合『ラグビーのある日常』って方が正しいとは思うんですが。

投稿: にゃんた2号 | 2006/08/09 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/11337972

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーのある日常:

« 盛夏に詠む | トップページ | 代表トリニダードトバゴ戦 »