« 最大の成果 | トップページ | 旅から旅へ »

2006/08/20

ペース配分

オシム代表監督就任に伴い、まるで『走るサッカー』が金科玉条のように言われている今日この頃です。

確かに走ることが大事なのは否定しません。走らないサッカーほどつまんないものはありませんから。そういう意味では、今ジェフのサッカーが脚光を浴びているのは当然でしょう。

しかしただ走りゃいいってもんじゃないとも思うんですが・・・。

はっきり言えばグダグダな試合でしょう。TVで見た限り、ジェフは明らかに前半30分まで飛ばしすぎ。後半は足止まってましたよ。

てことは、ウチがゲームの途中に必ず足が止まる時間帯があるのは理に適っている(ry


それにしてもFC東京は前節に比べて攻撃が格段に良くなってたな。

あと、ジェフの前線に鈴木隆行師匠がいたように見えたのは気のせい?

|

« 最大の成果 | トップページ | 旅から旅へ »

コメント

今気がついたのですが、パチントンはどこに?

投稿: どりかめ | 2006/08/20 22:57

そいえば師匠は一時ジェフにいましたね。
下川と中西でサカーやってたころの。

投稿: パベル | 2006/08/21 00:39

そういやパチントンいなくなってましたね。つかこのままフェードアウトか?

師匠って川崎にいたのは覚えてるけどジェフにもいたんでしたっけ?

投稿: にゃんた2号 | 2006/08/21 08:40

ジェフでその当時壮絶な残留争いに多大なる貢献をされたと。
そのあと川崎に行ってクソの役にもたたずに
ノシつけて返品と相成りまして・・・

オレの記憶の中では師匠はジェフのときが「人生におけるピーク」
だったのではないのかと思ったり。
ちなみにジェフでも「30」つけてたな。

投稿: パベル | 2006/08/21 10:38

ウチに帰って昔のJの選手名鑑調べたら確かに。98年のシーズン途中から終わりまで在籍してたんですね。知らなかった。

しかしそのときヒューステンゾルダーとかいう語句、久しぶりに見たw

投稿: にゃんた2号 | 2006/08/21 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/11527764

この記事へのトラックバック一覧です: ペース配分:

» なんすかこれは [〜ローナクリンゾのTime after time〜愛と幻想の狭間にて]
いいサッカーなのか? [続きを読む]

受信: 2006/08/21 16:13

« 最大の成果 | トップページ | 旅から旅へ »