« 魔法使いの弟子 | トップページ | 代表について考える »

2006/07/26

浦和のファンタジスタ

曲者大分を相手に膠着状態が続き、だんだんと焦燥感が広がる駒場。それが頂点に達した後半30分過ぎ、それは起きた。

古今東西の並み居るファンタジスタ達も裸足で逃げ出すような素晴らしいスルーパス。足元にピタリと入ったボールをゴール前に抜け出た達也が見逃すはずがない。

その瞬間駒場が爆発した。

背番号19、その勇姿を俺たちは忘れないだろう。

以下、TV観戦記。

とは言いながらやはり今日のゲームはやっぱり達也。これで壊れたレッズサポは延べ16万人に上りました。

達也と言えば、ヒーローインタビューで点を獲ったことを喜ぶよりも、何度かのチャンスを逃したことを悔やむあたりが本当に達也らしくておぢさんは嬉しいぞ!

あと、忘れてはならないのは山岸の好守でしょう。
今日はキックも最後まで安定していたし都築も気が気じゃないことだと思います。前にも書きましたが、今ウチで一番ガチでポジション争いをしているのは彼らふたりに他なりません。リーグ最少失点は彼らの活躍も大きいと思います。
もちろん、今回も守備陣の奮闘なくしてはあり得ない勝利だったことは言うまでもありません。

あとはいかんせん運動量の少なく感じた中盤の前の方だな・・・。前述のように、18番がすべきプレイを19番がしちゃったからね。

まあとにかく曲者大分に最少スコアながら勝ったのは大きいと思います。次は中2日で(恐らく)灼熱の甲府、運動量が勝負ですよ。走り負けしないことが肝要。よろしく頼みます。

|

« 魔法使いの弟子 | トップページ | 代表について考える »

コメント

今日の山岸は神、でした。

投稿: えりぴょん | 2006/07/26 23:07

ホントギシは良かったですね~。大里(現熊谷市)の誇り、熊谷高校の星。

投稿: にゃんた2号 | 2006/07/27 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/11108441

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和のファンタジスタ:

« 魔法使いの弟子 | トップページ | 代表について考える »