« ひと安心 | トップページ | 妄想の続き »

2006/07/10

ワールドカップ雑感10

大木金太郎あらわる!


すまん、格闘技系だとここまで遡らないとよくワカラン。それに、最近は頭突きじゃなくヘッドバットって言うんだっけ?なお例によって華麗じゃない人のためにネタ補足

いずれにしろ、いろんな意味でイマイチな決勝戦だったように感じます。決勝というとどうしても守備的になるらしいから、試合内容がツマンナイのはある程度しょうがないにしてもねぇ・・・。

開始早々のPKはそもそもファールかどうかすら怪しいと思うし、PK戦は決勝トーナメントで最もつまんなかった(つまりGKが活躍しなかった)ような気がします。

で、このゲーム最大のポイントですけれども、
ジダンってもう少し冷静な人だと思ってました。
マテラッティ(頭突きをもらった人)が何言ったか知らんが試合中にキャプテンがあの行為をしてはいかん。

もっとも、この後、マテラッティの言った言葉が明らかにされて、イタリアが全世界からバッシングを受けるのが既定路線なんだろうな。それを考えると何となく後味の悪い大会になりましたね。

|

« ひと安心 | トップページ | 妄想の続き »

コメント

○○・ブラジル・・・なつかしゅうございました。
幼少の頃、従兄弟たちからフリッツ・フォン・エリックの「鉄のツメ」攻撃を受けたことを、突然思い出しました。何故でしょう? 頭=イタイ記憶、から???(爆)
ジダンの顛末に関しては、別の試合でも○○問題に関する被害発言があったので、今日のマテラッツィもそれに類似したものかと、妄想が膨らみますた。。。私。

投稿: nigoe | 2006/07/10 23:52

大木金太郎・・・・
いえ、ワタシはお名前しか存知ませんわ(嘘
幼少のみぎり、兄からブラッシ-とあだ名をつけられました。
ええ、噛み付きが最大の武器だったものですからwww

ジダンは前にも頭突きをやったことがあったみたいですね、
若い頃はかなり激しいこともあったみたいですよ。

投稿: えれ | 2006/07/11 01:01

なんかすげー懐かしい名前がwww
ジダンはピッチ内では結構やらかしてるみたいですね。彼の頭突きは結構痛そうだ。
昨日テレ朝でフランスのニュース映像が流れてましたが、
『オー、ジネディーヌ、ジネディーヌ!』
って嘆き風のアナウンスが結構マヌケで笑ってしまいました。

投稿: にゃんた2号 | 2006/07/11 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/10865402

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ雑感10:

« ひと安心 | トップページ | 妄想の続き »