« PRIDE OF URAWA | トップページ | 終了~ »

2006/06/22

対ブラジル戦展望

まだまだわからない。我々にはいろいろ可能性が残されているのだ。

前半3分までにブラジルが退場者を出す可能性だってあるわけだし、そんな時間で退場者が出てるってことは、退場者が1人で済むとは限らないのだ。

オーバーラップした坪井が適当に蹴ったクロスが何かのはずみでまかり間違って直接ゴールに吸い込まれることも、坪井が得点王になる可能性とどっちが低いかと問われれば、まあそれよりは可能性があるだろうなと答えざるを得ないだろう。(19:45追記)

ロナウジーニョが試合中急にトイレに行きたくなることがないとはいえない。彼らだって同じ人間だ。今朝の通勤電車の中でのアナタと同じように急におなかが痛くなることが絶対ないなんて誰が言えようか。

シュート体勢に入ったアドリアーノが、ペナルティエリアにたまたま落ちていたバナナの皮を踏んで滑って転び、シュートを外してくれるかもしれない。世の中にバナナの皮ほど人生を左右する可能性の大きいものはそう多くないのだから。(20:45追記)

スタジアムに向かうブラジルチームを乗せたバスが空前絶後の大渋滞に巻き込まれ、スタジアムに着いた時には全員が精魂尽き果てていることだってあり得ない話ではない。

スタジアムに迷い込んできた子猫が日本のゴール前で寝てしまい、イメージダウンを恐れたブラジルがシュートを打たなくなる可能性だってあるかもしれない。

試合中にたまたま通りかかった牛がピッチに乱入し、その牛がブラジル生まれだったため混乱させた責任を取って没収試合のうえ3-0で日本の勝ちとするという裁定が下ることだって、可能性が限りなくゼロに近いかもしれないが完全にゼロだとは言えないのである。

このように日本が決勝トーナメントに進む可能性は残されているのだ。

てなことを書くと「またふざけてる」と捉える人が多いと思うが、今までさんざん見せつけられたように、ジーコの強運が尋常じゃないことは周知の通りである。
希望があるとすればまさにそこ。日本が頼るべきはもうそれしかない。上に書いたようなことも、ジーコならば常人の1%増しくらい可能性が上がっているような気がするのだ。次戦こそジーコジャパン4年間の(強運の)集大成である。

これぞ本当の神頼み。

ジーコが真の神様なのか、ただの志村けん@とんでもねぇあたしゃ神様だよなのか、次戦の結果が明らかにしてくれるだろう。

|

« PRIDE OF URAWA | トップページ | 終了~ »

コメント

神だのみ、神だのみ、神だのみ、、、、
柏手3回だから少しは効力もあるでしょう。

投稿: えりぴょん | 2006/06/22 20:20

おはようございます。さあ祈りましょう。

解説の和司の『ん~』が炸裂するよう・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2006/06/23 03:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/10629547

この記事へのトラックバック一覧です: 対ブラジル戦展望:

« PRIDE OF URAWA | トップページ | 終了~ »