« げげげ | トップページ | 北のバカサイド »

2006/05/03

八つ当たりの極致

うーむ、ここしばらく見てないくらいひどい出来でした。皆同じ考えだと思いますが、啓太の偉大さがあらためてはっきりしたゲームだな、と。

レッズサポ的には、これもすべて桜井のせいということでよろしいですね?


以下、TV観戦記。

最も危惧していた展開になってしまいました。いかに今のレッズに啓太の存在が重要であったか、現実はあまりにも正直でした。

せめて酒井か、最初からウッチーをボランチに使ってればもう少しサマになったのではないかと思いますが、所詮結果論。運動量がキモのジェフに中盤を支配されてはお話になりません。

ポンテは相変わらずプレイが安定しないし、シンジもピンポイントでは巧さを見せたもののあとは消えていることが多く守備もサボりがち。両サイドはなんでこれほどと思うほど勝負しないし、頼みの長谷部は抗議の黄紙で前半だけ。これじゃあワシントンや上がった闘莉王がかわいそうですよ。ボールが前線に入るわけない。

というか、1トップの現システムが今まで成功してたとは言い難く、どちらかと言えばワシントンの個人技で局面を打開してきた感じなのだから、中盤の要がなくなればこうなることは自明の理だったのかもしれません。

いずれにしろ、達也カムバーック!と大声で叫びたくなるゲームでした、以上。

|

« げげげ | トップページ | 北のバカサイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/9882643

この記事へのトラックバック一覧です: 八つ当たりの極致:

« げげげ | トップページ | 北のバカサイド »