« マサ・イエモッツのフルコースディナー | トップページ | モリツァ »

2006/04/23

最大の被害者

引っ張って申し訳ないが、またもイエモッツ絡みである。

現地参戦したサポにはたぶんわからないと思うが、実は昨日のイエモッツの最大の被害者は、浦和でも清水でもない。


最大の被害者、その名は、
NHKアナウンサー、栗田晴行46歳。

NHKでJリーグ中継を担当するアナウンサーは、『熱狂=絶叫』と勘違いしているのがあまりに多い民放のアナに比べ、基本がしっかりしているので比較的安心して見ていられる。栗田アナとて例外ではない・・・はずだったのだが・・・。

昨日の栗田アナはどこかおかしかった。

レッズとエスパルスを逆に言うこと数度、選手の名前を言い間違えること数度、清水の2点目を決めた選手がしばらく判らなかったし、そして極めつけがこれ↓。


後半39分、ベタ引きの清水のフォーメーションを見て、

栗田「いや、これ、なにバックって言いますかねぇ。ックスバックですかねぇ。」

解説の井原さんしばし沈黙。心の中で『おいおい栗田さん何言い出すんだよ・・・。』
やがて、ゴール前のクロスに果敢に飛び出してクリアしたGK西部を見て『しめたっ、ここを逃すものか』とばかりに

井原「おー、西部、よく出ましたね~。」

心の中で『よーし西部。ナイス』 心なしか声が嬉しそう。


これもすべて、イエモッツの暴れっぷりに動揺したからに違いない。もし減俸とかの処分があったら、ぜひイエモッツに請求していただきたい。


頑張れ栗田晴行(46)。

地方勤務もたまにはいいもんだぞ。

|

« マサ・イエモッツのフルコースディナー | トップページ | モリツァ »

コメント

中継見てないからなんともいえんがベタ引きサカー
ということを考えると去年終盤に某日本海側J1チームの
「木寺組長とゆかいななかまたち」のゆかいななかまたちで
形成されていたセブンバックのことが頭によぎったのと
違いますかねえ。同じオレンジだし・・・

清水の場合はディフェンスラインが6枚なんだから。

投稿: パベル@新者 | 2006/04/23 21:11

実際セブンと言おうとしてシックスと言い直した感じではありました。これもDVDに焼いて永久保存と・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2006/04/23 22:02

にゃんた2号さま、お手数をおかけしました。ありがとうございました←業務連絡です。。。

そうはいってもNHKアナウンサー、6月に向けて立ち直って欲しいぞ。。。。
(6月に出番はあるか?栗田アナ。がんばれ栗田!イエモッツの呪いに負けるな!!)

投稿: eri | 2006/04/24 01:01

いえいえ>業務連絡@eriさん

6月にちゃんと出てきた栗田アナの頭が坊主だったり・・・w

投稿: にゃんた2号 | 2006/04/24 08:38

いや、ある意味野澤とソリタンが悪いんだよ。
奴らのせいでこんな7-0-3なんちゅう戦術
とらなあかんかったからね。
その影響でこのご発言だから。

悪いのはウチだからみんな栗田穴をせめんといてあげて。
坊主になることはないよ。
家本先生を責めるのも筋違いかと・・・

投稿: パベル@新者 | 2006/04/24 12:45

ウチも実質6人くらい最終ラインで並んでいることがよくあります。特に僅少差で勝ってる試合の後半30分過ぎとか。
因みに栗田アナ、町田アナはともに富山放送局にいたことがあり、ワタシも同じ時期に仕事で富山にいました。町田アナは憶えていますが栗田アナは憶えていません。

投稿: にゃんた2号 | 2006/04/25 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/9727367

この記事へのトラックバック一覧です: 最大の被害者:

» 某アナウンサーをかばうわけではないが [100Villageぶろぐ・ライブドア支局]
某国営放送のKと言うアナウンサーが放送禁止用語を発言された件に関してだが 原因の一端は新潟にある。というのも・・・ 2004年のとある試合の出場選手  1 GK 木寺 浩一  2 DF 丸山 良明 29 DF 喜多 靖 14 DF 高橋 直樹  8 MF 山口 素....... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 21:16

« マサ・イエモッツのフルコースディナー | トップページ | モリツァ »