« 中位力という魔力に屈す(名古屋戦雑記) | トップページ | 破顔一笑 »

2006/04/03

現場検証@ヨコハマ

Title


4月1日(土)、日産スタジアムへこれの現場検証に行ってきました。以下、そのレポートです。(↑以外の画像はすべてクリックで拡大します)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

タンスの奥から恐らく1度も着ていないと思われる青い服が出てきたので、ホームチームへの礼儀としてトリコロールにしてみた。

01_1


え、青だけじゃんって? 

02_3

え、白はどうしたって? 

03_1


アウェイ寄りのホーム自由席に行くため、まずバックの中央あたりのゲートに向かう。

トラメガを持った係員の兄ちゃんにホーム自由席のアウェイ寄りに行きたい旨を伝えると、「南ゲートから入れるのでそっちへ行ってくれ。」とのこと。

南ゲートはアウェイ専用のはず、おかしいなと思いつつそちらへ歩いて行くと、コンコースに柵が設置されているのが見え、そこからでも絶対に行き来できないことがわかった。

なんだよ、係員にすら徹底されてないじゃん。

スタジアムの周りを半周させられ、ホームゴール裏から入ってアウェイ寄りのホーム自由席へ。その間、チケットチェック以外何のチェックもなし。荷物チェックすらない。アウェイチームユニフォーム着用はともかく、アウェイチームの応援器材を持っているかどうかどうやってチェックするんだろう?

因みにワタシ、手にこれ持ってたんですけどw

08


とりあえず席を確保し、コンコースをアウェイ側に歩く。さっき外から見えた通り、ホーム・アウェイの間に緩衝地帯が設けられ、コンコースも行き来ができないよう、二重に柵が通せんぼ。

06

ちゃんと階上のフロアにもあった。

07


うむ、さすがにここはちゃんとやってるらしい。


キックオフの時間が近づくにつれ、周りに観客が増えてきた。ぽつりぽつりとマリノスのユニを着た人が見受けられるが、なんとなく普通の服装をしている人が大半だ。やはりワタシと同じように中立の立場でサッカーを見に来ている人がここに集まっているようだ、そう思ってたんだけどね・・・。

ところが1-0で横浜リードのまま迎えたロスタイム。FC東京の選手が放ったシュートが見事に横浜ゴールを揺らせた。

その瞬間、周りにいた観客の殆どが歓声を上げて跳び上がった。

アウェイサポばっかじゃん。

さすがにユニ着てる人はいないが、よく見るとタオルマフラーしてる人は結構いるぞ。同じような色だから見落としました、とでも言うのかよ。


結論。

ゴーンさんとのお約束。言ったことはきちんとやりましょう。出来ないことは言わない。>横浜マリノス(株)殿


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、以下ゲーム観戦記(横浜1-1東京)。

このゲームを簡単にまとめると、『やろうとしていることができないチームとやろうとしていることがわからないチームの迷勝負』でした。

前者は、ゴール前までは95点でゴール前では0点だったマルケスに尽きると思います。客観的に見て、マリノスに2点目が入ればそれで終わりだったゲームでした。

マルケスのほかにも、大島も清水もマグロンも、ゴール前以外では結構良かったのにねぇ・・・。

それに対し、FC東京はもっと深刻かもしれません。申し訳ないが、今日の試合は負けたほうが良かったのでは? ボランチを相手のマンマークに付けるということ以外、どんなことをやろうとしているのか、戦術がまったく見えません。
余計なお世話だと思いますが、ラッキーゴールで勝ち点を稼げているうちに手遅れにならないようにね。

誰が言ったか知らないが、この言葉を贈ります。
『勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし』

あと、選手個人について少し。

結構嫌な選手だった今野が全然活きてないように感じるんだが。

吉田孝行はサイドで使うのが間違い。中央の攻撃的ポジションでこそ生きる。

何故そこまでルーカス師匠にこだわる?

まっすぅJ初ゴール。非常に貴重なものを見た気がするw


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


その他雑記。

鞠サポさんは歌がうまいw

瓦斯サポさん最近つまんないw
ひたすら同じ唄を延々唄うなんてアンタらの芸風に合わん!

マリノスが残り時間5分くらいでキープに入り出したのを見て「1-0のこんな時間からキープしてちゃ、きっとバチが当たる。」と言ったワタシはネ申。

2列くらい前の席に、マリノスとマリーンズの携帯ストラップ、NIPPONHAM FIGHTERSのロゴが入ったジャンパーを着ている男がいた。謎だ。

12

スタジアムショップの壁に・・・。

04

顔色の悪いダルマ。

05_1

傘近景。

09

おみやげ。

10

でもちゃんと仕事はしろよ(NextScheduleに注目)

11

|

« 中位力という魔力に屈す(名古屋戦雑記) | トップページ | 破顔一笑 »

コメント

一度コイツらに大宮-新潟戦を仕切らせたいたい。
小さいところがベストだがさいスタでもいい。
あそこは大宮戦だとNがアウェイになるから。

投稿: パベル@新者 | 2006/04/03 18:54

>仕切らせたいたい
バカ川さん乙w

そうかウチ以外にも新潟戦があるな>鞠の仕切り
でもウチと違ってアルビサポさんはシミスポに罵声浴びせたりしないか・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2006/04/03 21:28

鞠は(上が)ウチなめてるんで罵声浴びせるかもしれん。
いやあ、選手やサポはそれなりに敬意をもって接してくれてるみたいなんですがね。

ちなみにさいスタ栗鼠戦のシミスポは毎回ウチらの餌食にあってますよ。
去年なんか知り合いが「おいシミスポちゃんと仕事しろよ」って騒いでオレが目付けられた。
オレが黒ユニ#1を着てたってのもあるんだけど・・・

投稿: パベル@新者 | 2006/04/03 22:22

>>「おいシミスポちゃんと仕事しろよ」
ちょっと段取りが悪い場合のアウェイでのお約束ですねw

投稿: にゃんた2号 | 2006/04/04 12:33

鹿スタでむしろ混乱を引き起こしてる警備員(茨城県警だったかな?)に「埼玉県警呼ぶぞ」ってのがありましたw

投稿: T・S | 2006/04/04 19:33

おひさしぶり>T・S君

そういやあったあった。あそこの仕切りも最低だけど、ちゃんとアウェイのエリアの広さを可変にしてるだけマシかも。

投稿: にゃんた2号 | 2006/04/04 20:33

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」は
東北楽天ゴールデンイーグルス監督の野村氏の言葉ですね。

投稿: 格言 | 2006/04/09 02:52

そうでした、ありがとうございます。でも野村氏もいろんな意味でジジイになりましたね。

投稿: にゃんた2号 | 2006/04/09 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/9391132

この記事へのトラックバック一覧です: 現場検証@ヨコハマ:

« 中位力という魔力に屈す(名古屋戦雑記) | トップページ | 破顔一笑 »