« 戦意高揚の儀(横浜FM戦) | トップページ | 一夜明けて »

2006/03/25

二等兵あえなく玉砕(横浜FM戦雑記)

栗原二等兵、乙!
(↑2chワシントン対策本部スレより)

岡ちゃんも大変だなあ、DQNな選手ばっかで。四字熟語だけじゃなく地理も教えなきゃいけなくなったね。

以下、TV観戦記。

祝長谷部日本代表拉致召集確定(ワタシ脳内)。

代表大好きTBSの実況アナはもちろん、解説の金田さん、相馬さん(オッサンのほう)も絶賛してました。そりゃあ観戦してたハゲのおじさんジーコもほっとかないでしょう。

ロスタイムの失点は余計かなと思いましたが、あれがなけりゃ長谷部の超ド級(というか超ワ級?超ワシントン級)のゴールが見れなかったかもしれないので、まあよしとしましょう。

鞠の左からの攻撃を迎え撃った暢久、啓太、堀之内の守備はとても良かったですね。前の2人はともかく、マルケスと初めて対峙するホリは正直少し心配だったけど、まったくの杞憂でした。ウッチーがエムボマを完璧に抑えきった時を思い出してしまったよ。

TBSが実にタワケで、ゲームそっちのけで選手のアップばっか流すのには閉口しましたが、おかげで、ウチの選手たちのゲーム中の表情がよくわかりました。

ワシントン、坪井、アレ、みんなイイ顔してた。

そしてとりわけ凄かったのはキャプテン山田暢久。

鬼気迫るってのはああいう表情を言うんでしょうね。見たときちょっと感動した。今日は絶対負けないと確信しました。

|

« 戦意高揚の儀(横浜FM戦) | トップページ | 一夜明けて »

コメント

こんにちわ。ヤマダさん顔変わってましたか。
僕もヤマダさんの鬼気迫る顔をある試合のTVでみました。
「天皇杯決勝」の終了間際に写ったGGRばりの顔が忘れられません。
さすがキャプテンですね。

投稿: yoshis_k10 | 2006/03/26 02:14

札幌時代から思ってましたが、
岡ちゃんも今やすっかり猛獣遣いですねw

でもうちのキャプテンは、ギドでないと使いこなせないと思いますww

投稿: フレンディア | 2006/03/26 07:42

>yoshiki_k10さん
山田さん、日直の腕章を巻くようになってから、たびたびあの表情を見せるようになりましたね。一昨年のナビ決勝でも凄い顔してました。

>フレンディアさん
そうそう、ウチでも昔からそう言ってました。俺王(おお最近聞かない語句)とかね。
>>キャプテンはギドでないと使いこなせない
同感です。

顔といえば、シンジそういう観点からもまだあんまりいい顔していない。心配です。

投稿: にゃんた2号 | 2006/03/26 08:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/9252252

この記事へのトラックバック一覧です: 二等兵あえなく玉砕(横浜FM戦雑記):

» vs横浜F・マリノス【第5節】 [音の鳴る木]
 お互い無敗で迎えた第5節、恐らく両チームにとって一つ目の”山場”という位置付けにあった一戦だと思います。それを示すように気持ちの伝わってくる試合でした。 [続きを読む]

受信: 2006/03/26 01:31

« 戦意高揚の儀(横浜FM戦) | トップページ | 一夜明けて »