« 困惑のシーズンイン in 万博(G大阪戦) | トップページ | J開幕 明・暗・蚊帳の外 »

2006/03/05

王様の耳は犬の耳

一週先に埼スタ行ってきましたよ。しかも北ゴール裏へ。

あれ、今日開幕戦だよね?

jef_omiya_1


あ、中にはちゃんと人がいました。

jef_omiya_2


でも、結構空いてるな。

jef_omiya_3 jef_omiya_4


てなことで、ジェフのゴール裏潜入です。

jef_omiya_5

以下比較的マジメな観戦記(少し長いです)。

 

試合展開は、前半1-2のリードを許した大宮が後半怒涛の攻撃で3点を取り逆転勝ち。上位の常連になって以来ここまでもろいジェフは初めて見ました。

もっとも、

同点ゴール → 退場者 → 逆転ゴール

これがわずか2分の間に起こってしまえば、どんなに強いチームでもモチベーションを維持する方が難しいと思います。

だからこのゲームの内容をもって、今年のジェフは組み易しと判断するのは尚早でしょう。きっと彼らのことだから、ゲーム数を重ねるにしたがって修正してくるに違いありません。

スタメンのDF登録が斎藤とストヤノフの2人しかいないのを見て4バックかと思いきや実質は3バックでした。どんな状況でもFW以外の選手が誰かしら必ず一人バックラインに入っているんですよ。それはつまり、きちんとした約束事が存在し、なおかつそれに対応できる運動量があるということに他なりません。

同点にされ、逆転され、そのたびにオシムが嘆き悲しんでいましたが、もし彼らに死角があるとすればまさにその点。

そう修正できるまでの間にオシムの身体がもつかどうかw


対する大宮は、前半こそ連携不足が垣間見えましたが、後半イケイケとなって以降は一昨年くらいのヴェルディのような見事なパスサッカーを展開していました。

鳴り物入りで入団したマルティネスはほとんどいいトコなしで、一昨年の鹿さんにいた恐竜戦車の姿がダブります。(次以降もこのままだったら『恐竜戦車3号』の名を献上しましょう)

あと、今年移籍してきた選手がスタメンの殆どを占める中、富田が良い働きをしていました。前半ボランチでプレイしゴールを決めたあと、後半は左サイドバックに移り前半たびたび突破を許していた水野を抑えきりました。
去年ウチも彼に2点取られていて、何となく嫌な選手だと思っていましたが、今日あらためて地味ながらいい選手だとの認識を深くしました。


それから、主審のジョージについても一言触れておきます。

ファールや警告の基準がイマイチ判らないのは相変わらずでしたが、カード6枚、退場者1名という結果ほど荒れた印象はありません。

佐藤勇人への2枚目のイエローは妥当だと思います。どちらかといえばその2分前に出た1枚目の方が不可解(現地ではボールに行ってるように見えたしTVでもそう見えた)でしたが、本人もあの場面はきちんと自覚すべき。ジョージの判定に問題はあったが、佐藤勇人の方にも問題があったと言うべきでしょう。(PM10:30追記 あらためてTVで見たら2枚目も少し怪しい気がしてきた。暴力行為の桜井への処置も含めやっぱジョージは今年もジョージのようだ。)


で、まとめ。

まさか、このカードでこんな得点が入る展開になるとは思わなかった!


おまけ

一応礼儀として1着だけ持っている黄色い服で。

jef_omiya_6

ジェフの他の選手がサポの声援に応えている中、巻だけひとりそれを無視。

ジェフの女子サポは犬耳を着けている人が多し。

jef_omiya_7

しかも最前列で大旗を振っている中にも2人いた。

桜井はいいかげん自覚せよ。退場すべきは佐藤勇人よりもむしろアンタ。

ジェフは歌詞が変わっている唄多し。サポの苦労を察する。

ヒロミは解説だと暖かく見られるねぇ。

|

« 困惑のシーズンイン in 万博(G大阪戦) | トップページ | J開幕 明・暗・蚊帳の外 »

コメント

やっと、町田リス園の意味がわかりました(ちょっと鈍すぎ?)。
それにしても、貴重なレポートありがとうございました。
彼女たちにとって「いぬっ!」は褒め言葉なんでしょうねw

投稿: crash634 | 2006/03/05 22:43

町田リス園は『リス』でググって単に最もバカバカしいものをリンクしただけなんで町田には何の意味もありませんw

犬耳はちゃんとジェフのマスコットの犬風の色合いになってたので、どうやらオフィシャルグッズのようです。

レディアの付け耳があったら...売れるのか?

投稿: にゃんた2号 | 2006/03/06 08:38

いまようやく録画を見ました。
桜井のあれは、プレイで警告、その後の余計なので乱暴な行為で退場でいいと思いました。佐藤勇人の警告2枚での退場とあわせ、あまりに大宮よりの判定に(結果的にかも知れませんが)なってしまいましたね。

投稿: kmaeda | 2006/03/06 23:36

追記したように佐藤勇人のもあらためて見たら怪しいのがわかりました。

あと、桜井のは論外です。
普通に競り合い(特に斎藤がラフなことをしたようには見えなかった)した相手をヘッドロックでねじ伏せ、懐柔しようと肩に手をかけようとした斎藤に向かって手を出した(少なくともはらいのけようとした手がたまたま当たったようには見えなかった)んですから。
そうされてもわざとらしく倒れずに大人の対応をした斎藤とは、まさに好対照でしたw

たぶんあの2人実際の年齢はあんまり変わらないはずですが、精神年齢は倍以上離れてるようですね。

投稿: にゃんた2号 | 2006/03/07 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/8957079

この記事へのトラックバック一覧です: 王様の耳は犬の耳:

« 困惑のシーズンイン in 万博(G大阪戦) | トップページ | J開幕 明・暗・蚊帳の外 »