« 戦意高揚の儀(C大阪戦) | トップページ | タイーホ? »

2006/03/21

捲土重来(C大阪戦雑記)

おまえら、無職様のキラーパスにちゃんと反応しろよ。

完勝での2位浮上に気分がいいのはもちろんですが、久しぶりに無職様のいぶし銀のプレイが見られて二重の幸せです。

しかし今日の都築はヒマそうでしたな。

以下、TV観戦記

(前半はどうなることかと思いました。

華麗なパスや見事な崩しをいくら続けても、点が入らない限り勝てないぞ。何度TVに向かってそう叫んだことか。

シンジのファインゴールがその憂いをきれいさっぱり吹き飛ばしてくれました。

そしてワシントンの2点目。効果音を付けるとすればやっぱり

ズドーーーン!

でしょうか。

圧巻は3点目。堀之内と闘莉王(とワシントン)が演出したゴール。
彼らの物凄い決定力は、思うにウチの守備が安定しているひとつの要因ではないかと睨んでいます。何故なら、坪井が攻撃のことを考えずに守備に専念できるからw

守備といえば、今日は最初から最後まで集中を切らさずよく頑張りました。堀之内と闘莉王が上がったあともきちんとボランチやサイドがバックラインに入っていて組織的にも安定しているように感じました。初の無失点試合も当然かと思います。

あと、相手のセレッソについても少し。

小林監督は妙に新外国人ピンゴにこだわっているようですが、はっきり言ってそれほどいい選手だと思えません。

特定の選手に固執するあまり解任された監督と結果J2に降格したチームを知っているんですが。

|

« 戦意高揚の儀(C大阪戦) | トップページ | タイーホ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/9190915

この記事へのトラックバック一覧です: 捲土重来(C大阪戦雑記):

» vsセレッソ大阪【第4節】 [音の鳴る木]
 広島戦から中2日空けてのホームゲーム、相手は3連敗中のセレッソ大阪が相手でした。対戦愛としてのセレッソというと、2列目からの飛び出しにや速いカウンターに手を焼くことも多く苦手な印象がありましたが、こちとらこんなところで勝ち点落としてる場合じゃないですからね。... [続きを読む]

受信: 2006/03/22 00:19

» ゴールラッシュ [football]
試合を振り返ると 伸二の先制点で全てが決した感じがした。 ワシントン 闘莉王と追 [続きを読む]

受信: 2006/03/22 01:08

« 戦意高揚の儀(C大阪戦) | トップページ | タイーホ? »