« 戦意高揚の儀(ナビスコFC東京戦) | トップページ | 理想と現実の狭間で »

2006/03/29

セルヒオ伝説始まる(ナビスコFC東京戦雑記)

あんな初々しいヒーローインタビュー、ひさびさに見た。

祝、セルヒオ公式戦初ゴール。


TV解説者たちのセルヒオ評

フジテレビ739 M内 猛氏
「彼が5歳のときから知ってます。」

テレビ埼玉 原 H実氏
「彼が子供の頃から見ています。」

彼が将来どんな大選手になっても、この人たちにはずっとそう言われ続けるだろう。そして伝説のように語り継がれるのだ。


以下、TV観戦記。

赤星も細貝も良かったし、彼ら若手がスタメンを脅かす存在になればそれはそれで喜ばしいことだ。

とは言っても、敵の選手も含め、啓太はちょっと図抜けていた。なんで代表合宿に行ってないの?とすら思ったくらい。

同様に、堀之内、闘莉王も実に安定していた。ウッチーも渋い働きで文句なし。

但し、正直なところギドの今までの選手起用におけるプライオリティが正しかったと感じたのもまた事実。相馬は徳永に殆ど仕事をさせてもらえなかったし、平川が相手に走り負けてたのも気になった。

FC東京はヒロミと加地さんがいなくなって、ただの荒いチームに成り下がったか。

ワーシントン、ワーシントン、ワシントンワシントンワシントン!

あ、そうそう忘れてた。岡野はいつ出ても存在感を見せるなぁ・・・。野人の座は当分安泰だろう。

|

« 戦意高揚の儀(ナビスコFC東京戦) | トップページ | 理想と現実の狭間で »

コメント

というかせっかくバカ川さんんが出たのに
なんでソーマを引っ込めるのさ。

ギドももちっと空気嫁。

ウチ?その話はスルーの方向で・・・

投稿: パベル@新者 | 2006/03/29 22:36

うーん、ソーマもバカ川さんもイマイチでしたからねぇ。まだまだバカサイドが機能する日は遠いようです。
ところで、そっちも頼みの綱のFWが怪我されたとの報を聞きましたが・・・。

投稿: にゃんた2号 | 2006/03/30 12:31

いや、入れ替わりでが復帰するのがいるから・・・
それにいざとなれば岡山にがんがってもらうって手もある。
アトムがそこそこ使えるのもわかったし。
さすがに某電柱は間に合わないが。

それよりもボランチ誰かいませんか?
そっちのほうが痛い。

投稿: パベル@新者 | 2006/03/30 20:51

あらら、本間が途中出場、途中交代っすか。でもトモちゃんはあげませんよ。
そだ、去年いた若者にもう一回来てもらうってのは? 人間力政権もあんま先が長くなさそうだし。

投稿: にゃんた2号 | 2006/03/30 22:16

「こんなユニダサくて着てられるか」言って磐田に帰ったKのことね。
まあむこうは飯田産業になったからまた借りれる希望はあるけど・・・

投稿: パベル@新者 | 2006/03/31 07:21

そういや本間って数少ない生え抜き(山形に非ズ)の選手ですよね。サポの心中お察しします。ウチで言うと無職様が削られるようなもんだからな~。

投稿: にゃんた2号 | 2006/03/31 08:46

中条の星・本間勲は生え抜きというのもあるが
2人しかいない新潟県出身の選手の1人。
ちなみにもう1人はアトムタン。

投稿: パベル@新者 | 2006/04/01 08:05

川口(キャプテソじゃないほう)獲れれば良かったのにね。

投稿: にゃんた2号 | 2006/04/01 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/9320303

この記事へのトラックバック一覧です: セルヒオ伝説始まる(ナビスコFC東京戦雑記):

« 戦意高揚の儀(ナビスコFC東京戦) | トップページ | 理想と現実の狭間で »