« 今年もいろんなトコにいろんな人がいるもんだ | トップページ | 代表ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 »

2006/02/27

季節はずれの『本当にあった怖い話』

先日ある恐ろしいことに気がついたのだが、どこのサイトを見てもそのことについて触れていない。

これは、もしかしたら絶対に触れてはいけない話題なのかもしれない。見ても見なかったふりをしなければいけない、Jリーグにとって最大のタブーなのかもしれない。

しかし勇気を振り絞って、ここであえてその恐怖の事柄について取り上げてみる。


サッカーダイジェストの全選手名鑑が手元にあれば、それを開いてみて欲しい。

各チームのプロフィールに、今年のユニフォームが紹介されているのがわかると思う。例えば、最初の鹿島のところには『TOSTEM』の文字がプリントされたホーム用とアウェイ用のユニが並んで掲載されている。

それに注目しながら、ページをめくって全チームの分を見ていくと...


ああ、なんということだ! 

この世にこんな恐ろしいことがあっていいものか!

 

 

ジュビロのユニだけが背中だ!


ひぃぃぃ、ついに言ってしまった。

おそろしいぃぃぃぃぃぃぃ。許してくれぇぇぇぇぇぇぇ。

|

« 今年もいろんなトコにいろんな人がいるもんだ | トップページ | 代表ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 »

コメント

ジュビロはまだまだだな。
それじゃあせっかくスポンサーになっていただいた飯田産業様に失礼ではないか。
こっちなんかなあ・・・

投稿: 通りすがりの干潟サポ | 2006/02/28 11:20

なかなかいいじゃないですか>亀田製菓様
米菓好きのワタシはいつもお世話になってますよ。なんせハッピーターントマンネですから(←意味不明)。

ジュビロはホントおっしゃる通りまだまだですね。締め切りの関係とかの言い訳も今回に限っては通用しないかと。なんせ土壇場で胸スポンサーが変わったチームもあるくらいっすから。

あ、それと『通りすがり』といいつつ椅子男キャンペーンにご賛同頂いているサイト様ですね。

投稿: にゃんた2号 | 2006/02/28 12:22

通りすがってましたが確かにそのようですね。
次からはHNで行きますよ、わからないように。

おたくのバカ川さんに気に入っていただいてるみたいで、ハピタン。
といいますか、ウチは99年(J2参戦時)からやってますんでね。
漢字率の高さならどこにも負けてませんよ。
胸、袖、パンツと完璧なだけに背中がなあ
msn様だからなあ。
まあ大事なスポンサー様なんで文句は言えないが。

ジュビロもどうせやるならとことんやれ。
あんな中途半端な上に隠すんなら契約結ぶなって。

投稿: 通りすがりの干潟サポ | 2006/02/28 20:32

ワタシ個人的にはそんな嫌じゃないです>漢字
新潟日報の編集委員の父上(故人)を持つ友人がいますし。

亀田製菓にしてもはえぬきにしてもずっとあの字が胸に入ってるので今はまったく違和感ないです。つまり堂々としてりゃいいんだと思うんですがねぇ、どーよ>ジュビ

投稿: にゃんた2号 | 2006/02/28 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/8864084

この記事へのトラックバック一覧です: 季節はずれの『本当にあった怖い話』:

» 違和感 [100Villageぶろぐ・ライブドア支局]
今年から飯田産業が胸スポンサーとなったジュビロ磐田。ただの漢字ロゴであるならばまだいいんだがあの荒々しい書体、そして肩番号ということで各方面から話題となっている。そしてJリーグ開幕を前に各社から出ている写真入名鑑の中である出版社から出たものに背中の写真を....... [続きを読む]

受信: 2006/03/02 12:48

« 今年もいろんなトコにいろんな人がいるもんだ | トップページ | 代表ボスニア・ヘルツェゴビナ戦 »