« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

代表ボスニア・ヘルツェゴビナ戦

ふん、シンジが先発じゃない代表の試合なんか見てられるかよ。長谷部もいないし、どうせ坪井も都築も出ないんだろ?

などと悪態をつきながらも、サイドバックのアレックスをひやひやしながら応援するため結局最後まで見てしまいました。

以下、思いつくまま。


ひさびさに『ポロリ』という擬音を聞いた気がする

「宮本のオサレなシュート」って絶対ネット見てるだろ>実況アナ

やはり中田ヒデさんは技術と欽ちゃん走りでは頭ひとつ抜けてる

今日田中マコちゃんが出てたら絶対に滑ってる

解説の北澤さん心の声 「さみー トイレ行きてー」

で結局、ジーコ最大の武器『強運』で終了と


いつも斜めにしか見れなくてすまんw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/27

季節はずれの『本当にあった怖い話』

先日ある恐ろしいことに気がついたのだが、どこのサイトを見てもそのことについて触れていない。

これは、もしかしたら絶対に触れてはいけない話題なのかもしれない。見ても見なかったふりをしなければいけない、Jリーグにとって最大のタブーなのかもしれない。

しかし勇気を振り絞って、ここであえてその恐怖の事柄について取り上げてみる。


サッカーダイジェストの全選手名鑑が手元にあれば、それを開いてみて欲しい。

各チームのプロフィールに、今年のユニフォームが紹介されているのがわかると思う。例えば、最初の鹿島のところには『TOSTEM』の文字がプリントされたホーム用とアウェイ用のユニが並んで掲載されている。

それに注目しながら、ページをめくって全チームの分を見ていくと...


ああ、なんということだ! 

この世にこんな恐ろしいことがあっていいものか!

続きを読む "季節はずれの『本当にあった怖い話』"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/02/26

今年もいろんなトコにいろんな人がいるもんだ

『浦和系』を棚上げするとか言いつつ浦和のネタしか書いてないことを反省し、Jの全チームのサポから愛されるブログを目指して、

『インチキ選手名鑑 2006年版』作りました。

全選手は無理だけど一応全31チームを網羅してみました。最近マジメなネタが多かったけど、今回はそっちを期待しないように。あ、あと、伝説のやまかんさんみたいなのも無理だから。

やっぱり今年のJも見逃せないぞ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

誰も寝てはならぬ

今回女子フィギュアの荒川静香が見事に金メダルを獲った曲はプッチーニのオペラ『トゥーランドット』の中のアリアでした。

題名は『誰も寝てはならぬ』

レッズサポなら、このタイトルに聞き覚えがあるでしょう。

そう一昨年の駒場の神戸戦のハーフタイムに、ラッセル・ワトソン氏が歌った曲ですよ。

苦しんだすえ最後に長谷部が「何とかしてくれた」ゲームでした。思えば、それまで某選手の代役だと思われがちだった長谷部が、自らがレッズにとって欠かせない存在であることを示した最初のゲームだったように思います。

そんな彼も今や堂々たる代表選手。

watson_1 watson_2

watson_3 watson_4


ワタシたちも金メダル獲りましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/25

ゼロックススーパーカップ(結局書くのかよ)

ぶっちゃけ堀之内が代表で良くね?

ひさびさにつボイが出現したものの、それ以外はあんま憂いのない内容でしたね。
ワシントンすげー。しかもシンジからすげーパスが出るしポンテはすげーとび出しするしその後ろには長谷部がいるし。
こりゃよそのチームにとっては堪りませんな。

もっとも、だからこそ今年のキーマンは啓太だと思います。

啓太がいないとたぶんバックラインが過労死します。そういう意味からも右サイドは山田さんがファーストプライオリティなのは妥当でしょう。ここに永井とか岡野が入ると今度は啓太が過労死しちゃいますから。

今年は啓太にすげーミドルとか期待しちゃいけませんw


ところで、スーパーカップが凹んでるけどいいのか?

ほら。↓

xerox_cup

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/02/23

重要(?)なお知らせ

週末はいよいよゼロックススーパーカップ。2006シーズンが始まります。
シーズンが始まる前に、管理人より重要なお知らせです。


さて、昨日アップした長編童話の最終話でレッズ(じゃないけど)サポの常務が浦和には戻らないとか言ってましたが、我々も同様に、暫くの間浦和のスタンドから姿を消すことに決めました。


一応来シーズンには戻るつもりではいますが、少なくとも今シーズンの間は参戦を控えることにしました(突発的にふらりと観戦に現れる可能性はある)。

で、参戦もしない奴が浦和系のブログをやっているのもおこがましい話。
だからこのブログは閉鎖することにします。

長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。








・・・と一旦は思ったのですが、やっぱね、ワタシは書くことしか能が無いんですよ(ホントに能が無いの?というツッコミは禁止)。

毒にも薬にもならないような所詮チラシの裏的な内容であるにしろ、やっぱり好きなサッカーについていろいろ書いていたい、1人でも読んでくれる人がいれば書きたい、そのためには書くためのチラシが必要なんです。

というわけで、ブログの閉鎖はせず継続させることにしました。
但し、一部スタイルやコンテンツを以下の通り変更します。


ブログ名から『浦和』の名を一時棚上げします。暫く↑の通りにします。

『一喜多憂の観戦記』の更新を停止します。TV観戦で毎試合観戦記を書くのは忍びないんで。ワタシの感情垂れ流し観戦記を楽しみに読んでくれていた一部の物好きな人(笑)には申し訳ないですが。「あいつならこの試合をどう評価しただろう?」なんて思い出してもらえるとちょっと嬉しいかもw

その代わりと言っては何ですが、他チームの記事や観戦記が増えます。出来れば他チームのゴール裏とかにも行ってその様子を書いてみたいと思っています。1年間、他チームのスタジアムで修行して参ります。(スタジアムへの出没予定は左のサイドバーにある『管理人 今後の観戦計画』をご参照方)

『魅惑のライブラリ』は今まで通りネタを思いつき次第書く予定です。これは引き続き力を入れるつもりです。

たまには遠征にも出かけます。懇意にして頂いている他チームサポの皆様、突如思いもよらぬ試合で急襲することもあると思いますが、よろしくお願い致します。

よって浦和以外のゲームの割引やタダ券情報、お待ちしております。特に大宮関連のタダ券なんか譲ってもらえるとおじさんはとても嬉しい。

そういえば『椅子男』ネタは、今迄より客観的な見方ができると思うので続けます。

その他一部のコンテンツを整理します。

と、いろいろ書いたけど、結局書く内容は相変わらず浦和にかかわることが一番多くはなると思いますが。


ではレッズサポの皆様、あとのことはよろしく頼みました。

またいつかお会いしましょう。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/02/22

最終回

日本創作長編童話『僕らみんなの憂鬱と希望』最終回

アップしました。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。

なお、映画化、ドラマ化等のご希望がありましたらうわいたいこらなにをする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアカップ予選インド戦

このゲームが親善試合だと思ってた人、手を上げて。

オノシンジ オレ!

ジーコジャパン100得点めですってよ。初得点もシンジ、そんなに繰り返さなくても当然憶えてるに決まってるじゃん。

シンジはやはりそういう星の下に生まれてきたんだなぁ。

で、ふざけんなーーーー、どこが巻のゴールなんだよーーーーーー! 長谷部のシュートにちょっと触っただけだろー!

これでレッズサポにとって巻の印象は回復不可能なまで悪化しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/21

思いつきによる突発的更新

なんか突然思いついたので書いてみる。

野人岡野。

やじんおかの、と読めば精悍な感じだが、

のびとおかの、と読むとほのぼのする。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/19

北のほうから回覧板が回ってきた

ちょっと冬眠している間に、東北の方から回覧板が回ってきました。
回覧板の名前も発案者も全然わかんないんですが、とりあえずテンプレの通りに答えて次に回しておきます。

テンプレ
1.J1の1~3位を順番通りに当てよう。
2.J1の16~18位は?
3.J2の1~3位は?
4.J1 16位-J2 3位の入れ替え戦、どちらが勝つ?
5.自分がサポーターのチームの順位と根拠は?
6.このバトンを回す人


1.J1の1~3位を順番通りに当てよう。

1位は客観的に見てもウチ、浦和、レッズ。

とりあえず、今年の戦力を並べてみましょう。

トップ
ワシントン:日韓コンフェデ時のブラジルのエース
達也:現日本代表、他サポも認める次代の日本のエース
黒部:元日本代表

センター
伸二:現日本代表の中心選手
ポンテ:長くブンデスリーガでトップ下のレギュラー
長谷部:現日本代表
啓太:元世代代表のキャプテン
酒井:元日本代表、癒し
細貝:天皇杯制覇の影のMVP

サイド
アレックス:現日本代表レギュラー
相馬:日本代表からレギュラーを奪取した男
永井:元日本代表、王子
山田:元日本代表、タリー
平川:他チームなら確実にレギュラー
岡野:野人、元日本代表

バック
坪井:現日本代表
闘莉王:アテネオリンピック代表DFW
ネネ:元ブラジル代表候補にしてポンテの話相手
堀之内:実はパスと得点力は坪井以上
内舘:無職様

GK
都築:現日本代表、キック
山岸:元ユニバ代表

ここに、赤星、横山、エクスデロ、近藤ら期待の若手が加わったうえで、そのうちの11人しかゲームに出られないわけです。リーグ制覇はもちろんのこと、3冠も狙えると思っています。

あと、2位は今年の守備の安定に貢献したメンツが残ったセレッソ、3位は戦力が入れ替わり未知数のガンバを推しておきます。

因みに今年健闘するチームは、若手が伸びてきた清水、2人の外国人FWが凄い京都とみました。


2.J1の16~18位は?

申し訳ないけど、最下位は甲府。いくらなんでも補強が地味すぎ。もっとも、ここは今すぐJ1に定着しようなんてカケラも思ってないところが逆に不気味です。

17位は新潟。唯一の求心力だった反町監督の退任が致命的になる気がします。

16位は大分。いくら驚異の名将シャムスカでも戦力がねぇ・・・。それでも、もしシャムスカじゃなければ最下位に予想してたでしょう。

その他期待外れのチームは、補強し過ぎで時間のかかりそうな大宮、ヒロミと加地さんがいなくなったFC東京とみました。


3.J2の1~3位は?

1位は札幌。
そろそろヤンツー監督が結果を出してくるでしょう。川崎から獲ったフッキが、第二のエメになりそうな気がします。

2位は神戸。
たぶん最初はもたつくものの、リーグ半ばから上がってくるとみました。主力が多く残留し底力はあるはず。

3位は仙台。
根拠はありません、願望です。余所者が客観的に考えると、津波都並監督が続投していればそれが根拠になると思ってたのですが。

J2は、監督と選手が入れ替わってまったく別のチームになるであろう柏がキーポイントになるでしょう。


4.J1 16位-J2 3位の入れ替え戦、どちらが勝つ?

これも願望を込めて仙台。シャムスカなら短期決戦用にあっと驚く奇策を弄してくるかもしれませんが。


5.自分がサポーターのチームの順位と根拠は?

1にたっぷり書きました。


6.このバトンを回す人

誰のとこに回ってるのかわかんないんですが、とりあえずここ最近のエントリを見る限りたぶん回ってないと思いますので、我が師匠のGontalloさんにお願いしたいと思います(あ、そういや名古屋のこと何にも書いてないな)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/18

代表フィンランド戦

さて問題です。

右サイドの加地さんがこの間のアメリカ戦からなかなかいいような気がするんですがそれは何故でしょう。

1番
シンジを100%信用してプレイしているから。

2番
山田さんの髪型をマネし始めて、後ろから見ると一瞬区別がつかないから。

3番
瓦斯の選手じゃなくなったから。


正解は99番の、坪井はシンジが見えると必ずそこにパスを出すから、でした。


それにしてもシンジは凄かったですね。
更に磨きのかかったダイレクトパスやノールックパスが見られるのは本当に幸せです。特にミツヲに思いっきり当(以下略)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GGRより

sou_kuro

相馬殿

祝ご入会

岡野組一同


黒部殿

俺と喋るとき関西弁喋らんかったらシバくどー。

都築龍太

僕みたいにきれいな標準語喋れるかな。

西野努


ひさびさに普通のネタ書いてみましたw

なお、アンパンマンこと、田島葉子さんのプロフィールはこちらから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/15

第7回

日本創作長編童話『僕らみんなの憂鬱と希望』第7回

アップしました。

次回は最終話。なんとか無事完結できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

第6回

日本創作長編童話『僕らみんなの憂鬱と希望』第6回

アップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/07

サムライのその後

浦議でも既に話題になっているのでもう食傷気味かもしれませんが、あえて取り上げます。ドイツのTSG Hoffenheimというクラブに移籍したマリッチのプロフィールです。

背番号9というのも嬉しいですが、もっと嬉しいのが、

『Lieblingsverein(お気に入りのクラブ): Urawa Red Diamonds

というところ。

他の選手が、バイエルンミュンヘンだのチェルシーだのを上げている中、トミーはレッズの名を上げてくれました。もうね、初めて見たとき泣きそうになったっす。会社だから我慢したけど。

なんでも、TSG Hoffenheimというクラブは、ドイツでは3部に相当するリーグに所属するチームだそうです。彼はブンデスリーガ1部でも32得点を上げているほどの選手ですから、そこで活躍するのはさほど困難ではないのかもしれません。

でも間違いなく言えるのは、彼はそこでも絶対に手を抜かずにプレイするであろうこと。

マリッチの次のキャリアに幸多かれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/03

第5回

日本創作長編童話『僕らみんなの憂鬱と希望』第5回

アップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »