« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/27

背番号予想

もう2日後には判明しますが、主だったところをとりあえず予想してみました。

判明済み
 12:黒部
 16:相馬
 18:伸二

以下予想
 21:ワシントン
 20→3:堀之内
 32→20:細貝

他は変らず。

あ、そうそう。あと
 22:城定

大山君ごめんよー、ちょっとボケてみたかったんだよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

SHINJI

shinji_18

『SHINJI』かぁ、いいねぇ・・・。

確かに、レッズサポは小野、鈴木、田中とは、絶対と言っていいぐらい呼ばないので、とてもいいと思います(啓太は『ケータ』つった方が近いが)。

というかこの際だから、ファーストネーム表記に統一したらどうだろう。

そしたら、個人的なイチオシは、何と言っても

14 TADAAKI

だな。

岩澤君の『14ばんミッドフィルダー、ひらかーただーーきっ!』のアナウンスにいつも萌えるのはワタシだけではあるまい。

そういやバカ川さん、ついに永遠の恋人シンジとチームメイトだね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/01/25

4回目です

日本創作長編童話『僕らみんなの憂鬱と希望』第4回

まだまだ続きまっせ。

楽屋裏はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

さらばオヤジ

最も歳が近いJリーガー(自爆)にして、往年の日本代表GK小島伸幸選手(40)がついに引退だそうです。

個人的には、群馬の太田のしょぼい競技場で見た『頑張れオヤジ!』のダンマクとか、JRのポスターで晒したセクシーな浴衣姿とかが印象に残ってます。

草津のアドバイザースタッフをやるそうですが、ああ見えて実は意外にソフトで耳触りの良い語り口。それを活かした解説が聞けることも楽しみにしています。

引退後も、頑張れオヤジ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

頑張れジュビロ磐田w

卒倒しますた。

しかも3年間これですって?

アウェイユニ、キーパーユニもカッコヨス

はえぬき、平田牧場、カニトップもすべて霞みますた。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

希代の人気者 その2

今日なにげなくテレビを見ていたら変なアニメのCMが流れた。しかし、身体はアニメなのだが、顔がどっかで見た顔だ。

あ。

大将、仕事は選べ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

希代の人気者

我らがエメが母国ブラジルでタイーホされたようです。

出国時に生年月日の異なる2枚の出生証明書を持っていた容疑だそうですが...

>>ブラジルではサッカー選手が年齢を若く見せかけるために、出生データを偽ることは日常茶飯事だ。

っていいのかよ?

もし、日本で登録に使われたのとは違う方の生年月日が本当だとしたら、

フェルナンド(鹿島、但し彼もブラジル人)、
トゥット(前大宮、但し彼もブラジル人)、
クライトン(前名古屋、但し彼もブラジル人
と同い年で、

ルーカス(F東京、但し彼もブラジル人)、
エジミウソン(新潟、但し彼もブラジル人)、
フェルナンジーニョ(G大阪、但し彼もブラジル人
よりも年上ってことになります。

あと、レッズでいえば、都築、山岸と同い年っすよ。

それにしてもエメ、退団してからも笑わしてくれるねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/19

羯諦

読めねーよ!

少なくともサッカーのニュースで見る字じゃないっす・・・。

ところで、アレはいつ横浜に移籍したの?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/18

3回目

日本創作長編童話『僕らみんなの憂鬱と希望』第3回

例によって裏話をtype Dに書きました。

今んとこ、予定通り水曜毎の更新を維持してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/17

吉田、吼える

朝日新聞のSR吉田寿光氏の連載の2回目。ちょっと気になる表現があったのでまた取り上げてみる。

彼が去年のW杯予選(ウズベキスタン対バーレーン戦)で誤審をしてしまったあとの話である。

『海外から数多くの審判仲間が激励の電話をくれたのに、日本の仲間は近寄って来ない。誤審の影響でだめになったと色眼鏡で見られていたし、まるで犯罪者のように扱われている感じだった。』

誰もが普通に見る一般紙の全国版にここまで書いて吉田さん大丈夫か?という気がするが、もしこれが本当ならば審判の世界もなかなか大変だと思う。ただでさえ監督や選手、そしてサポーターにいろいろ言われてるのに、身内からもこんな扱いを受けるのか。

いずれにしろ、吉田氏のレベルでそこまで言われるのならば、
日本の審判は犯罪者だらけだね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/16

もう故人だし

なにー、仙台が中島らも獲得を発表だとぉ!

すいません、『らも』ではなくて『らの』でしたね・・・。どうも一度そう読んじゃうとそうとしか読めなくなるのは不思議(←おまえだけ)。

でもね、この人、らも先生と微妙に本名が似てるんですよ。ほら。

ゴミネタでスマソ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/01/15

ハイプレッシャー福田

スパサカに大将キターーーーーーーー!

しかも舌好調。
極楽加藤に『酔っ払ってます?』とか言われてるし・・・。

大将、大将。もしかして高血圧?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/14

またも審判ネタ

世間ではシンジ復帰の話題で喧しいところ失礼します。

『なんとかしろ椅子男 2005年シーズン終了版
まとめました。


シンジもいいけどジョージもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マジでつか?

シンジキターーーーーーーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/01/11

なんとか2回目

とりあえず2回目です。

日本創作長編童話『僕らみんなの憂鬱と希望』第2回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

選手より狭き門の日本代表

朝、新聞(朝日)を読んでいたら、今度はSRの吉田寿光氏の記事を見つけた。今日から連載が始まったらしい。

それによれば、国際主審は45歳が定年のため1963年生まれの彼のとって、06年のワールドカップは最後のチャンスなので、一歩先んじていた同年の上川氏に追いつき追い越せという気持ちで頑張ったそうだ。

それで納得した。

比較的安定していた彼のジャッジが、今年は何となく不安定に感じたのは、どうも彼がテンパっていたせいではないのか・・・。

上川SR、日本代表としてよろしくたのむ。


余談だが、吉田氏って宇都宮高校→筑波大→公立高校の体育教師→SRという、隆正パターンの経歴なのね。ググってみたところ、彼の教え子だった人のブログに当ったので読んでみたら結構慕われていたみたい。体育教師で慕われてたってめず(以下略)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

港町流れ旅

イチがまた別の街へ行くそうです。

今度は横浜かぁ。ウチが一番苦しい時期に望んで来てくれたイチも、もう31なんだね。

いくつになろうがどこへ行こうが
応援するぞ。

早川と吉野にもよろしく。


イチのおはなしその1 その2 その3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/08

小ネタ2連発

あっぱれ~

今朝どうもこの人たちにウチの天皇杯優勝が褒められたみたいですよ。

まだ寝てたので見てないんですけどね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


アンタはこっちに移籍したほうが・・・。

しかし、似合ってるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

オサレな論文

朝、新聞(朝日)を読んでたら、こんな記事↓が(クリックで少し拡大します)。

osare

ガンバの宮本(以下オサレ)が『私の視点』という記事でW杯について書いている。ここは作家とか大学教授とか評論家とかのいわゆる文化人が自分の意見を書く欄で、現役の代表選手に書かせるとしたら、まあこれ以外ないという人選ではある。

例えばこれを、久保(サイレント)とか松田(元祖DQN)とか阿部勇樹(バカーズ)とかに
書かせたと想像すると、如何に妥当な人選であるかがわかるだろう。

オサレは、サカー選手としてはいろいろ言われるものの、文化人としては非常に将来性があると思う。ゆくゆくはサカー協会の重鎮におさまるのは恐らく間違いない。

是非将来に備え、その頭脳とオサレのセンスを磨いてもらいたいものである。

なお、彼の毛髪の将来性につい (これ以上書くとヤバいので以下略)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/05

年の初めの大移籍祭り

相馬(ホントに)キターーーーーーーーーー!

各チーム左サイド不足に悩むなか、なんだか左サイド王国の様相を呈してきました。アレ、ソーマ、ヒラカーとレギュラークラスが3人も。

てことは、
右:永井、野人、ヒラカー、山田さん
左:アレ、ソーマ、ヒラカー

今季のアウトサイドは物凄いレギュラー争いになりそうだ。

それにしても、左は3人ともカタカナ表記がよく似合うってのはこれいかに・・・。

で、フタを開けたら、相馬直樹だったってベタなオチはなしね。


なんて書いてたら、

黒部も(レンタルで)キターーーーーーーーーー!

過去の人だとの声もありそうですが、『王様プレイ』さえしなければすげー活躍しそうな気がします。個人的には、この時の強烈なイメージがあるんですよね。それにこの時の監督、ゲルトだし。

てことは、
達也、ワシントン、黒部ってこっちも物凄いレギュラー争いだ。

永井と野人はどっち(FWorSH)にしても大変だなぁ。

で、フタを開けたら、黒部進(黒部幸英でも可)だったってベタなオチはなしね。
(↑ねーよ)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/04

オフシーズン企画

連日の新作アップです。無謀にも、連載ものを始めてみます。


日本創作長編童話『僕らみんなの憂鬱と希望』第1回

はてさてちゃんと完結まで書くことができるのか・・・。


なお、補足については『風の富三郎』に同じで、楽屋裏をtypeDに書いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/03

惜別

せきべつ【惜別】
名残惜しくて別れづらく思うこと。別れを惜しむこと。
「―の情」(大辞林より)


今回のマリッチとの別れほど、この言葉にふさわしいシチュエーションはないでしょう。

てなわけで、天皇杯優勝記念の新作童話を書きました。

日本創作童話集その12『風の富三郎』


(補足)
・疑惑のメニュー内『魅惑のライブラリ』からも行けます。
・感想BBSを設置しました。よろしければご感想を(コンテンツ内にあり)。
・typeDに楽屋裏ばなしを少し書いてます。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/01/02

新年早々休日出勤

正月から仕事をする働き者↓

e_pal_1 e_pal_2

(左:試合前、右:がっくし)


でもウチのマスコットは寝正月らしい。

観戦記更新。


(おまけ)
決勝の予約録画また間違えてた・・・orz orz orz
スカパー入ってて良かった・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

レッズ天皇杯優勝!

謹賀新年、そして

謹賀新冠

去年予告した通りの初エントリになり、まことにめでたい。


↓熱戦のあと約12時間後の現地の様子

20060101_1 20060101_2


観戦記はあとで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »