« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

ペナルティエリアの仕事人

セレッソ、大宮、名古屋、柏、ヴェルディ、そして山形。

マリッチが得点したゲームの対戦相手である。セレッソの仇花ゴールを除けば、ものの見事に下位チームばかりではある。一部ではそれをもって彼を叩く輩もいるようだ。

確かにエメという強烈なストライカーを知る我々にとっては物足りなく感じる気持ちも判らないではない。

しかし、世の中にどれだけ、下位チーム相手に確実にゴールを奪うことができるFWがいるだろうか。ペナルティエリア内できちんと仕事をしてくれるFWがいるだろうか。

ましてや、次節の相手は現在12位の新潟。
マリッチは現在の13位以下6チームのうち実に4チームから6つものゴールを奪っている。

最終節で彼が爆発する予感がするのはワタシだけではないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/29

ありがとうミスター

今朝、朝日新聞で、佐藤仁司チーフマネージャーが、レッズを退社しJリーグに勤務することを知った。ご自身が、連載コラムでそう書いていたのである。

佐藤さんとは一度だけお会いしお話をしたことがあるが、言葉の端々からサッカーを、そしてレッズを心から愛していることが垣間見える『最高のサッカーフリーク』であり『最強のレッズサポーター』であった。

既にさまざまな書物で語られているので、ここであえて佐藤さんが如何に今のレッズを作り上げることに貢献したかについて書くつもりはない。ただ、少なくとも、この方がいなければ、今のこの熱狂的でありながら日本一幸せなスタジアムは絶対に生まれていなかったと思う。サポーターの側に強烈なリーダーがいたことと同じくらい、佐藤さんが会社側にいたことはレッズにとって幸いであった。

ピッチ上の『ミスターレッズ』が福田正博なら、ピッチの外のそれは間違いなく佐藤さんだと思う。(実際にミスターの愛称で呼ばれていたし)


連載コラムの最後に、佐藤さんはこう記している。

『レッズサポーターのみなさん、ありがとう。後をよろしく頼みます。』

そんな佐藤さんの花道に捧げるものはただひとつ。他に何があるというのか。

反町退任?それがどうした。ウチにだって最後を飾らせなければいけない男がいる。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

たまには真面目に考えてみた

だけど、当サイトの芸風に合わないのと、テレ埼が見られる人しかわからないので、たたむことにした。

続きを読む "たまには真面目に考えてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/27

TRAFIC ACCIDENT 4

今回のは、いわば相手の自爆事故。

accident4

もっと人間力を付けてから出直しておいで。

いつもより少し長い観戦記更新。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/26

祝 人間力大賞

わはは、

俺たちは運が強い。

観戦記はまたあとで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/25

是非手にしたいタイトル

なんだかんだ言っても、現実問題優勝が厳しい状況には間違いありません。それならば、せめて明日の試合に勝てば手に入るこのタイトルを手中にしようではありませんか!


じゃ、明日埼スタで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/24

囲めるもんなら・・・

囲んでみやがれ~!

redsbus2005

観戦記更新。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/23

打てったら打てよ

終了~。 (`~´) タリー

つか上位全部勝ててないじゃん・・・orz

リーグチャンピオンのタイトルはまた少し遠のいたけど、今シーズンの勝負弱い王のタイトルはこれでほぼ手中にしたね。ははははは・・・・orz orz orz

観戦記はまたあとで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/20

冬の稲妻

いくら晴天とはいえやはり日陰に入れば寒い。埼スタは周りに建物がないからなおさらだ。そんな中、3試合連続ゴール継続中の我らがアレックスの頭に冬の稲妻がきらめいた。

しかし、やはりブラジル出身ゆえ寒さには弱いのか、今ひとつキレが見られず、連続ゴールは潰えた。

そんなアレックス、ロスタイムでの心の叫び。

闘莉王、空気読め!

しかしその後、PKを決めた闘莉王に向かい何故か不自然なまでに喜ぶアレックスの姿に涙したのであった。


観戦記書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

トルコ、プレーオフ敗退!

ああ、アルピー。ドイツW杯で大活躍する君が見たかったよ・・・。

よし、アルパイに励ましのお便りを出そう!

と思ったけど、ドイツ語がわからん(しかも選手名鑑にアルパイがいない、たぶん)

トルコサッカー協会公式HPはエラーになるし・・・(涙)。

万が一本国にいられなくなったら帰っておいで。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/11/13

はいはい切り替え切り替え

現地組の皆さんは無事帰って来ましたかー?
帰って来てない人がいたら手を上げて~(←お約束)

あっちこっちのサイトやブログを巡ってみて、昨日の結果が如何に我々レッズサポに失望と落胆を与えたかをあらためて感じました。他ならぬウチも昨日は↓のような愛想のないエントリになってしまったわけですが。

しかし、まだ今シーズンは終わっていません。

観戦記にも書きましたが、我々は、ヴェルディに引導を渡し、千葉にナビ準決勝のお返しをし、不本意な判定に泣いた磐田に復讐して(今日岡田が仙台の地に復活!)、最終戦にも勝って少しでもたくさんの賞金をもらわなきゃなんないんですよ。

それにまだ天皇杯だって残っています。

だから、落ち込むのは今日までにしましょう。明日からはリセット切り替えて前を向いて歩きましょう。戦いはまだまだ続きます。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005/11/12

無念

お疲れさま。

選手もサポもよく頑張った。

気をつけて帰って来いよ。

We are REDS!


10:30PM追記
試合終了後に届いた『勝たせられなくてごめん』との現地組からのメールに涙しつつ、観戦記、なんとか書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005/11/11

最後の詰めも万全

風は間違いなく我々に吹いています。

でも、これだけいろんな要素が味方してくれているのに、NHKの中継が『解説:井原正巳』だったらブチ壊し。

そう思って調べてみました。

ブラボー和司!

さあこれで誰かが伸二を埼玉に足止めしてくれれば完璧です。我々を邪魔する要素は何もありません。

あとは頼んだぞ。 We are REDS!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/09

たまにはこんなこともある その2

君ら、ホントにPK戦好きだなぁ・・・。>ガンバ

ガンバは後半交代枠を使い切ったあとに負傷者が出て、延長戦はずっと10人で戦ったそうです。しかもPK戦、ご丁寧にも7人目までいってるし。

なんというか、追い風強すぎ。

しかーし、勘違いしてはならん!

勝ってもまだ逆転はしない。てか勝って初めて優勝争いが始まるんだかんね。気を引き締めていこー!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/11/06

セクシーと呼ばれる男

今日はTVでJ2三昧。

山形vs仙台の昇格枠攻防戦を、こちらに向けて念を送りながら見ていたまさにそのとき、同じ時間に行われていた甲府vs湘南の試合で大変なことが行われたとの噂を聞いて早速再放送を見てみました。

この日は甲府、湘南ともファーストユニ。
ホーム甲府の青、赤に対し、アウェイ湘南は黄緑、青ですから、念のためセカンドユニを着たほうがよさげな気がするのですが、実際に見てみたらまあ明らかに区別はつくので問題ありません。

問題は審判団。なんと黄緑のジャージを着てピッチに出てきたのです。ピッチ外にいる副審はともかく、主審は全然湘南の選手と区別がつきません。

さすがにまずいと思ったのか、試合開始6分過ぎ、今村主審はピッチサイドで黒のジャージに着替え試合再開。

ピッチサイドで着替え姿を晒した今村主審には早速『セクシー』という仇名が付いたそうな。

証拠画像

(Before)   →   (After)
IMAMU_BEFORE     IMAMU_AFTER


05.11.7 追記

すんません、調べたら黄緑のは湘南のセカンドユニなんですね。ファーストユニは青地に黄緑のアクセント、今年の湘南は白系のユニがないようです。
どうも昔の黄緑のイメージが抜けない。ちょうど一緒にJ2(ry

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/05

ひさびさにTVで見るナビ決勝

ナビスコ決勝はJEFが初戴冠を飾りました。

ガンバ乙。120分間お疲れさん!

こうなったら水曜に横浜FCにも頑張ってもらって、また120分やってもらえるとレッズサポ的には大変嬉しい。

以下、ゲームの印象です。


・熱戦に見えて実は案外凡戦だったと思うのはワタシだけ?
 シュートは打たなきゃ入らない。

・主審にゲームが壊されなかったのは何より。
 巻のノーゴールには『因果応報』の言葉を贈る

・その巻に師匠の面影を見た。

・ガンバはペナルティエリア内の守備が案外バタバタなので、
 ウチのエリア内の仕事人が結果を出すような気がする。


さて、これでJ初年度からあるチームでノンタイトルなのはガンバだけになりました。さあ今度はウチの番です。ヤツらからリーグタイトルも奪い取ってやりましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/11/03

みんな『リッチ』の虜

トミスラフ・マリッチ

・ファーストネームが難しくて舌を噛みそうになる。
・元ナショナルチームの一員だった。
・最初のうちは結果が出ずサポの評価も微妙だった。
・どこがどう凄いのか素人目にはわからないながらも結果を出す。
・サポはいつしかその独特のプレイスタイルの虜に。
髭がセクシー。

こう書き並べてみると、ある1人の選手とあまりにも共通点の多いことに気が付く。

その名は、ネディエリコ・ゼリッチ

思い起こせば、レッズの初タイトルの場には彼がいた。今日のゲームで確信したが、きっとマリッチもレッズにとってそういう存在になってくれるに違いない。
それは悲願のシーズンチャンピオンだろうか?
それとも天皇杯のウィナーだろうか?

いずれにしても『リッチ』ってのはいい響きだ。

観戦(してないけど)記、一応更新しました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »