« 大分戦に向けて | トップページ | 勝負 »

2005/09/10

最後の鬼門

今まで、レッズにはいくつかの鬼門がありました。

1.日本平の試合
2.瑞穂の試合
3.小野伸二生観戦の試合
4.井原正巳解説の試合

1と2に関しては今年ほぼ突破したと考えていいでしょう(駒場引越説は別にして)。3は「伸二を獲得する」という根本的な解決策があるのでなんとかなるでしょう。で、今日の敗因は4であったと・・・。

井原さん、なんとかしてください。


と、冗談はここまでにして・・・

選手および監督、コーチ全員に告ぐ。

信藤さんにあやまれっ!

GGRであれほど素晴らしい言葉でレッズに対する期待を口にしてくれた信藤健仁さんに申し訳ないと思わないのか。全員来週のGGRに出演のうえ、30分間フルに信藤さんからお説教の刑(しかも特別ゲストに湯浅タン付き)

観戦記更新しますた。

|

« 大分戦に向けて | トップページ | 勝負 »

コメント

GGRの信藤さんの笑顔を思い出すと泣けてきます・・・
でもGGRだと30分しか説教できないですよ?
湯浅さんがいたら全然足りません(爆)

投稿: らびりんす | 2005/09/11 03:27

じゃあGGR初秋の2時間拡大スペシャルってことで。

ところで、少しの間お会いできませんがお元気で。

投稿: にゃんた2号 | 2005/09/12 14:53

2時間説教生中継は凄そう(^^ゞ

ところで・・・どうなさったのでしょうか。
まさかもう広島へ行ってしまわれたとか・・・

投稿: らびりんす | 2005/09/14 00:20

少し自分探しの旅に出ますw

投稿: にゃんた2号 | 2005/09/14 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/5876589

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の鬼門:

» アジアの壁 [FC.VIRIDIS BLOG]
 Jリーグ通算試合数297試合、国際Aマッチ123試合と日本サッカーを支え続けてきた男であり、選手生活の最後を浦和で送ったアジアの壁の異名を持つ井原正巳について語りたいと思います。井原は、浦和ではリーグ戦54試合・カップ戦15試合・天皇杯4試合と2年間に渡りプレーしました。浦和に来てからは今まで安定しなかったDF陣をまとめ上げてリーダーシップを発揮してくれた存在です。データを見ると、井原が浦和に加入してからは失点がとても少ないんですよね。いかに貴重な存在だったかがわかります。井原は代表試合数が歴代1... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 04:32

« 大分戦に向けて | トップページ | 勝負 »