« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

さらばアルパイ

世界を知る男。

熱いプレイとハートで俺たちを魅了する男。

でもときには熱くなりすぎてカードを突きつけられてしまう男。

チームを愛し、俺たちを愛し、そして俺たちが愛した男。

alpay

だけど、そんな素晴らしい男アルパイが我がチームを去るという。

今こうして彼を形容する言葉を並べてみると、驚くほどアイツに似ていることに気がついた。その名はゼリコ・ペトロヴィッチ。
ペトロが今もレッズを愛し続けてくれているように、アルパイもレッズを愛し続けて欲しいというのはあまりに勝手で都合のいい望みだろうか・・・。

そこで、アルパイに最後のお願い。

頼むからJの他チームには移籍しないでくれ。君には絶対にブーイングできない。


N村氏ね!Y田市ね!Tカユキ師ね!S川四ね!み~んなおめーらのせいだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/06/28

フットボールバトン

たかはしさんからのほか、某秘密組織サイト内で某氏からもバトンを渡されていました。そちらの分も含めここでまとめてバトンを受け取ったということで書いてみます。
(なお、相方の分のバトンは含まず)

football_baton

テンプラテンプレ

-------------------------------------------
1、あなたの持っているサッカービデオ(DVD)の数

2、今一押しの選手(人物でもクラブでも何でも可)

3、印象に残っているゴール

4、好きな、または特別な思い入れのある選手5人

5、バトンを廻す1~5名

-------------------------------------------


1.自分がTVで録画したものを除けば、1本だけです。
  『2003年ナビスコカップオフィシャルDVD』

2.浦和レッズジュニアユースの礒部君

3.2000年J2リーグ第44節 西野(浦) ルシアノ(鳥)

4.山田暢久1~5号

5.最近忙しくて誰のトコに回ってるのか把握してません。
  よって身内に回してみる。すまんがごんちゃんよろしく。

by にゃんた2号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

かくも長き不在・・・

皆様1週間のご無沙汰でした、玉置宏です(←お約束)。いやー、ゲームがないと書くことがありませんな。

といいつつ、結構いろいろあったこの1週間を今更ながら振り返ってみましょう。


・日本代表、コンフェデ杯で善戦するも予選リーグ敗退

ま、正直な話、まさかヨーロッパチャンピオンを破りあのブラジル相手にあわや勝ちそうになるなんて想像もしなかったです。大黒様大活躍で、ワタシが提唱した『日本の実力=縁起説』もまんざら(ry
とかなんとか言いながら、全試合1秒たりともリアルタイムで観ていないわけだが・・・。


・U20日本代表、前代未聞の未勝利での決勝トーナメント進出も案の定・・・

こっちはフル代表と正反対でこれ以上ないくらいの幸運をまったく逝かせず活かせず全然だめぽ。Jチームのサポとしては、Jであれだけいいパフォーマンスを見せている水野、本田、前田俊あたりが何故きちんと(あるいは、まったく)使われないのかは謎以外の何者でもありませんクマー。


・GGRアシスタント桜井裕子、突如謎の降板

寿とのことですが別に結婚したからと言って降りねばならない理由は何もないはず。さては今流行(ry
で、普通花束なんかは後任者から渡したりするのですが、花束を渡したのはこの人↓だった・・・。

yuko_yasu
来週からはヤスシ・タケシのロンドンブーツ3号4号の二人でお送りするそうです。


・で案の定

夏の季語にも認定。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/06/17

本日のGGRより

チキが年下という罠・・・・・orz


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/16

SAVED SAGAN

先日のサガン鳥栖のゲームでとんでもない誤審があったと聞いて嫌な気分になりましたが、サガンの公式HPのこんな文章を読み、少し救われた気がします。

読み終わったあと軽い感動すら覚えました。
審判問題なぞ矮小なことに思えました。
なんと言うか、チームやサポへの愛情がにじみ出ている名文だと思います。

これをもって即『素晴らしい社長だ!』と礼賛するつもりはありませんが、今年サガンが成績、観客動員ともなかなか好調のようなのはそれと無関係ではないでしょう。

満足な説明もないまま突然監督が退団するようなチームもある中、一時は消滅の危機さえあったサガンが良い方向に向かっていることは幸いです。

いつの日かJ1のリーグ戦を、あの素晴らしい鳥栖スタジアムで戦えることを祈っています。

また『まもーれシュナ潤!』が聞きたいぞ。

(おまけ) さて彼の名前は?

ウィントス君です

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/06/15

FCバルセロナ戦

・・・とタイトルは付けたものの、今回も現地に行ってないので、いいも悪いも書けません。映像を見ていた限りでは、バルサが凄いのか、レッズがヘボいのかよくわかんなかったですが・・・。


ところで、スタジアムにはたくさんの(たぶん)日本人のバルササポが来てましたが、我々国内チームのサポと違って彼らはたいへんですね。

ホームゲームへの参戦ですら移動時間だけで約14時間。時間もお金も我々とは比べ物にならないくらいかかるはずです。平日の試合なんかどうしてるのかなぁ?

PSMにさえあんなに来るんだから、レギュラーシーズンにはさぞやたくさんのサポが参戦することでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/13

ナビスコ組み合わせ決まる

ナビスコの対戦相手が決まったようです。

準々決勝の相手は清水です。

今年はホーム&アウェイの連戦なので、第一戦日本平、第二戦駒場でしょうか。このパターンといえば思い出すのが一昨年の準決勝。アウェイでのビハインドを跳ね返す圧勝で決勝に駒を進め、その勢いのまま初タイトルを奪取したのでした。

よーし今年も一昨年の再現といきましょう!

・・・って第一戦負ける気かよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

新潟タウン情報

街で見かけた年配のアルビサポさん。

kfc

・こめかみにメガネが刺さっていて痛そうでした。
・どうやら外人みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

消化試合でしょうか

拝啓、アルビレックス新潟さま

参りました。完敗です。モチベーションの違いは明らかでした。主審の判定がどうであろうと今日は負けでしたね。

あ、それから去年の優勝チームと一昨年の準優勝チームにも同じ言葉を送ります。

決勝トーナメントは皆さん方の分まで頑張ります。

観戦記は疑惑のメニューからお入りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

いざ日本海へ

さて、ヨソ(↓)の試合のことはこれくらいにして、我々は明日が本番。若手主体の布陣になるようですが、負けていいなんて気は全然ありませんから。

それでは新潟で会いましょう。



今回もまたバスツアーです。そこで『こんなバスツアーはいやだ』

・車両が路線バス
・しかも排気量1000cc
・そのうえシャコタン
・ドライバーが西村知美
・シートが埼スタのと同じ
・クイズを間違えると途中のサービスエリアで降ろされる
・添乗員が湯浅健二

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/06/08

祝 ドイツワールドカップ出場決定

ヘナギ柳沢、よくやった!
マジな話少し見直した。見事なゴールだった。

オヤジさんもさぞや喜んでいることだろう。願わくば、お店のテレビがBS映るものに買い換えられていることを祈る。(富山はテレ朝が映らん・・・)

ところで、本日の影のMVPは大黒に見事なパスを通した田中マコちゃん。バーレーン戦から最もいいパスを出してたのは彼だと思う。今日は幸いスコールも来ず最大の弱点『滑り』の心配もなく何よりでした。

なお、岡野にはちゃんと通訳付けるように>NHK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/05

逆転負け

2323コネーーーーーーーーー!

この際だからこれで出番が少なくなるであろう中村直志を(ry

なあに、ウチには七三分けにした啓太がいるから大丈夫。


(おまけ)
こういうときに限って・・・>今日買ったJリーグチップス
2323

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/04

啓太、確変の秘密

かなりの距離から打った啓太のミドルが枠を捉えた。荒谷必死に手を伸ばすが届かず、そのままサイドネットに突き刺さる。驚愕の豪快なミドルシュート!

もう『啓太のミドルは枠にいかない』をあたりまえのことを表わす表現には使わせない。
髪型を七三分けにして以来、啓太のミドルは枠に飛びっぱなしだ。

七三分けにした啓太はワールドクラスだ。

七三分けにした啓太には誰も手がつけられない。

七三分けにした啓太がいればもう我々に敵はいない。


おまけ
今日出てきたこの人も。

観戦記更新(疑惑のメニューよりお入りください)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »