« 雨の日の思い出 | トップページ | またまた神戸戦の展望 »

2005/05/27

小野伸二と10人の愉快な仲間たち

日本代表、UAEに乾杯じゃなかった完敗。

しかし、ジーコ更迭を叫んだり、特定の選手を責めたり、ましてやドイツW杯の出場が絶望的だのと嘆く必要などさらさらありません。そう、今のジーコジャパンに相手を圧倒するような強さや専門家をも唸らせるような内容の濃さを期待する方が間違いなのです。

思い出してください、ジーコジャパンの最大の特長は何だったかを。

こんな親善試合に大事な運を使う余裕はないのです。

もし、先日のペルー戦のロスタイムに、相手ではなくこちらのゴールが決まってたり、あるいは今日の試合のロスタイムに同点ゴールが決まってたりしたら・・・。

想像するだに恐ろしい・・・。

(追記)
なお、今回もM(W?)OMは涼風真世さんということでよろしいですね?

|

« 雨の日の思い出 | トップページ | またまた神戸戦の展望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98429/4304604

この記事へのトラックバック一覧です: 小野伸二と10人の愉快な仲間たち:

» 日本-UAE戦を終わって [憩いの場]
内容もさることながら結果を求めた試合。 試合を見る限りコンディションがいまいちのような鈴木隆行、サントスを強行起用。 カウンターを警戒していた守備。 それなのに負けてしまった。 しかも内容まで最悪ときている。 今さら嘆いても仕方ないが監督を代えたい。 選手交代だけならば、通訳の鈴木さんでもできるではないか。 このチームには戦術というものが感じられない。 攻めは個々のアイディア頼みだし、守備も選手任... [続きを読む]

受信: 2005/05/27 23:38

» バーレーン戦に暗雲 [スポーツ俳句(スポーク)]
「カウンター 食らふピッチの 夜露かな」  キリンカップの日本対UAE戦、0対1で負けてしまいました。最終予選のバーレーン戦を仮想し、失点をしないことがテーマだっただけに、カウンターから決められたゴールが残念でした。  収穫といえば、小野選手の動きに切れがあったことでしょうか。きっちり修正し、バーレーン戦に臨んでほしいものです。 ... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 00:43

« 雨の日の思い出 | トップページ | またまた神戸戦の展望 »