2017年3月28日 (火)

代表タイ戦の雑感

4-0でスコアだけ見れば完勝。

案の定試合後に開けたスポーツ新聞のサイトには快勝の文字が躍っている。

でも内容的には全然そうは思えない、というかむしろ完敗だったんじゃないか、そう感じたタイ戦でした。
 

とりあえず前は、大迫、元気、久保で決まりでいいじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

DAZNとJリーグがやらかした件について

ここまでの動きを見てて、DAZNとJリーグは一蓮托生のようなのでこのタイトルでいいかなと思いました。

まあとにかく、今日のガンバvs甲府の試合が正規のかたちで見れなかったことについては、真っ先に両チームのサポの皆さんに心から同情するとともに、明日は我が身とgkbrせざるを得ません。
 

中には心の広い人もいて、最初なんだから今後に期待して暖かく見守ろう的なことを述べている方もいらっしゃいますが、心の狭いワタシにはそう思えません。今後に期待して暖かく見守るのは自分の贔屓チームだけにしたいですねw

とは言っても、画質の良し悪し(我が家はまだTVでの視聴対応は完了していないのでこれについてはあんまり言及できない)とかユーザーインターフェースが使いづらいとか、最初言ってたはずのハイライト番組の配信が今のとこまったくないとか、百歩譲って時々画面が乱れるとか一瞬切れるとか、少なくともサービスの質の問題についてはそう捉えておくのもやぶさかではありません。

が、配信予定のものが正しく配信されなかったというのは、上述のようなサービスの『質』の問題ではなくサービスの『有無』の問題なので、有料サービスとしては絶対にあってはならないお話にならないレベルの話だと思うのですが。

しかもスポーツ中継はLIVEであることにかなりの価値があるわけですから、途中から(ココ重要)緊急で他の手段で配信したとか後で配信するからいいという話でもありません。
 

そしてワタシが最もおかしいと思うのは、準備する期間は(充分だったかどうかは別にしても)あったはずなのにもかかわらずやらかしてしまったということです。

ワタシはネットワークについては素人なのであまり詳しくはわからないですが、普通こういう仕組みを構築する時、最初にユーザー数やらアクセス数を最大値、最高の負荷を想定してインフラを設計するんじゃないんですか。億単位の金をポンと出せて大々的なプロモーションを仕掛けられるくらいの会社が、なんでそういう技術的な対応をきちんと出来なかったんでしょう。

ぶっちゃけ、ホントにDAZNが放映権料をきちんと払えるのかという疑念が湧いてきたというのが偽らざる気持ちです。想定する中では『ありえない』レベルだとは思いたいですが、今回も想定した中でも『さすがにそれはないでしょ』と思ってたことが起こっちゃったからなあ。
 

それから、この件についてはJリーグにも当然責任があります。この状況を招いた経緯をチェアマンがきっちりと説明をすべきだと考えます。
 

とりあえず今のDAZNは、去年までのスカパーに比べて『安かろう悪かろう』の典型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

実感

W杯最終予選、サウジ戦。 俺たちの埼スタ。
 

元気がゴールを決めた後、周ちゃんのところへ駆け寄って抱き合ったのを見て、ちょっとうるっとしてしまった。

で、その後のリプレイで、槙野の口が『ゲンキー』と動いたのを確認して、またちょっとうるっとしてしまった。
 

年齢を重ねたことを実感する瞬間。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

嫌な感じ

名古屋、初の降格で解体危機 トヨタ支援縮小を示唆(ニッカン)

>>全体の50・1%を出資するトヨタ自動車・豊田章男社長(60=クラブ会長)は「チームが生まれ変わらない限り、スポンサー企業としての(トヨタ自動車の)出資も見直さなければいけない」と厳しく指摘した。
 

なんだかクラブの会長職(=クラブに対する一定の責任がある内部の人間)にいる人がこのタイミングでこの発言をするのは、ものすごーく嫌な感じがする。

お前らなんか俺の一存でどうにでもなるんだぞ、そんな気持ちの表れに聞こえます。

そりゃ最大のクラブスポンサーのトップでもあるわけなので百歩譲って選手やスタッフ等クラブの内部の人たちに対してそう言うのはギリセーフだとしても、マスコミに洩れた時点でサポーターの皆さんにも伝わってしまい彼等に対する大きな動揺も与えてしまうということを、世界の大トヨタのトップたる人が思い及ばなかったのでしょうか。
 

まあ所詮はこの方のような要職とは無縁の生活を送ってきたワタシの僻みなのかもしれませんがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

2年ぶりの遠征

2年ぶりの遠征

最終節仕事なので来てしまいました。

2年前の遠征のような結果にならないよう祈る!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

豪州戦

最大のライバル相手にアウェイで引き分けは悪い結果ではないと思うのですが、
 

代表、なんかヤバくね?
 

試合を重ねるごとにどんどん内容が悪くなっているように感じます。
 

しかし個人的には、ハリルホジッチへの不信よりも、それを取り巻く奴らに対しての不信の方がより強いかな。

なんでマスコミはここへ来て一斉に解任ムードを煽るのか、なんだかワタシには唐突に感じられます。ハリル本人よりもむしろ選んだ方の責任のほうが重いように思うのですがねえ。
 

万が一ワールドカップに出られなくても、ハリルが悪い、以上、で幕を引いて終わりでは済まないんじゃないの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

鳥栖の監督

鳥栖の監督の黒々としたオールバックを見てたらふと思いついた。
 

増毛(マッシモ)・フィッカデンティ
 

いや別にあの人がのせてるとかそういうことじゃありませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

2ステージ制終了へ

2ステージ制がわずか2シーズンで終了の見込みだそうです。ダメなことは直ちに改めるという姿勢は大事ですから、これ自体は評価すべきだと思っています。

しかしながら、導入時のJリーグの行状を思い出すと素直に良くやったと言えないのはワタシだけではないでしょう。
 

さんざんもっともらしい理由を並べ立てたが結局のところスポンサー料の不足が最大の理由だったこと。

興行最優先で考えたCSのレギュレーションの不備に気づかず指摘を受けて慌てて修正したこと。

マスコミ向けには説明の機会を設けながら、最後までサポーターの前には出てこなかった前チェアマン。

公式に意見を言う場も決定権もないサポーターに対して、批判するなら代案を出せと逆ギレした事務局の面々。

そしてここ2年の、ほぼ破綻していると言っていいシーズンのスケジュール。
 

ワタシは彼らが行ったことを忘れてはいません。

たかが2年で(逆にわずか2年だからこそかもしれない)サポーターがJリーグに抱いた不信感は計り知れません。それを払拭するために果たして何年かかるのか、少なくとも2年なんかじゃ絶対無理だ、そう思っています。
 

で、ここまでの報道を見る限り、2ステージ制は止めるけどCSは残すみたいなオチも想像できるわけですが、違約金を払ってでもそれだけは回避してほしいと思っています。
 

それだったら本質は何も変わらない
 

そう思うから。
 

でもまあ、その結論によってJリーグがどっちを向いているのかがあらためてわかるので、今回もしっかり注視していかなきゃいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

大黒柱

非常にがっかりなワールドカップ最終予選UAE戦でした。

ワタシが近年代表の試合を見て感じるのは、本田のほかに大黒柱がいないこと。彼の好不調が結果に直結する、南アフリカワールドカップから6年経ちますがずっとこの状態が続いているような気がします。

いくらなんでもそろそろ本田に並び立つくらいの存在感を持つ選手が出てきてもいいんじゃないの。

あと9試合あるから必要以上に下を向くことはないと思いますが、この最終予選の中で本田の次の大黒柱を担うくらいの選手が出てこないとそろそろヤバイとも思いますよ。
 

でもやっぱ代表が負けるより浦和が負けた時の方が百倍悔しいなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

来季の試合視聴について考えてみる

先日新しい配信元が明らかになったものの細かいことはまだ全然わからないので、漠然とした不安が先に立っています。
 

ワタシが今気になっているのはリーグ戦以外の中継の取り扱いです。

ナビスコあらためルヴァンカップはフジ、ACLは日テレ、天皇杯は国営、それぞれが来季も放映権を持ち続けるとすると、ワタシみたいに浦和以外も結構見るという者にとっては、スカパーから新しい配信会社に切り替えてそれで万事OKということにはならないような気がしています。

それに、今まで高画質のネット配信サービスを利用したことがないワタシにとっては、今まで通りテレビの(パソコンよりは)大画面で見るのにエクストラコストやデバイスが必要なのかどうか、必要だとして今の自分ちの環境で稼動できるのか等々わからないことが多いです。

また、10年間Jを支えてくれたスカパー様に感謝の意を込めて出来るものなら契約は継続したいという気持ちもあります。たいした額でないとはいえアンテナとチューナーに投資もしていますしね。
 

もろもろ考え合わせると、スカパーがルヴァン、ACL、天皇杯で国内サッカーパックを再編成して値下げ、リーグの視聴はイニシャルコスト不要で、月額利用料が両者合わせて現行のスカパー以下となるのが理想的ですね。
 

あと今の時点で唯一良かったと言えるのは、入札に参加したとされる3社のうちのなんとかバンク系の会社に決まらなかったことでしょうか。我が家の通信システムはあそこと一切無縁で来たもんですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«名古屋の低迷について考える