2017年7月23日 (日)

レベル

某議員のいろいろに関しては、道を歩いていたら知らない人から難癖をつけられ、あんまり関わりたくないので無視したらいきなりキレられているみたいなもんだと思いますから、とりあえずクラブの中の人たちも大人の対応を続けていればいいと思います。

まあそれでも収まんないようなら、親会社に頼るってのもいいと思いますね。こんなフットボールにはまったく関係ないどうでもいいことは、そういうのが得意そうな人に任せればいいんです。
 

なお、某議員の事務所に突撃したという人たちが本当の浦和のサポかどうかはわかりませんが、もし本当だとしたらこの言葉を捧げます。
 

やり返したら相手と同じレベルに落ちる
 

争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない
 

一般大衆への発言には慎重になるべき立場の国会議員なのに、本当に浦和のサポかどうか確認が取れる前に、くたばれとか言っちゃうレベルの人なんですから。
 

チームが絶不調なところに追い打ちとか某議員の選挙区があのチームのホームタウンだとかいろいろネタ的には膨らみそうなんですが、あまりにバカバカしいのでほとぼりが冷めた頃に考えますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

今話題の人たち

 
豊田某 『このハゲーッ!』
 

中西某 『・・・・』
 

豊田なんとかさんのことはあまり知りませんが、中西さんについてはよく知っています。もともと胡散臭そうな人だとは感じていましたが、まさかその通りだったとはね。

ワタシたちにもこの人に罵声を浴びせる権利はありますよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

代表イラク戦の雑感

酷暑の下なので塩分濃度が相当高かったのはやむを得ないとしても、そんな中で一番走れると思われる選手を交代させるのはアカンだろ。

はややも似たようなこと言ってましたが、日本のスタイルを捨てて戦ったけれども得られたものが少なかった試合、そんな印象です。
 

引き分けは最低限の結果ではある。それはもちろんわかっているのですが、
 

この監督ホントに大丈夫か?
 

就任から相当経った今でもそういう不信感をまったく払拭できない、いやむしろさらに募ったイラク戦でありました。
 

ワールドカップ、行けるといいですね(棒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

やっぱおかしくね

済州の選手への処分とクラブには4万ドル(約440万円)、浦和には2万ドル(約220万円)の罰金。

ぶっちゃけ、クソみたいな処分ですね。
 

どこをどう捉えたら、観客にちょっと配慮が足んなくてつけられたイチャモンが無観客試合で、明らかに悪意を持ってチームの選手、関係者が行った集団暴力が個人の処分と罰金だけで済むのか。両方とも問題を起こしたのがアウェイ側だったということを考えれば著しくバランスを欠いた処分だと言わざるを得ません。

しかもどこをどう見たら浦和の関係者があのいざこざに参加したというのか。普段割と淡泊な浦和の中の人たちですら『具体的にどの行為が処分にあたるのかを確認している』というのも当たり前です。

百歩譲ってそう見えたシーンがあったとしても、誰でも犬にかまれそうな時少しは抵抗するでしょ? 犬に抵抗するのが悪いって糾弾されることは普通あり得ないですよ。
 

本当にAFCのあまりの馬鹿さ加減に憤りを感じるとともに、JFAの政治力、影響力のなさも痛感します。
 

もうさ、AFC脱退してオーストラリアとオセアニアと一緒に北米協会に入れてもらおうぜ。
 

中東は金ある国ばっかでスポンサーにも困らんだろうからトヨタ様やニコン様にも一緒に来てもらえばいいんじゃね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

なんかおかしくね

埼スタでの済州の行状は海外でも蛮行、愚行として報道されているようです。

ワタシが目にした限りでは、イギリス、ドイツ、イタリアと、フットボールの世界では主要国と思われる国々でもそういう論調だったし、そもそも韓国メディアですら一社を除きだいたいが批判的なスタンスのようなので、AFCが済州にきちんとした処分を下すことを強く期待します。(済州の外国人選手が全員止めに入ってたのにはワロタ)
 

が、なぜか日本のメディアだけは違います。

『試合後の乱闘』 → 浦和側はほとんど応戦していないのだから乱闘ではない。

『後味の悪い結果となった』 → 不利な状況からの逆転勝利で後味が悪いわけがない。
 

なんかおかしくね?
 

どういう大人の事情だか知りませんが、なんで本国の報道が一番捻じ曲がってるんだと。
 

出場すらしていない選手が揉め事に乱入して止めに入った阿部に暴行を加えるとか、選手ばかりかスタッフまで暴行に加わるとか、それって普通に犯罪でしょ?

もし浦和が刑事告発したら目撃者として証言してもいいくらいですよ、ええ。
 

素晴らしいゲームで不利な状況を跳ね返しての逆転突破を果たした浦和レッズ。

済州の一部選手とスタッフによる暴力行為で勝利に水を差されたものの、それによって価値が下がるわけではない。

むしろ、それに応戦せず落ち着いた対応を見せたことで試合結果以上の素晴らしい勝利を得たと言っても過言ではない。
 

これくらい書いても足りないくらいだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

代表タイ戦の雑感

4-0でスコアだけ見れば完勝。

案の定試合後に開けたスポーツ新聞のサイトには快勝の文字が躍っている。

でも内容的には全然そうは思えない、というかむしろ完敗だったんじゃないか、そう感じたタイ戦でした。
 

とりあえず前は、大迫、元気、久保で決まりでいいじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

DAZNとJリーグがやらかした件について

ここまでの動きを見てて、DAZNとJリーグは一蓮托生のようなのでこのタイトルでいいかなと思いました。

まあとにかく、今日のガンバvs甲府の試合が正規のかたちで見れなかったことについては、真っ先に両チームのサポの皆さんに心から同情するとともに、明日は我が身とgkbrせざるを得ません。
 

中には心の広い人もいて、最初なんだから今後に期待して暖かく見守ろう的なことを述べている方もいらっしゃいますが、心の狭いワタシにはそう思えません。今後に期待して暖かく見守るのは自分の贔屓チームだけにしたいですねw

とは言っても、画質の良し悪し(我が家はまだTVでの視聴対応は完了していないのでこれについてはあんまり言及できない)とかユーザーインターフェースが使いづらいとか、最初言ってたはずのハイライト番組の配信が今のとこまったくないとか、百歩譲って時々画面が乱れるとか一瞬切れるとか、少なくともサービスの質の問題についてはそう捉えておくのもやぶさかではありません。

が、配信予定のものが正しく配信されなかったというのは、上述のようなサービスの『質』の問題ではなくサービスの『有無』の問題なので、有料サービスとしては絶対にあってはならないお話にならないレベルの話だと思うのですが。

しかもスポーツ中継はLIVEであることにかなりの価値があるわけですから、途中から(ココ重要)緊急で他の手段で配信したとか後で配信するからいいという話でもありません。
 

そしてワタシが最もおかしいと思うのは、準備する期間は(充分だったかどうかは別にしても)あったはずなのにもかかわらずやらかしてしまったということです。

ワタシはネットワークについては素人なのであまり詳しくはわからないですが、普通こういう仕組みを構築する時、最初にユーザー数やらアクセス数を最大値、最高の負荷を想定してインフラを設計するんじゃないんですか。億単位の金をポンと出せて大々的なプロモーションを仕掛けられるくらいの会社が、なんでそういう技術的な対応をきちんと出来なかったんでしょう。

ぶっちゃけ、ホントにDAZNが放映権料をきちんと払えるのかという疑念が湧いてきたというのが偽らざる気持ちです。想定する中では『ありえない』レベルだとは思いたいですが、今回も想定した中でも『さすがにそれはないでしょ』と思ってたことが起こっちゃったからなあ。
 

それから、この件についてはJリーグにも当然責任があります。この状況を招いた経緯をチェアマンがきっちりと説明をすべきだと考えます。
 

とりあえず今のDAZNは、去年までのスカパーに比べて『安かろう悪かろう』の典型です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

実感

W杯最終予選、サウジ戦。 俺たちの埼スタ。
 

元気がゴールを決めた後、周ちゃんのところへ駆け寄って抱き合ったのを見て、ちょっとうるっとしてしまった。

で、その後のリプレイで、槙野の口が『ゲンキー』と動いたのを確認して、またちょっとうるっとしてしまった。
 

年齢を重ねたことを実感する瞬間。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

嫌な感じ

名古屋、初の降格で解体危機 トヨタ支援縮小を示唆(ニッカン)

>>全体の50・1%を出資するトヨタ自動車・豊田章男社長(60=クラブ会長)は「チームが生まれ変わらない限り、スポンサー企業としての(トヨタ自動車の)出資も見直さなければいけない」と厳しく指摘した。
 

なんだかクラブの会長職(=クラブに対する一定の責任がある内部の人間)にいる人がこのタイミングでこの発言をするのは、ものすごーく嫌な感じがする。

お前らなんか俺の一存でどうにでもなるんだぞ、そんな気持ちの表れに聞こえます。

そりゃ最大のクラブスポンサーのトップでもあるわけなので百歩譲って選手やスタッフ等クラブの内部の人たちに対してそう言うのはギリセーフだとしても、マスコミに洩れた時点でサポーターの皆さんにも伝わってしまい彼等に対する大きな動揺も与えてしまうということを、世界の大トヨタのトップたる人が思い及ばなかったのでしょうか。
 

まあ所詮はこの方のような要職とは無縁の生活を送ってきたワタシの僻みなのかもしれませんがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

2年ぶりの遠征

2年ぶりの遠征

最終節仕事なので来てしまいました。

2年前の遠征のような結果にならないよう祈る!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«豪州戦